旬のおすすめ

吉田鋼太郎と藤原竜也がダーバンの広告キャラクターに就任!

2019.08.07

写真・図版
左)吉田鋼太郎、右)藤原竜也

1970年にレナウンから誕生したダーバンは、翌71年に当時世界的な人気を誇っていたアラン・ドロンをCMで起用し、大きな話題を呼んだ。スーツがもつエレガンスを俳優ならではの存在感で表現し、日本のメンズファッションを新しいフェーズに押し上げたと言っていい。それ以降、クールビズに先行するアンタイドスタイルやトラベラーズスーツの先駆けとなるシワになりにくい素材開発など、紳士服業界のリーディングブランドとして常に挑戦しつづけてきた。

半世紀のアニバーサリーイヤーを前に、ダーバンが掲げたテーマは「継承」。その象徴として、ふたりの日本の俳優が広告キャラクターに選ばれた。ひとりは舞台、映画、テレビで幅広く実力を発揮する吉田鋼太郎。そして10代でデビュー以来、着実にキャリアを重ねてきた藤原竜也。8月2日に行われた発表会では、それぞれ就任の栄誉を次のように語った。

「おしゃれに目覚めたのは中学生のとき。ダーバンはCMでアラン・ドロンのスーツを見て以来、ずっと憧れでした。自分が同じ役割になるとは思ってもみませんでしたね」と吉田。

30代の藤原は「ずっと最前線を走っているブランドというイメージでした。幅広い世代に魅力を伝えていきたいと思います」

俳優同士というだけではなく、もともとプライベートでも家族ぐるみで交流のあるふたり。公開されているブランドムービーでもあうんの呼吸でスーツスタイルの共演を見せている。

写真・図版
神保佳幸社長

「日本のビジネスマンをカッコよく見せること」――神保佳幸社長は、ダーバンが常に根底に据えてきたテーマを語る。そのこだわりのひとつがメイド・イン・ジャパン。緻密で丁寧なものづくりに加え、日本人の体形を熟知した独特のパターンでほかにはない着用感とスタイリングを追求している。「フィットしているけど、窮屈ではない。特に背中の感じがいいですね」(吉田)、「着ると締まります。着心地もすごくいい」(藤原)と、演技者としてさまざまな服を着こなしてきたふたりも、袖を通したウエアの確かな仕上がりに太鼓判を押す。

イギリスで生まれたメンズファッションは、わが国で「紳士服」として独自の進化を遂げてきた。同じようにシェイクスピア以降の近代演劇に、吉田鋼太郎と藤原竜也は真剣に取り組み、確実に実績を残しつづけている。日本を代表するナショナルブランドと異なる世代の名優たちのコラボレーションは、これ以上ないマッチングといえるだろう。

次の50年に向けて、ダーバンのさらなる挑戦に注目していきたい。

ブランドムービーはこちらから
http://www.durban.jp/

Text:Mitsuhide Sako(KATANA)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    世界で恥をかく日本ルールの着こなし

    紳士の雑学

    2019.04.11

  2. 写真・図版

    見えないようで見えている。
    スーツスタイルではベルト選びに手を抜かない

    紳士の雑学

    2019.08.13

  3. 写真・図版

    台北イチ優雅なホテルでは、広東料理が絶対に見逃せない!

    旅と暮らし

    2019.08.16

  4. 写真・図版

    風味豊かな蕎麦とシックな店内
    落ち着いた接待におすすめ[部長の名店]
    手打ち蕎麦 成冨

    旅と暮らし

    2019.08.14

  5. 写真・図版

    北欧の“鉄旅”が楽しすぎる!
    第2回:デンマークからノルウェーへ、24時間の海陸移動に興奮!

    旅と暮らし

    2019.08.14

紳士の雑学

調べ・見立て

迷ったら聞く。
ASM webは
チャットを装備!

気になるアイテムがあれば、すぐにチャットで相談。着こなしに迷ったら、すぐにチャットで相談。
ギフトで購入するものに迷ったらチャットで相談。簡単な会員登録で、店舗のお調べや予約もできます!
※14時~20時の間はチャットコンシェルジュがお待ちしております。

特典

着こなしで困らない!
有人のチャットに相談

どう着る?何を買う?
着こなしコンシェルジュが回答します

特典

買い物で困らない!
取り置き&予約が可能

購入を検討したい店舗への
訪店予約が可能!(一部ブランドのみ)
※取り置き&予約サービス利用には
会員登録が必要となります。

特典

ギフト選びで困らない!
チャットで良品をお見立て

あの人に贈るには、何がいい?
そんなときにはチャットで相談

close