旅と暮らし

洋食の老舗店が銀座三越にグランドオープン
『西洋料理 三笠會館 GINZA 1925』

2019.03.22

写真・図版

1925年(大正14年)創業以来の原点である洋食を提供する「三笠会館」がこの度、『西洋料理 三笠會館 GINZA 1925』として、銀座三越11階に開店した。三笠会館伝統の味が、90有余年にわたり受け継がれて来たおもてなしの心で提供される。


初代社長(現社長の曽祖父)谷善之丞が、奈良県吉野村から上京し「氷水屋 三笠」を開店したことが「三笠会館」の歴史の始まりだ。1947年に「三笠会館本店」を現在の銀座並木通りに開店、1966年には地上9階、 地下2階の洋・和・中の総合レストランとして新築開店し、 多業態展開をスタートした。現在は本店 ( カクテルバー、イタリアンバール、トラットリア、フレンチ、懐石、鉄板焼き、パーティールーム ) を中心に、都内および東京近郊に約30店舗のレストランを直営している。

長い歴史のある「三笠会館」は、外食メニューとして初めて「若鶏の唐揚げ」を出した店でもある。

1932(昭和7)年に開店した支店が経営不振に陥り、 初代社長が「その苦境を乗越える名案を……」と現場のコックが総出で知恵を集め、そのひとりが提案したものが、中国の豆腐などに粉を付けて揚げた、揚げものの料理。これを日本風、洋食風のオリジナルの料理に育てていき、お店に登場させたところ、人気が出始め大盛況となった。やがて東京大空襲で、本店、支店とも建物が全焼、 戦後の混乱と食糧難の中でも、 鶏肉、 油、 片栗粉だけは何としても切らさないようにと、食材の調達に奔走。その努力が実り、「銀座に来たら、三笠会館で鶏の唐揚げ」 と言われるほど、銀座の名物になったのだ。

写真・図版
三笠会館伝統 骨付き鶏の唐揚げ 胡麻塩とマスタード添え

『西洋料理 三笠會館 GINZA 1925』では、「三笠会館伝統 骨付き鶏の唐揚げ 胡麻塩とマスタード添え」1200円(税込)や、かつて西洋釜飯と銘打っていた「南部鉄釜 チキンと半熟玉子のドリア」1600円(税込)など、銀座の地から生まれた名物料理を中心に、どこか懐かしくあたたかい、今を生きる人びとに寄り添う料理を、モダンで小粋な雰囲気の中で楽しむことができる。老舗の心意気に大いに期待をしたい。

Text:AERA STYLE MAGAZINE

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    できるビジネスマンがクォーツ式時計を選ぶべき理由

    紳士の雑学

    2019.09.12

  2. 写真・図版

    アンダー5万円で手にする堅実なる靴

    旬のおすすめ

    2019.09.12

  3. 写真・図版

    手巻き? 自動巻き?
    機械式時計の仕組みと魅力を徹底解説!

    紳士の雑学

    2019.09.10

  4. 写真・図版

    田中 圭と海。

    旬のおすすめ

    2019.09.13

  5. 写真・図版

    トマトとパセリのソースで味わうラムチョップのソテー
    [長尾智子 料理の歳時記]

    旅と暮らし

    2019.09.12

紳士の雑学

調べ・見立て

迷ったら聞く。
ASM webは
チャットを装備!

気になるアイテムがあれば、すぐにチャットで相談。着こなしに迷ったら、すぐにチャットで相談。
ギフトで購入するものに迷ったらチャットで相談。簡単な会員登録で、店舗のお調べや予約もできます!
※14時~20時の間はチャットコンシェルジュがお待ちしております。

特典

着こなしで困らない!
有人のチャットに相談

どう着る?何を買う?
着こなしコンシェルジュが回答します

特典

買い物で困らない!
取り置き&予約が可能

購入を検討したい店舗への
訪店予約が可能!(一部ブランドのみ)
※取り置き&予約サービス利用には
会員登録が必要となります。

特典

ギフト選びで困らない!
チャットで良品をお見立て

あの人に贈るには、何がいい?
そんなときにはチャットで相談

close