接待と手土産

すべて実食! 自慢の手土産#37
「ベジキッチン」のビューティースナッキング

2019.09.24

写真・図版

身体も心も満足の植物性100%のヘルシーフード

年々ヘルシー志向が強まる中、美と健康を気遣う人にピッタリの手土産が、「ベジキッチン」の「ビューティースナッキング」だ。安心、安全で、カラダに必要な栄養素が補え、おいしさも兼ね備えているとあれば、誰しも大喜びのはず。

ベジキッチンは、「食べること=生きること」をコンセプトに掲げる食品ブランド。新鮮な旬の野菜やフルーツなど、植物性100%の原材料を使い、保存料、化学調味料、合成香料、合成着色料から、動物性原料、乳製品、白砂糖までを一切使用しないヘルシーフードを提供している。

筆者のおすすめのビューティースナッキングは、チャック付きの便利な子袋に入った、いつでもどこでも気軽につまめるスナック菓子。「ドライなつめ」や「黒糖キャロブくるみ」、「アーモンドとアップルシナモン」、「ひとくちグラノーラ 発酵カシスとデーツ」など、体にいい食材のオンパレードだ。その上それらのほとんどは無添加やオーガニック。しかも安心を売りにするのではなく、なによりもおいしさにこだわっているのだ。

どれもこれも工夫されていて甲乙つけがたいが、一押しは「ドライなつめ」。なつめといえば、特に女性の健康にいいとされるスーパーフード。1日3粒食べると若々しくいられると言われ、かの楊貴妃も欠かさず食べていたという。鉄やカルシウム、カリウムなどのミネラル、葉酸などのビタミンB群、食物繊維などをたっぷりと含む頼もしい食材だ。

農薬を使わずに栽培された上質のなつめを、低温真空調理でサクッと香ばしいスナックに。噛むほどに何ともいえない優しい甘みが口いっぱいに広がる。その上、一袋全部食べても88カロリーという夢のようなスナック菓子だ。

なつめの他に、血液をサラサラにしてくれるα-リノレン酸やポリフェールが豊富なくるみは、オーガニックの黒糖とキャロブパウダーをまぶして優しい味わいに、食物繊維が豊富な有機栽培オーツ麦と有機カカオニブに、酸味が効いたカシスとデーツを加えた、ひと口サイズのグラノーラは、小腹がすいた時の救世主だ。

仕事の合間についつい手が出てしまうデスクまわりのジャンクフード。それをおいしくてヘルシーなビューティースナッキングに変えるだけで、カロリーもコントロールでき、不足している栄養素も補え、気持ちまでも満足させてくれる。罪悪感なくパクパク食べられるストレスフリーな逸品は、いつも健康でいてほしい大切な人にこそ贈りたい。

写真・図版

シンシア・ガーデン(直営店)
東京都港区北青山3-5-4 青山高野ビル1F
営業時間/月曜~土曜11:00~21:00、日曜・祝日11:00~20:00
定休日/無休 ※年末年始などを除く
価格/ドライなつめ20g 420円、黒糖キャロブくるみ25g 450円、ひとくちグラノーラ 発酵カシスとデーツ30g 400円ほか ※価格は税別
問/03-5775-7370
https://www.bxe.co.jp/brand/vegekitchen
※都内では、直営店以外に食料品店、カフェなどでも販売

◎おすすめの手土産を探しているなら……

Photograph:Hiroyuki Matsuzaki(INTO THE LIGHT)
Styling:Keiko Katanozaka
Edit & Text:Mayo Morino

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  2. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  3. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第5回 下北沢 胃袋にズキュン はなれ

    週末の過ごし方

    2022.11.30

  4. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第4回 下北沢 発酵デパートメント

    週末の過ごし方

    2022.11.22

  5. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館1階 メンズアクセサリー
    スタイリスト 星野聖人さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2022.11.25

紳士の雑学