旬のおすすめ

ハンティング・ワールドが醸す、アメリカの自由な空気

2018.08.09

写真・図版

ホワイトマウンテニアリングの相澤陽介氏がクリエイティブディレクターを務める今季のハンティング・ワールドは、ブランドの創業年である1965年から1970年にかけてのアメリカの文化や当時の時代背景に着目。ヒッピームーブメントやウッドストックに代表される自由闊達な空気や、多文化主義の雰囲気をアイテムに落とし込んだ。そのコレクションの完成度が物語る現在のブランドの勢いは、どこかアメリカのフロンティアスピリットにも重ねられる。

デニム素材で作られたミディアムサイズのダッフルバッグ。濃淡の異なるデニムをパッチワークで表現したデザインは、当時のアメリカンキルトの意匠に倣ったもの。ブランドロゴや象のアイコンをエンボス加工で施すといった手の込んだつくりに加え、全体的に漂うフォークロアなテイストが古きよき時代のムードを捉えている。

¥35,000/ハンティング・ワールド(ハンティング・ワールド帝国ホテル店 03-3501-7080

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

<<アレキサンダー・マックイーンの、ダッドスニーカー

  ベルスタッフが作る、新時代のスタンダード>>

Photograph:Yoshinori Eto
Styling:Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Text:Tetsuya Sato

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    世界で恥をかく日本ルールの着こなし

    紳士の雑学

    2019.04.11

  2. 写真・図版

    山里亮太の男が憧れる、男の持ち物
    [ウオッチ]

    旬のおすすめ

    2019.04.17

  3. 写真・図版

    NHK連ドラ『まんぷく』女優の小川紗良、働き方が一変
    [MUSE]

    旅と暮らし

    2019.03.12

  4. 写真・図版

    普段の着こなしをアレンジして春の装いを鮮やかに

    旬のおすすめ

    2019.04.05

  5. 写真・図版

    すべて実食! 自慢の手土産。#21
    「オーボンヴュータン」のプティ・フール・サレ

    旅と暮らし

    2019.04.15

紳士の雑学

調べ・見立て