PROMOTION

旬のおすすめ

クラシックを再定義した、ダンヒルの革命とは?

2019.03.26

写真・図版
木の年輪にように見える輪じまが浮き上がるモアレシルクは、イブニングウエアなどに多く使われる素材。内留めボタンのみ、フロントボタンの無い変型ダブルブレスト仕立ても最高峰のドレスウエアの仕様だ。ジャケット¥330,000、シャツ¥78,000/ともにダンヒル

クロージングに限らず、服飾雑貨や喫煙具、自動車関連商品など「紳士のライフスタイル」に関わるコレクションを創りつづけてきたダンヒルだが、2017年からクリエーティブディレクターを務めるマーク・ウェストンは今季、「伝統的な紳士服の概念をなんとかして壊したかった」と確かに言った。その言葉どおり、最新のコレクションは「緻密(ちみつ)さと破壊的志向」「実用性とエレガンス」など、相対する要素のコントラストが浮き彫りにされている。
 
コレクション発表の場をロンドンからパリに移して2シーズン目。クラシック回帰が声高に叫ばれるなか、マーク・ウェストンはテーラード仕立てのスーツやジャケットを主体にしながらも80’s的なビッグシルエットに、モードのエッセンスを薫らせた。ジャケットはフロントボタンを排し、内留めのボタンだけで作る、クリーンな印象のダブルブレストのものが多く見られる。ジャケットもタイドアップせずに着る提案によって、オーセンティシティは完全に打ち砕かれている。フォーマルで用いる高級素材を、メンズのジャケットやシャツにのせたり、最上級のレザーをトレンチコートに仕立てたりと実に小気味よい。クラシックを自由に遊び、再構築していく様子は、ダンヒルの次なる世代へのアプローチなのか。歴史をリスペクトしながらも、未来志向へと突き進む力強さをにじませる。

ドレスとカジュアルの垣根が取り払われ、ジェンダーレスでエイジレスな要素がミックスされる時代である。かつてダンヒルが描いたガソリンエンジンのモータリゼーションは、いまやハイブリッドやEVへと舵が切られているように、クラシックなドレスウエアはモダンデザインとクロスオーバーする。スクラップ・アンド・ビルド、モディファイとモダナイズを繰り返しながらメゾンの未来は静かに革命の時を迎えている。

写真・図版
ダブルブレストジャケットをランウェイでは素肌に一枚で着て、さらにモアレシルクのジップアップパーカーをレイヤード。本来フォーマルであるはずの素材と仕様が、カジュアルスタイルとして表現されている。

【RECOMMEND】

写真・図版
「デューク ウィークエンダー」はその名の通り、週末の旅行などにちょうどいい容量。ラウンドトップはエレガントな印象。¥440,000
写真・図版
上/「デュークストラップローファー」は、バックル代わりに革鞄などにみられるギボシを採用している。クラシックなフォルムに、他にでは見られないデザインの融合が新鮮。¥112,000 下/ダンヒルの伝統的なデザインをモチーフにしたフロントロックが目を引く「デューク ポシェット」。リストレットは取り外し可能で持ち方も自由自在。¥216,000
写真・図版
服飾小物と喫煙具は紳士の嗜み。首から下げるライターケースはアクセサリーとしてもユニークだ。カフリンクス¥37,000、タイバー¥22,000、財布¥71,000、ライターケース¥41,000、ライター¥109,000

【MORE】

  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版

<<こちらから全ての写真ご覧いただけます

問/ダンヒル 03-4335-1755

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

Photograph:Fumio Shibasaki(DONNA)
Styling:Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Text:Yasuyuki Ikeda(04)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    世界で恥をかく日本ルールの着こなし

    紳士の雑学

    2019.04.11

  2. 写真・図版

    山里亮太の男が憧れる、男の持ち物
    [ウオッチ]

    旬のおすすめ

    2019.04.17

  3. 写真・図版

    NHK連ドラ『まんぷく』女優の小川紗良、働き方が一変
    [MUSE]

    旅と暮らし

    2019.03.12

  4. 写真・図版

    普段の着こなしをアレンジして春の装いを鮮やかに

    旬のおすすめ

    2019.04.05

  5. 写真・図版

    すべて実食! 自慢の手土産。#21
    「オーボンヴュータン」のプティ・フール・サレ

    旅と暮らし

    2019.04.15

紳士の雑学

調べ・見立て