旅と暮らし

日本人が知らない、現代アートの価値とは?
海外の巨大ギャラリーがもくろむ「アート」の未来

2020.01.15

写真・図版

今回のテーマは〝日本人が知らない現代アートの価値〞。レクチャーしてもらったのはパリに本拠を置くメガギャラリー「ペロタン」のアジアパシフィック代表・中島悦子さん。世界の大局から見た現代アートの常識とは?

写真・図版
村上 隆 モスクワ・ガレージ美術館 個展“Under the Radiation Falls” 展示風景
ロサンゼルス現代美術館(MOCA)の個展で展示の中央にルイ・ヴィトンのショップを入れて物議を醸した2007年の展示など、常に「アートとは?」「ミュージアムとは?」という既成概念を変える新しい試みを行っている。「日本のアート界は彼を嫌っていると言われますが、いまとなっては時代遅れ。村上 隆、持ってる?がコレクターの間で共通言語になるほどの存在」(中島さん)
Photography: Alexey Narodizkiy ©2017 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. Courtesy Perrotin

いま、現代アートのマーケットで美術館並みの影響力を持つ〝メガギャラリー〞の存在が注目されている。彼らは国内外に複数の拠点を構え、美術館規模の展示スペースを備えるものも多い。三大ギャラリーのひとつであるペースがNYのチェルシーに建設中の旗艦店は7000㎡もの広さ。これは東京都現代美術館とほぼ同じ面積だ。同じくチェルシーに5階建てビルを建設するデヴィッド・ツヴィルナーやアカデミックかつハイレベルな企画展が話題となったガゴシアンなど、互いが刺激し合い、進化を続けているのだが、日本ではほとんど知られていない。

海外ではアートはたしなみお金の話もタブーじゃない

今回、お話を伺った中島悦子さんが所属するペロタンも村上 隆らサブカルチャーやストリート出身の作家を積極的にアートの文脈に乗せ、世に問うてきた個性派メガギャラリーだ。その中島さんはアートに対する日本人の姿勢を「真面目すぎ」と一蹴する。世界のジェントルマンは、アートをたしなむことを遊びの一部として捉え、投資やビジネスの観点からも心底から楽しんでいるというのだ。

「アーティストがお金を稼いでサクセスすることもいまやアートの一部。日本の方にもう一歩踏み込んでアートを理解していただくためには、卒直にアートをビジネスや投資の対象として見ていただいたほうが理解しやすいかもしれません。そしてフランクに楽しむこと。海外ではコレクター同士で《あの作品買ったの? 上がったよね。すごい目利きだったね》というノリで楽しんでいる方も多いですし《ドゥー・ユー・ハブ・ムラカミ?》、つまり《村上 隆、持ってる?》があいさつのように交わされるのが日常風景です」

なるほど。どうもわれわれ日本人は、芸術作品には崇高な美の本質についてだけ語るべきとの思い込みがあり、マーケットで綿密なマーケティングが行われていること、平たく言うとアートをお金・ビジネスに結び付けるのをタブー視する傾向がある。しかし、昨年の世界の美術品市場は約7・5兆円。なんと世界のモバイルゲーム市場(約7兆円)よりも産業としては上なのである。片や日本の美術品市場は約2500億円。世界比でわずか3・3パーセントにすぎず、オークション市場に至っては1%にも満たない(オークション市場では米国、中国、英国、フランスの4カ国だけで9割超)。アートの価値はもはやお金に換算できない崇高なものではなく、きちんとマーケットで評価されることで生まれるという現実を受け入れる必要がある。結果、価値の上昇を楽しむこともプラスに捉えられるようになる。

写真・図版
創設者、エマニュエル・ペロタン氏は高校をドロップアウトし、17歳でギャラリストとして弟子入りした異色の経歴を持つ。本拠のパリのほかNY、香港、ソウル、上海、東京に展開するスペースの総面積は7000㎡の広さを誇る。
©AFP/Joel Saget

サブカルチャーがアートになるための条件とは?

アートをたしなむことは、リターンを生む投資として自身の審美眼を試すことで、ひいては新しいものに対する感覚を磨くことにもつながる。が、日本人は現代アートのように価値があいまいなものを理解しようとすることも苦手。たとえばユニクロUTやコラボレーションで話題になるKAWSや村上 隆などの独自のキャラクターを用いて商業的にも大きく展開している作家作品がなぜここまで評価されるのか?と腹落ちしていない読者も多いのではないだろうか。実際、ファッションデザイナーNIGO氏(グラフィティシーンの伝説であるFUTURAや前述のKAWSを90年代から自身のデザインに起用した)のコレクションが31億円の高値で落札され話題になったが、中島さんはサブカルチャーとアートの関係について次のようなエピソードを語ってくれた。

写真・図版
クレア・タブレ “Fall” 2018
ペロタン注目のフランス人若手女流作家。日本での知名度はまだないが、フランソワ・ピノー氏やアニエス・ベー氏のコレクションにも名を連ねる。ロンドンやパリの個展では、開催前に完売が続出するほどの人気だとか。クラシックな画風ながらセクシャリティーを表現するある意味男性的でもある絵画で、自由な精神を感じられると評価。
Photography : Ringo Cheung Courtesy of the artist and Perrotin
写真・図版
ソフィ・カル “Maternité” 2018
フランスを代表する現代作家。恋愛の苦しみや両親との死別を写真やテキスト、映像、パフォーマンスなどで表現するフリースピリットな作品は世界中に強烈なファンを持つ。自身の恋愛体験の一部始終を見つめた作品では「たかが失恋でもこんなに苦しんでもいいんだ、こんなふうに生きてもいいんだ」とインパクトのある癒やしを与えてくれる。
Photography : © Jean-Baptiste Mondino Courtesy of the artist and Perrotin

