旬のおすすめ

個性的な品ぞろえの元気な古着店を紹介
古着はいまも面白い
第8回/Artigiano ciao

2019.03.18

写真・図版
丹下 徹代表

イタリアの高級ブランドを中心に、ヨーロッパ製のメンズアイテムを取り扱うアルティジャーノ チャオ。2009年に名古屋の栄にオープンし、2015年には東京駅前に2号店をオープン、特にイタリア服マニアから人気を集めるお店だ。「イタリアの一流サルトリアが作るスーツをはじめ、ヨーロッパ製の高級靴、鞄、革小物を取り扱っています。商品の売買だけでなく、コーディネートやメンテナンスまで、お客さまの悩みを解決できる体制を整えています。もともと、私は自動車開発をしていたのですが、服好きが高じて、紳士服のリユース店をオープンすることになりました」と話す丹下さん。イタリアへのオーダーツアーなどのイベントも行っているので、クラシコ好きならぜひ一度足を運んでいただきたい。

写真・図版

<キートンのスリーピーススーツ>
クラシコイタリアの最高峰として名高いナポリの重鎮サルトリア、キートン。「こちらはスミズーラで作られたスリーピースです。スーパー150sのエクスクルーシブな生地を使い、ハンドメイドで仕立てられた最高品質のテーラードスーツで、ナポリ仕立てならではの体に吸い付くような着心地と美しいシルエットが特徴です。新品で購入すれば100万円ほどのスーツ、まさにお値打ち品です」19万8000円

写真・図版

<ジョンロブのダブルモンクストラップシューズ>
世界最高峰のシューズとして名高いジョンロブ。なかでもダブルモンクストラップはジョンロブを代表するシューズデザインとして人気だ。「ジョンロブの最高位プレステージラインのケンボーンです。王道のラスト7000を採用し、パンチドキャップトウデザインで、さらに美しい色つやのミスティカーフレザー仕様。状態がよく、専用のシューツリーも付属しています」11万8000円

写真・図版

<ダルクオーレの白衣>
東京駅前店の小山貴芳店長が、ナポリの仕立て屋サルトリア ダルクオーレと組んで作った医師用の白衣も取り扱っている。「お医者さんの白衣はビジネスマンのスーツ同様毎日着るもの。身体のラインに合わせて縫製した白衣は、見た目の印象をよくするだけでなく、着心地が軽くて疲れにくいという、ナポリ仕立ての特徴もありますよ」10万9000円

  • 写真・図版
  • 写真・図版

Artigiano ciao 東京駅前店
住所/東京都中央区日本橋3-5-12 DECO TOKYO 1階・地下1階 B室
問/03-3231-0120
営業時間/11時〜20時
定休日:水曜と隔週(第1,3,5)日曜

<<第7回/SAFARI 2号店

Photograph:Yusuke Uchida(MAETTICO)
Text:Yasuhiro Okuyama(POW-DER)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    1億円のコラボ作品も⋯⋯
    多才なアーティスト・三浦大地、
    自身初の個展を伊勢丹新宿店で開催中。

    特別インタビュー

    2022.07.29

  2. 写真・図版

    『TIME』誌で“世界一快適な靴”と称された、
    オールバーズのスニーカー

    2022.08.01

  3. 写真・図版

    井桁弘恵さんと巡る、TOKYO写真探訪。
    第3回 ライカ銀座店

    週末の過ごし方

    2022.08.03

  4. 写真・図版

    天然成分で染め上げた優しい色合いが目を引く、
    コンバース オールスター

    2022.07.28

  5. 写真・図版

    「帝国ホテル」の黒毛和牛のローストビーフ
    自慢の手土産 #93

    週末の過ごし方

    2022.07.26

紳士の雑学