旅と暮らし

南アフリカ品種を自然派で楽しめる
デイビット&ナディア シーブリッツクルーフ ピノタージュ
【今週の家飲みワイン】

2019.03.15

写真・図版 小松宏子

写真・図版

インターナショナルに活躍するソムリエの梁 世柱さんによる、ワイン指南。自宅で気軽に飲める、お手頃でいて本格派な一本を紹介する。今月は「南アフリカ」のワインだ。

南アフリカの赤ワインというとシラーが有名だが、もうひとつ覚えておきたいのがピノタージュというぶどう品種だ。ピノノワールと南フランス原産のサンソー(エルミタージュ)を掛け合わせた、南アフリカのオリジナルである。「南アフリカ全体としても、独自のぶどうを世界的なワインに仕立てようと、長年インターナショナルなワイン造り―伝統的な硬い造りに取り組んできました。が、これがなかなかうまくいかず、苦みが出たり酸が突出するなど、なかなか世界に通用するワインになれずにいたんですね。ソムリエの間でもかなり嗜好(しこう)の分かれるぶどうでした。ところが、デイビィッド&ナディア夫妻がナチュラルに造ることで、ピノタージュが化けたのです。ナチュラルに造りにより劇的にピノタージュの可能性が広がりました」と梁さんは説明する。

写真・図版

オーナー醸造家のデイビッドは、南アフリカのスレンボシュ大学でワイン醸造学を学んだあと、ウォーターフォードをはじめ南アフリカの代表的な醸造家や海外のワイナリーで修業を積んだ。その際に、南アフリカ固有の南仏系品種に可能性を感じ、故郷のスワトーランドに戻り、ワイナリーを開設した。妻のナディアもステレンボシュ大学で学んだ仲間で、現在はぶどう栽培を担当しているそうだ。その栽培方法は、ブッシュヴァインと呼ばれる最も古い手法で、垣根や棚でなく、そのまま放置する。つるが上方に伸びないため、自然に収穫量が減り、よりミネラル感が強く出るという説もある。セラー内ではできる限り自然に任せる方向で天然発酵させ、少量の二酸化硫黄を使う程度だという。結果、出来上がったピノタージュは、スワトーランドという土地をみごとに表現して、透明感のあるピュアで優しい味わい。

写真・図版

「すごくフレッシュで軽やかなのに、ミネラル感が消失することなく、奥行きのある味わいに仕上がっている、そのバランス感覚がすばらしい。これはもうセンスと言うしかないですね。『大切なのはぶどうそのもの、ナチュラルなバランスと酸、フレッシュさ』とデイビット氏が言っているのもうなずけます」とも話す。
色みは淡いルビー色で、味わいもロゼに近い。長熟させて楽しむワインではもちろんなく、フレッシュ感を味わいたい。合わせる料理は鶏肉や豚のフィレなど、軽やかな肉類だけでなく、サーモンのムニエル、まぐろのソテーなど身の赤い魚の料理にもぴったりだ。未知のワインの楽しみを広げてみてはいかがか。

<<マリヌー・クルーフ シュナン・ブラン

  ウォータークルーフ・シリアスリークール・サンソー 2016>>

今週の家飲みワイン【まとめ】はこちら

Photograph:Makiko Doi

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    世界で恥をかく日本ルールの着こなし

    紳士の雑学

    2019.04.11

  2. 写真・図版

    3万円以内で買えるポーターのビジネスバッグ

    旬のおすすめ

    2019.05.13

  3. 写真・図版

    NHK連ドラ『まんぷく』女優の小川紗良、働き方が一変
    [MUSE]

    旅と暮らし

    2019.03.12

  4. 写真・図版

    3万円以内で買えるシーのビジネスバッグ

    旬のおすすめ

    2019.05.15

  5. 写真・図版

    すべて実食! 自慢の手土産。#24
    「九段一口坂 さかぐち」の京にしき

    旅と暮らし

    2019.05.13

紳士の雑学

調べ・見立て