PROMOTION

バッグ

知的でラグジュアリーな働く男の代名詞、
サムソナイト・ブラックレーベルの鞄。

2020.03.24

写真・図版
特注による裏張り加工を施した1680デニールのバリスティックナイロンと、イタリアンレザーのコンビネーションが特徴の「ユーストン」。大型のブリーフケースは、2つの荷室と外部ポケットを備えた大容量が魅力。ダブルコンパートメントブリーフケース[W43×H30×D14㎝]¥60,000/サムソナイト・ブラックレーベル(サムソナイト・ジャパン 0800-12-36910)、ブルーダブルジャケット¥400,000〈スーツ価格〉、シャツ¥51,000、パンツ¥400,000〈スーツ価格〉/すべてイザイア(イザイア ナポリ 東京ミッドタウン03-6447-0624)、チーフはスタイリスト私物。

優れた実用性に加え、大人の色気を感じさせる高感度なデザイン性で支持を得るサムソナイト・ブラックレーベル。そのリピーターとなるのは、平凡なアイテムでは我慢できないこだわり派の男性が中心だ。そこで俳優界きってのしゃれ者として知られる平山浩行さんに、ブラックレーベルの人気モデルを体験していただいた。

「ひと目見て完成度の高さがわかりました。ナイロンとレザーのコンビによるバッグは、上質かつ軽快。メタルのジップ引き手もアクセサリーのような質感ゆえに、いいアイテムを所有する満足感があると思います。持つことで心のスイッチも入り、モチベーションが上がりますよね」

写真・図版
日常の通勤用としても理想的な小型のシングルブリーフケース。[W42×H30×D11㎝]¥52,000、最新のホイールを搭載したトロリーケース「ファントム」。写真のモデルは機内持ち込み可能。[W36×H55✕D24㎝]¥52,000/ともにサムソナイト・ブラックレーベル(サムソナイト・ジャパン 0800-12-36910)、ジャケット¥400,000〈スーツ価格〉、シャツ¥51,000、パンツ¥400,000〈スーツ価格〉/すべてイザイア(イザイア ナポリ 東京ミッドタウン03-6447-0624)、シューズ¥140,000/サントーニ(リエート 03-5413-5333)、チーフはスタイリスト私物。

さっと眺めるだけのように見えて、しっかり細部までチェックを入れる平山さん。撮影の合間にトロリーケースを左右に動かしつつ、鋭い意見を聞かせてくれた。

「ホイールも非常にスムーズ。少しの力で動くから常に快適に移動できそう。それとこのトロリーは本当にしゃれています。ポリカーボネートのケースはいくつか僕も使用しましたが、貫禄という意味で少々物足りない場合も。でもこの新作はメタリックな光沢感に加え、エッジにカーボン調のパーツをあしらったりと、非常に個性的かつ重厚感も備えています。バッグでドレスアップが実現できる、才色兼備な逸品ですよね」

ベストドレッサーとして知られる目利きも太鼓判を押すサムソナイト・ブラックレーベルの話題作。出張や通勤に旅行まで。男のバッグはここまで美的に進化した。

ビジネスマンの日常に。
サムソナイト・ブラックレーベルのビジネスバッグ

写真・図版
(左から)スリムバックパック[W29.5×H39.5×D11㎝]]¥50,000、シングルブリーフケース[W42×H30×D11㎝]¥52,000、ダブルコンパートメントブリーフケース[W43×H30×D14㎝]¥60,000、3ウェイバックパック[W40xH30x14cm] ¥66,000(すべてブラックとネイビーの2色展開)/すべてサムソナイト・ブラックレーベル(サムソナイト・ジャパン 0800-12-36910

110年の歴史をもつ、サムソナイトのプレミアムブランド、サムソナイト・ブラックレーベル。端正なフォルムに存在感のあるメタルファスナーが高級感を醸すビジネスシリーズ「ユーストン」は、機能性はもちろんのこと、持つだけでビジネスモードへのスイッチが入るような上質感、高感度なデザイン性が自身のスタイルにこだわりを持つビジネスマンに支持されている。近頃ビジネスマンの愛用者も多いバックパックは、PC収納や多機能ポケットを備えつつスマートな奥行きを実現。シックなデザインゆえにスーツスタイルにもマッチする。

「ユーストン」シリーズの詳細はこちら

ビジネスマンの旅や出張に。
サムソナイト・ブラックレーベルのトラベルスーツケース

写真・図版
(展開サイズ)スピナー55[W36×H55×D24㎝]、スピナー 69EXP[W49×H69×D30-34㎝]、スピナー76EXP[W51.5×H76×D30.5-34.5㎝](すべてブラックとアクアの2色展開)/すべてサムソナイト・ブラックレーベル(サムソナイト・ジャパン 0800-12-36910

サムソナイト・ブラックレーベルのスーツケースシリーズ「ファントム」。ハンドルにはレザーを採用し、セミグロス仕上げのシェルにアルミニウムを融合させたモダンなデザインは、上質志向のビジネスマンの装いにも間違いなくフィットする。従来よりもなめらかな機動性を誇るために、ボールベアリング内蔵のサスペンションホイールを搭載。出張だけでなくプライベートでも活躍するガーメントケース(スピナー55除く)やラゲッジカバーなどのアクセサリも付属するスマートな収納力も自慢だ。

「ファントム」シリーズの詳細はこちら

写真・図版
「ファントム」シリーズに、新たなラインナップが登場。機内持ち込み可能サイズのスーツケースは、1泊2日の出張などにもぴったり。ローリングトート[W42×H40×D25cm](ブラックのみの1色展開)[5月発売予定]/サムソナイト・ブラックレーベル(サムソナイト・ジャパン0800-12-36910

パーソナライゼーションサービスで、自分だけのバッグへ。

  • 写真・図版
  • 写真・図版

サムソナイト・ブラックレーベルの対象商品をお買い上げいただいた方に、一部店舗にてパーソナライゼーション(刻印)サービスを常時実施中。刻印は3文字まで可能。直営店(銀座、大阪、大丸心斎橋店)では箔の色をシルバーとゴールドから選べる。タグにスペシャルな文字を刻んだ特別な鞄は、毎日の仕事へのモチベーションも上がるはずだ。

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

問/サムソナイト・ジャパン 0800-12-36910
サムソナイト公式HP

Photograph:Fumito Shibasaki(DONNA) 
Styling:Kohei Kubo
Hair&Make-up:Tsuyoshi Utsugi 
Text:Tsuyoshi Hasegawa(04)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    『007』シリーズを彩ってきた歴代ボンドモデルを振り返る

    腕時計

    2020.12.02

  2. 写真・図版

    女優 石橋静河 未来はわからない。だから美しい。
    [MUSE]

    特別インタビュー

    2020.11.06

  3. 写真・図版

    スーツに合うバッグとは?
    種類やおすすめのブランドを解説

    スーツ

    2020.12.01

  4. 写真・図版

    年を重ねることで似合う、
    本格派のダッフルコート
    週末、コートを着て中禅寺湖へ。②

    コート

    2020.12.02

  5. 写真・図版

    チャンピオンとの出合いが人生を変えたかも?
    [渋谷直角 男が憧れる、男の持ち物。]

    特別インタビュー

    2020.12.01

紳士の雑学

調べ・見立て