旬のおすすめ

時間に縛られない休日、思い出はニットとともに。
森と湖、そしてニット。②

2019.10.25

写真・図版
男性:ニット¥23,000/ガンジーウーレンズ×レショップ(レショップ 03-5413-4714)、パンツ¥42,000/ベルナール ザンス(トゥモローランド 0120-983-5224)、ストール¥20,000/ホルスウィラー(エディフィス 渋谷03-3400-2931
女性:ニット¥41,000/トムウッド(ステディ スタディ03-5469-7110)、パンツ¥230,000/マディソンブルー(マディソンブルー 03-6434-9133)、眼鏡¥44,000/アイヴァン7285(アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285

慌ただしい日常から解き放たれて、
紅葉が始まる森にたたずむホテルへとエスケープ。
求めたのは自分らしさを取り戻すためのくつろぎ。
二人だけで過ごす、予定のない旅。
ワードローブはぬくもりのあるニットに限る。

イギリス領ガンジー島で編まれたトラディショナルな一着。オリジナルのパターンには、時代を超えてひきつけられる。やや硬さがあるものの、着るにつれてなじむところがこのニットならではの魅力。

澄んだ空気に包まれて、
ニットの温かみが二人をつなぐ。

写真・図版
ニット¥267,000、ストール¥119,000/ともにイル ボルゴ(ストラスブルゴ 0120-383-563)、パンツ¥40,000/PT01(PT JAPAN 03-5485-0058

ふんわりとした膨らみのカシミヤ製ニットが、体を優しく包み込む。イタリアの職人によるレザーコードの編み込みが、ほかにはないアクセント。アンサンブルのストールを掛けて、ぜいたくさもこの上なく。

写真・図版
ニット¥41,000、パンツ¥39,000/ともにトムウッド(ステディ スタディ 03-5469-7110)、眼鏡¥19,000/ユナイテッドアローズ バイ カネコ オプティカル(ユナイテッドアローズ 原宿本店 03-3479-8180

<<森と湖、そしてニット。①

  森と湖、そしてニット。③>>

「アエラスタイルマガジンVOL.44 AUTUMN 2019」より転載

Photograph: Masanori Akao(whiteSTOUT)
Styling: Masayuki Sakurai
Hair & Make-up: Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair)
Edit & Text: Kenji Washio

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    革靴とスニーカーのいいとこ取りなハイブリッドシューズ3選

    2020.08.06

  2. 写真・図版

    スーツやビジカジに合わせたい 最新の黒スニーカー3選

    2020.07.30

  3. 写真・図版

    マーガレット・ハウエルの一枚は
    リラックスしてるのにだらしなくない

    カジュアルウェア

    2020.08.05

  4. 写真・図版

    自宅で映画館さながらの映像体験を。
    バング & オルフセンの8K有機ELテレビ
    「ベオビジョン ハーモニー 88インチ」が発売。

    週末の過ごし方

    2020.08.06

  5. 写真・図版

    フレンチの名店から至福の美味を持ち帰り。
    丸の内テイクアウトグルメ厳選10 その⑤
    【レストラン・モナリザ】

    週末の過ごし方

    2020.08.05

紳士の雑学

調べ・見立て