旬のおすすめ

FASHION VIEW
「ビジネス」と「カジュアル」の境界線。
HEVO

2019.11.19

この夏、イタリアのフィレンツェで開催された第96回「ピッティ・イマージネ・ウォモ」の会場は、カジュアル化の傾向にさらなる拍車がかかった印象だった。いま、ビジネスとカジュアルの境界線はどこにあるのか。人気ブランドから届いたひとつのキーアイテムを軸に、ビジネスとカジュアルのそれぞれを着こなす。すると、旧態依然な価値観を超えた、新たなスタイルが浮かんでくる。

ビッグシルエットのコート

写真・図版
右:コンテンポラリーなコートを細身のタイでよりモードに演出。スーツ¥154,000/ルイジ ビアンキ マントヴァ、シャツ¥23,000/ジャンネット、タイ¥18,000/エルビーエム1911(すべてトヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567)、メガネ¥42,000/ディータ(オプティカルテーラークレイドル青山店03-6418-0577)、靴¥127,000/チャーチ(伊勢丹新宿店03-3352-1111
左:ボリューム感のあるタートルネックでゆったりとしたAラインとのバランスを取りつつ、白スニーカーをアクセントに。セーター¥26,000/フィリッポ デ ローレンティス、パンツ¥19,000/ ブリリア1949(ともにトヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-55670)、帽子¥11,600/ヴァーシティ( ストラスブルゴ 0120-383-563)、靴¥59,000/カメルレンゴ(伊勢丹新宿店 03-3352-1111

素材の技術革新により、防寒や撥水性が向上した機能的なモデルや、優雅なAラインのオーバーサイズなどコートも多彩に進化を遂げる。まさにブランド名も〝進化〞に由来するイーヴォが目指すのもそんなコンテンポラリーなコート、とCEOのマウロ・ジャンフレイト氏は語る。

「以前はビジネスとカジュアルという区分けもありましたが、いまはビジネスシーンもよりアクティブに多様化し、たとえばナポリでも地下鉄を降りてからスクーターに乗ったり。コートにもそんなあらゆるシーンに対応する、アウターとしての機能とスタイルが求められています」

トレンドのビッグシルエットのコートは、タイドアップしたビジネススタイルにも、ジャケット代わりにカジュアルにはおってもいい。

「それはジャンルの境界線を象徴し、着る人のライフスタイルに添うのです」

写真・図版
コート¥78,000/イーヴォ(トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567

HEVO(イーヴォ)

イタリアンファッションでいま注目を集めるプーリアで70年の歴史あるファクトリーブランドから、2010年にオリジナルブランドとして設立した。クラシックにほどよいモード感をミックスする。

写真・図版
写真・図版

<<C+はこちら

「アエラスタイルマガジンVOL.44 AUTUMN 2019」より転載

Photograph: Masahiro Heguri[Studio], Mitsuya T-Max Sada[Report]
Styling: Yoichi Onishi
Hair & Make-up: Yurie Taniguchi
Text: Mitsuru Shibata
Coordinate: Michiko Ohira

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    革靴とスニーカーのいいとこ取りなハイブリッドシューズ3選

    2020.08.06

  2. 写真・図版

    スーツやビジカジに合わせたい 最新の黒スニーカー3選

    2020.07.30

  3. 写真・図版

    マーガレット・ハウエルの一枚は
    リラックスしてるのにだらしなくない

    カジュアルウェア

    2020.08.05

  4. 写真・図版

    自宅で映画館さながらの映像体験を。
    バング & オルフセンの8K有機ELテレビ
    「ベオビジョン ハーモニー 88インチ」が発売。

    週末の過ごし方

    2020.08.06

  5. 写真・図版

    フレンチの名店から至福の美味を持ち帰り。
    丸の内テイクアウトグルメ厳選10 その⑤
    【レストラン・モナリザ】

    週末の過ごし方

    2020.08.05

紳士の雑学

調べ・見立て