紳士の雑学

夏までに理想のカラダを手に入れる 第8回
瞬発的にパワーを出せるトレーニングでゴルファーデビュー

2019.07.19

写真・図版

これまでのトレーニングで、夏服が似合うカラダに近づきながら、動ける体も手に入れつつある藤森氏。ここに来て、これまでずっと憧れていたスポーツにチャレンジしてみようと思い立った。それは、ゴルフ。「やっぱり、大人のたしなみですよね。体が絞れて、ゴルフウエアも似合うようになりそうだし」とご機嫌の藤森氏。そこで今回は、ゴルフ、特に飛ばせるようになるための体をつくるレッスンに挑戦だ。


<<第1回はこちら

下半身の力を上半身に伝えることで
疲れにくくてケガをしにくい体をつくる

訪れたのは、おなじみの「GRIT NATION(グリット ネーション)」。人間本来の身体機能を取り戻すことをテーマに、筋肉ではなく動作を鍛えるメソッドをグループクラスで提供するワークアウトスタジオだ。

代表の林 周一郎氏は藤森氏のゴルフチャレンジを聞いて、「FORCE」トレーニングを提案してくれた。

写真・図版
「GRIT NATION」代表の林 周一郎氏

「FORCEトレーニングは、体幹を鍛えて、瞬間的に力を出せる体をつくります。押す、引く、ひねるなどをうまく使い、上半身と下半身を連動させ、体全体でパワーを生み出します。必要なときに必要な力を効率的に引き出すといえば、わかりやすいかもしれません」

例えば、荷物を動かすときにも、腕の筋力だけで押したり引いたりすると疲れるし、限界がある。体全体の筋力で生み出した力をうまく連動させれば、ラクに動かせるというわけだ。これは歩行も同じ。足の筋肉だけでなく、腰や胸のひねり、腕の振りなど全身を使えば、疲れにくくなるという。

林氏によると「ゴルフも同じです。腕の力だけで打ったり、腰のひねりだけを意識したりしても飛びません。体幹を鍛えて下半身を安定させ地面にしっかりと立つ。そして、股関節や腰、胸、肩のひねりで全身の力をうまくボールに伝える。そうすることで、飛距離が伸びるはずです」とのこと。

確かにスポーツでは、下半身のパワーを上半身に伝える重要性はよく語られること。そのためには、体幹を鍛えてしっかりと立つことと、腰だけでなく、股関節や、胸などのひねりで体の中心から動かし、力を伝達することが重要。腰の回転だけで力を伝えようとすると、負荷がかかり腰痛の原因にもなるので要注意だ。

重いボールを使ったトレーニングで
体幹と関節の回転運動を鍛える

写真・図版
「メディシンボール投げ」。腕の力だけではなく体のひねりも使ってボールを投げる。
  • 写真・図版
    「メディシンボールスラム」。
  • 写真・図版
    持ち上げたボールを力強く地面にたたきつける。その際、呼吸を意識するのがポイント。

そのために、わかりやすいトレーニングが「メディシンボール投げ」。重いボールを投げることで筋力と体のひねりの両方を使う。また、「メディシンボールスラム」は、腕の力ではなく全身を使ってボールを持ち上げたり落としたりする。これは、体幹強化につながるという。

  • 写真・図版
    「バーベルプッシュ」。
  • 写真・図版
    トレーナーの合図とともに、一気に押し上げる。
写真・図版
「ボックスジャンプ」

「トレーナーの声に合わせてバーベルを持ち上げるバーベルプッシュやスクワットでしゃがんだ状態からボックスに飛び乗るボックスジャンプも、瞬発的に力を出せるようになるトレーニング」と林氏。藤森氏も、早速チャレンジだ。

「『PUMP』で行った体の一部を鍛えるような筋トレとは違って、全身の力を使わないとうまくいきませんね」と藤森氏。ただ、うまくいくとすんなりと持ち上げたりジャンプできたりすることもあるそうだ。

体の回転運動を高めるには、正面を向いたまま足を広げて肩を胸の内側に入れるストレッチが有効だという。野球選手がよくやるアレだ。藤森氏も、「これならオフィスでもできそうだし、座りすぎて凝り固まったからだのストレッチになりそうです」とさっそくやってみる。

筋トレによる筋力増強を目指す「PUMP」と今回の「FORCE」、そして反射神経を鍛える「LINK」が連動すれば、必要なときに必要な力を瞬時に出せるようになるし、一部の筋肉だけに頼らないので、疲れにくいしケガもしにくい。しばらくは、きたるべきゴルフデビューに向けて、夏服が似合う体形を手に入れてもトレーニングを続けることを決意した藤森氏だった。

さて、5月の半ばから始めたこの企画もいよいよ終盤。次回は、頑張った体を「いたわるトレーニング」だ。トレーニングなのに“いたわる”とはこれいかに。実は、運動することで、体を回復させることもあるのだとか。いったい、どんなトレーニングなのか。乞うご期待。

<<第7回はこちら

  第9回はこちら>>

Text:Tukasa Sasabayashi
Photograph:Naoko Katayama、Kosuke Koyama

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  2. 写真・図版

    トム・クルーズが引き金? ボア付きジャケットの人気が再燃!
    着こなし方のポイントを解説。
    ファッショントレンドスナップ 166

    カジュアルウェア

    2022.12.02

  3. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  4. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第5回 下北沢 胃袋にズキュン はなれ

    週末の過ごし方

    2022.11.30

  5. 写真・図版

    ジョージ ジェンセン
    [俳優・桜田 通、美しきジュエリーと。]

    小物

    2022.12.01

紳士の雑学