紳士の雑学

マディソン街の老舗ショップ、
ポール・スチュアートがリニューアル。

2019.07.22

マディソン街の老舗ショップ、<br>ポール・スチュアートがリニューアル。

クリエーティブ・ディレクターの
ラルフ・オリエンマ氏に聞く!

ニューヨークのマディソン街といえばかつてビジネスマンたちが就業前やランチ時に訪れるメンズウエアの聖地だった。この地でいまもビジネスを続ける紳士服の草分けショップにポール・スチュアートがある。新クリエーティブ・ディレクターに、ラルフ・オリエンマ氏を迎え入れ、1938年に創業した本店の改革に乗り出したという。オリエンマ氏に会いに本店を訪ねた。

まず玄関を入ると、この店に出入りする顧客たちを70年以上も迎え入れている名物のタペストリーがかつてと同じようにかかっている。けれども古き良きアメリカのグラマラスだけれど少し重苦しかった雰囲気が、フロアや照明のリノベーションによって風通しのいいオープンなものに生まれ変わっている。

「リニューアルの意図は、ポール・スチュアートのクラシックなDNAを維持しながら、よりアクセシブルで現代の時代性を反映した場所にすること。ブランドとしても同様に進化しなければならない」

005_1.jpg
生まれも育ちもNYという生粋のニューヨーカー。ラルフ ローレンを経て、ポール・スチュワート入社。〈フィニアス・コール〉を担当したあと、ショップとブランド全体を担当するクリエーティブ・ディレクターに就任。本社内にあるアトリエで長年使われてきたパターンを見せてくれた。

長年社長を務めたクリフォード・グロッド氏が2010年に逝去し、新CEOが就任した。クリエーティブ・ディレクターに指名されたオリエンマ氏が着手したのは、店全体の商品展開に一貫したビジョンを浸透させること、そしてブランドとショップを現代に合わせてアップデートすることだったという。

「ブランドとしてのアイデンティティーは常に確固として存在する一方で、ポール・スチュアート、フィニアス・コールのブランドや各階のコーナーを通じて流れるシーズンごとの一貫したビジョンがなかった。それを作るのが私の仕事です」

熟練のテーラーたちがカスタム・スーツのオーダーに手を貸してくれるセカンド・フロアやテーラリング重視のアプローチを維持しながら、テクニカルな素材を導入することで、ビジネス・カジュアルを進化させる。また初心者に優しい価格帯のセミ・カスタムを提供する「カスタム・ラボ」、リベットやウオッシュを選ぶことのできるデニムのオーダーメイドなど、新事業も開始した。

「ポール・スチュアートは、ビジネス・カジュアルの新ドレスコードを提案する存在になりたいんです」

変わらないのは、店を訪れる体験をスペシャルにするための環境づくり。

「スーツ作りは、男性が自ら素材などを選んで自己表現できるもの。このお店には、そのために必要なアイテムとサービス、そしてクオリティーがそろっている」

untitled-9287.jpg

ラルフ・オストロフ氏が1938年に創業したマディソンアベニューにあるフラッグシップショップはいまではミッドタウンのランドマーク的存在。中2階も入れて3フロアからなる店舗は、売り場面積2600平米と、いまどきのニューヨークでは珍しく優雅にのんびりと買い物を楽しむことができる。ブランドとしての伝統とアイデンティティーを保ちながら、よりモダン、よりオープンな場所へと現在少しずつリニューアル中である。

untitled-9340.jpg
スーツのカスタム・オーダーの経験が少ないエントリー・レベルの男性のことを考えて考案された「カスタム・ラボ」。生地、ラペルの形、ボタンなどをカスタムすることができ、4週間で完成する。最近、人気なのはレイヤーのない超軽量のジャケットと話すロバート・マリノフ氏。
untitled-9363.jpg
 untitled-9388-2.jpg
せっかく本店を訪れたのなら、やっぱりメイド・トゥ・メジャーのスーツをという人は2階へ。シグネチャーのウッドパネルが美しいフロアで、勤続数十年という熟練のテーラーたちが、スーツオーダーに手を貸してくれる。写真は店長アンソニー・ファジオ氏。
untitled-9428.jpg
地上階の奥に最近登場した「デニム・バー」。ウオッシュなしのロウ・デニムからウオッシュのバリエーションは8通り。ポケットの裏地、リベット、ステッチ、フィットをカスタムできるうえに、名前やイニシャルを入れるモノグラム・サービスも行っている。自分だけの一本を作ろう。
 untitled-9423.jpg
 untitled-9515.jpg
 untitled-9446.jpg
若きビジネス・プロフェッショナルに人気のメンズ専用サロン〈フライシュマン〉。ミッドタウンを中心に展開するサロンを導入したのは、若者たちが訪れやすい店作りを考えた結果。「身だしなみやスタイルに興味のある若い層にポール・スチュアートのことを学んでほしい」とオリエンマ氏。

「アエラスタイルマガジンVOL.43 SUMMER 2019」より転載

Photograph:Omi Tanaka
Text:Yumiko Sakuma

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で<br>マッチが“昭和”にタイムスリップ!? <br>マッチと町中華。【第13回】

    笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で
    マッチが“昭和”にタイムスリップ!?
    マッチと町中華。【第13回】

    週末の過ごし方

    2024.04.26

  2. 俳優・町田啓太と考える、装う美学。<br>心を解き放つ、「皐月」のスーツ。<br>【第二期】

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    心を解き放つ、「皐月」のスーツ。
    【第二期】

    週末の過ごし方

    2024.05.17

  3. 時を駆けて、クラシックを知る。<br>─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    時を駆けて、クラシックを知る。
    ─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    特別インタビュー

    2024.05.10

  4. 水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】<br>─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】
    ─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    特別インタビュー

    2024.05.09

  5. ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、<br>トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは? <br>ファッショントレンドスナップ199

    ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、
    トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは?
    ファッショントレンドスナップ199

    カジュアルウェア

    2024.05.14

紳士の雑学