接待と手土産

すべて実食! 自慢の手土産。#35
「THE COFFEESHOP」のドリップバッグ

2019.09.09

すべて実食! 自慢の手土産。#35<br>「THE COFFEESHOP」のドリップバッグ

忙しい仕事の合間のブレイクタイムに欠かせないコーヒーは、オフィスへの手土産に最適だ。おすすめは、挽かれたコーヒー豆が入っていて、お湯さえあれば簡単に入れられるドリップバッグ。年々進化して驚くほどハイクオリティになっているのだ。

筆者のこのところの定番は「THE COFFEESHOP」のドリップバッグだ。風味も味わいもきわめてレベルが高く、初めて自宅で飲んだ時、ドリップバッグに対するイメージが一新された。東京大学駒場キャンパスの裏手に、焙煎所を兼ねたショップ&カフェ「ローストワークス」があり、自家焙煎したシングルオリジンをはじめ、こだわりの豆をそれに適した入れ方で味わえる。店内には、分厚い金属製の釜で豆をムラなく芯まで焼き上げるドイツ・プロバット社製の大型焙煎機があり、カフェマニアにはたまらない雰囲気だ。

最高品質のスペシャルティコーヒーを100%使用したドリップバッグは、すべて自家焙煎。香りを逃がさないように挽いた直後に、紙製のバッグにひとつひとつ丁寧に手で詰める。パッケージにはおいしい淹れ方が細かく説明されていて、ベストな状態で味わってほしいというコーヒー愛が伝わってくる。

通常はシングルオリジンを含め、5、6種類あるが、手土産には、2種類の定番オリジナルブレンドがおすすめだ。深煎りの「ダークミックス」は、ビターキャラメルやダークチョコレート、シトラスのような風味があって、質感はしっかり。飲んだ後に甘い余韻が長く続く。中煎りの「ライトミックス」は、ミルクチョコレートやグレープフルーツ、ローストナッツのような風味で、滑らかな質感。爽やかな余韻が残る優しい味わいだ。

もうひとつの魅力がパッケージのデザイン。最近訪れた時はアーティストのシモダヨウジ氏とのコラボパッケージが並んでいた。もちろん定番のバッグもおしゃれだが、自分の写真や会社のロゴマークを入れるなど、カスタマイズしたバッグの制作も可能。ドリップバッグ5個入りのボックスが3つ収納できる、オリジナルギフトボックスに詰めて贈れば、きっと喜ばれるはずだ。

1050_ITL-1DX0569

ローストワークス
東京都渋谷区富ヶ谷2-22-12
営業時間/10:00~19:00
定休日/年中無休
価格/ドリップバッグ単品180円・15個入りギフトボックス3000円 ※価格は税抜き
問/03-6407-1344
https://www.thecoffeeshop.jp/
※焙煎工房を兼ねた店舗名は、ローストワークス(ROAST WORKS)

◎おすすめの手土産を探しているなら……

Photograph:Hiroyuki Matsuzaki(INTO THE LIGHT)
Styling:Keiko Katanozaka
Edit & Text:Mayo Morino

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 半蔵門『三貴苑』で“麺喰い”マッチも驚く<br>絶品つけめんに舌つづみ!<br>マッチと町中華。【第12回】

    半蔵門『三貴苑』で“麺喰い”マッチも驚く
    絶品つけめんに舌つづみ!
    マッチと町中華。【第12回】

    週末の過ごし方

    2024.04.12

  2. なじみの街、浜松町「東海飯店」で<br>MCマッチ!?が餃子を頰ばり“生トーク”!<br>マッチと町中華。【第11回】

    なじみの街、浜松町「東海飯店」で
    MCマッチ!?が餃子を頰ばり“生トーク”!
    マッチと町中華。【第11回】

    週末の過ごし方

    2024.03.29

  3. ホテルインディゴ軽井沢で、<br>憧れの“別荘時間”を楽しむ。

    ホテルインディゴ軽井沢で、
    憧れの“別荘時間”を楽しむ。

    週末の過ごし方

    2024.04.15

  4. 発売を記念したポップアップストアも登場!<br>「ボス」のブランドアンバサダー・大谷翔平選手との<br>新作カプセルコレクションを発表。

    発売を記念したポップアップストアも登場!
    「ボス」のブランドアンバサダー・大谷翔平選手との
    新作カプセルコレクションを発表。

    カジュアルウェア

    2024.04.11

  5. よりカジュアルに楽しめる!<br>本場イタリアを思わせる陽気なトラットリアとして、<br>青山グランドホテル20階に“大人の食堂”が誕生。

    よりカジュアルに楽しめる!
    本場イタリアを思わせる陽気なトラットリアとして、
    青山グランドホテル20階に“大人の食堂”が誕生。

    週末の過ごし方

    2024.04.10

紳士の雑学