「ハイブランドや文化政策に携わる海外のお客さまがお仕事で来日された際、東京のヒップなところを見たいとの彼らのリクエストに応じ、その当時の裏原宿カルチャーをくんだアーティストや作品をご紹介したことがありました。まったくの新しいトレンドに出合った彼らは《これは一つの文化だよね》とおっしゃった。ファッションやポップアートの歴史や文脈を考え抜いて醸成されたシーンだと絶賛したわけです」

90年代から現在に至るまで多くのサブカルチャーが生まれ、音楽やファッション、アートの垣根を越え若者文化が変革した時期でもある。それを単に消費するものではなく、批評的・哲学的に捉えアートの文脈に落とし込むことでサブカルチャーはアートになりうる。今回ペロタン所属作家として掲載した村上 隆やJRもこのような時代の流れの中で評価が高まった作家だと言えるだろう。

写真・図版
TOILETPAPER ペロタン東京2017年個展アフターパーティー風景 アフターパーティーでは音楽ライブやパフォーマンスを精力的に行う。多種多様な分野のクリエーターが集まることで面白いことが生まれるという。
Photography: Masahiro Muramatsu Courtesy of Perrotin

アートを化学反応させる挑戦的な場としての東京

こうしたファッションや音楽、サブカルチャーをアートの文脈に再構築する試みを精力的に行っているのがペロタンだ。いま起きている文化的にヤバいことを嗅ぎつけ、積極的にアーティストを絡ませることで常にアートの新しい価値をクリエートしている。アートではないと酷評されていたJRにルーブル美術館を舞台にした作品制作を実現させる、ロシアでの村上隆 展のオープニングにでんぱ組・incのライブを敢行するなど事例には事欠かない。そのペロタンが今後、伸び代があると期待するのが東京だ。

写真・図版
MADSAKI ペロタン香港 2019年個展“If I Had a Dream”
村上 隆がInstagramで発掘し作品を購入したことがきっかけで、村上が代表を務めるカイカイキキに所属することに。名画をグラフィティ風にコピーしたり、社会を風刺するような作品など、挑発的なスタイルとメッセージが特徴。「彼も非常にコントラバーシャル(賛否両論)な存在ではありますが、これから伸びていく日本人作家として、われわれギャラリー・ペロタンとしても注目しています」(中島さん)
Photography : Ringo Cheung Courtesy of Kaikai Kiki Co., Ltd. and Perrotin

「日本はクレイジーでイノベーティブ。文化的レベルも高く、若いコレクターも増えています。アジアのアートシーンは香港が中心でしたが、受け入れ態勢が整っている東京は大いにチャンスがあると思います。私たちの六本木のギャラリーでは今秋からコンセプトストアなどの限定イベントができるスペースを作りました。アートをよりオープンに楽しむ場を作りたいんです」

アートとその境界にあるヒップなものをどう化学反応させるのか、ペロタンの今後に注目したい。

  • 写真・図版
  • 写真・図版

中島悦子
ソルボンヌ大学で美術史学を学び、カルティエ現代美術財団を経て2002年よりペロタンに勤務し、香港・ソウル・東京・上海への進出に貢献。村上 隆、Mr.、Madsaki、タカノ綾らを手がける。(衣装協力 Theory)

石浦 克
アート作品やアーティストの言葉を紹介するアートサイト「色名/SHIKIMEI」ディレクター。TGB design./TGB lab代表。現在、武蔵野美術大学と女子美術大学の非常勤講師を務める。www.shikimei.jp

ペロタン東京 
東京都港区六本木6-6-9ピラミデビル1階 
03-6721-0687
[営業時間]11〜19時(火〜土)
https://www.perrotin.com

「アエラスタイルマガジンVOL.45 WINTER 2019」より転載

Coordination&Interview: Masaru Ishiura(SHIKIMEI)
Photograph[P.141]: Sunao Ohmori(TABLE ROCK.INC)
Text: Atsushi Kadono (SHIKIMEI)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    東京2020オリンピック
    記念限定モデルの興奮

    美しい時計

    2020.02.17

  2. 写真・図版

    その贅沢さと履き心地に酔う
    オールデンのエプロンフロントダービー
    いま欲しい、憧れの靴6選

    旬のおすすめ

    2020.02.13

  3. 写真・図版

    高品質の素材を革新的な技術で仕上げる
    コーチの新作財布。

    旬のおすすめ

    2020.02.19

  4. 写真・図版

    純粋なるドライビングプレジャー。
    ポルシェ718スパイダー

    旅と暮らし

    2020.02.19

  5. 写真・図版

    モノづくりの伝統を守りつづける。
    革の魅力が最大限に生かされた、
    ヴァレクストラのミニウォレット。

    旬のおすすめ

    2020.02.13

紳士の雑学

調べ・見立て

迷ったら聞く。
ASM webは
チャットを装備!

気になるアイテムがあれば、すぐにチャットで相談。着こなしに迷ったら、すぐにチャットで相談。
ギフトで購入するものに迷ったらチャットで相談。簡単な会員登録で、店舗のお調べや予約もできます!
※14時~20時の間はチャットコンシェルジュがお待ちしております。

特典

着こなしで困らない!
有人のチャットに相談

どう着る?何を買う?
着こなしコンシェルジュが回答します

特典

買い物で困らない!
取り置き&予約が可能

購入を検討したい店舗への
訪店予約が可能!(一部ブランドのみ)
※取り置き&予約サービス利用には
会員登録が必要となります。

特典

ギフト選びで困らない!
チャットで良品をお見立て

あの人に贈るには、何がいい?
そんなときにはチャットで相談

close