PROMOTION

腕時計

パルミジャーニ・フルリエの腕時計と過ごす
上質なひととき。

2021.03.29

写真・図版

高級時計は日常を共に過ごしてこそその真価が伝わる。パルミジャーニ・フルリエが目指したのは、そんな上質なデイリーウォッチだ。ラグジュアリーの本質がそこに宿る。

日常を豊かにしてくれる
エレガントなデイリーウォッチ

あまたあるスイス時計ブランドでも、パルミジャーニ・フルリエは特異な存在と言えるだろう。時計師であり、修復師でもあるミシェル・パルミジャーニが1996年に創業した。 ムーブメント開発からケースデザイン、組み立てなど時計製造におけるあらゆる工程の95%以上を自社で行うマニュファクチュールだ。 自然界に潜む普遍の美である黄金比に基づくデザインに、歴史的なマスターピースの修復によって培った伝統の時計技術や創造性を自社ムーブメントに余すことなく注ぐ。それは過去と現在を結び、未来へとつなぐことであり、連綿と連なる時計文化の継承としてヨーロッパの富裕層に高く支持されてきた。そして最新作トンダ GTでは新境地を開拓する。

写真・図版
ブランドアイコンでもあるローレット加工による刻みの入ったベゼルに、2017年にジュネーブ時計グランプリ部門賞を受賞した「トンダ クロノール」のケースを融合する。コラムホイール採用の一体型クロノグラフムーブメントを搭載しビッグデイト表示や半円スケールのスモールセコンドなどクラシックな伝統が薫り立つ個性は時計愛好家を魅了する。「トンダグラフ GT」。自動巻き、18KRGケース×ラバーストラップ、径42mm、100m防水。¥4,720,000/パルミジャーニ・フルリエ

イタリア語で“円形”を意味するトンダは、ベーシックなラウンドケースを自由なクリエイティブのキャンバスと見立て、薄型3針からモダンデザイン、複雑機構など多彩な個性をそろえてきた。これに新たに加わったGTは、そのコンセプトをデイリーウォッチに位置づける。

多様化する現代のライフスタイルにおいて、エレガンスの定義も変わりつつある。フォーマルとカジュアルの境界線がなくなりつつあるいま、あらためてパルミジャーニ・フルリエらしい優雅さを表現する。開発には“ゴルフコースから役員会議まで”というテーマが掲げられ、それこそネクタイからスニーカーまでスタイルを選ばない。それは衆目を引くような派手さよりも、腕にする本人をはじめ、ライフスタイルや趣味を同じくする同好の士によって認められる真の価値だ。まさに現代のクラスウォッチであり、上質が息づくとともに、腕時計のある人生の豊かさをそこに味わうのだ。

写真・図版
シンプルな3針は、文字盤に施されたクル・トリアンギュレールギョーシェが光を受け、より美しく映える。「トンダ GT」。自動巻き、18KRGケース×ラバーストラップ、径42mm、100m防水。¥2,870,000/パルミジャーニ・フルリエ
写真・図版
ブレスレットは、リンクに黄金比にのっとる曲線を用い、アクティブなスタイルと機能性に加え、滑らかな付け心地を両立する。「トンダ GT」。自動巻き、SSケース×ブレスレット、42mm、100m防水。¥1,670,000/パルミジャーニ・フルリエ
写真・図版
クロノグラフに加え、3時位置に月表示を併設。年に1度の修正で自動日めくりするアニュアルカレンダーを搭載する。「トンダグラフ GT」。自動巻き、SSケース×ブレスレッ ト、42mm、100m防水。¥1,670,000/パルミジャーニ・フルリエ

問/パルミジャーニ・フルリエ 

Photograph: Masanori Akao (whiteSTOUT)
Styling: Masayuki Sakurai
Hair&Make-up: MASAYUKI (THE VOICE)
Text: Mitsuru Shibata

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ106
    イタリア生まれのGジャンが人気急上昇。
    そのブレークの理由とは?

    カジュアルウェア

    2021.06.02

  2. 写真・図版

    八ヶ岳で“避暑ワーケーション”のすすめ。
    仕事後は日本ワインと絶品イタリアン。

    週末の過ごし方

    2021.06.11

  3. 写真・図版

    サステイナブルなバッグコレクションの最新作。
    ロンシャンならではの職人技が光る、
    都会的でシックなコレクション。

    バッグ

    2021.06.07

  4. 写真・図版

    心まで洗われるようなピュアホワイトがまぶしい、
    サントーニのスニーカー。

    2021.06.10

  5. 写真・図版

    革靴に匹敵するクオリティを追求!
    サイドゴアブーツタイプの
    レインシューズ「防水 誠十郎」が発売。

    2021.06.01

紳士の雑学

調べ・見立て