スーツ

ポール・スミス
コンフォタブルに進化したセットアップ。⑦
【リモートワークに最適なビジネスカジュアル】

2021.04.19

スーツに代表される上下のアイテムに同じ生地を用いたセットアップがこれからのワークスタイルの中心を担うが、より必要とされるのは快適性。軽やかさや動きやすさなど、コンフォタブルに進化していることに目を向けたい。トップスがブルゾンのセットアップも登場しており、品性をキープしたスポーティーさが新鮮だ。ビジネスの場がオフィスに限定されない状況下、新たなセットアップの時代が幕を開けた。

PAUL SMITH(ポール・スミス)

写真・図版
ブルゾン¥71,500、パンツ¥30,800/ともにポール・スミス、シャツ¥25,300/ポール・スミス コレクション(すべてポール・スミス リミテッド www.paulsmith.co.jp )、サングラス¥36,300/ブラン(ブリンク外苑前 03-5775-7525

リモートワークではスポーティーなセットアップも活用したい。ウールを主素材とした生地なら、アスリート寄りになりすぎない。ブルゾンは切り返しのデザインやカラフルな止水ファスナーが印象的。インナーはバンドカラーシャツで新鮮さを採り入れて。

掲載した商品はすべて税込み価格です。

<<コンフォタブルに進化したセットアップ。⑥ マッキントッシュ ロンドン はこちら

「アエラスタイルマガジンVOL.50 SPRING / SUMMER 2021」より転載

Photograph: Masanori Akao (whiteSTOUT)
Styling: Masayuki Sakurai, Akihiro Mizumoto
Hair & Make-up: Masayuki (The VOICE)
Edit & Text: Kenji Washio

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ106
    イタリア生まれのGジャンが人気急上昇。
    そのブレークの理由とは?

    カジュアルウェア

    2021.06.02

  2. 写真・図版

    1970年代と“いま”をつなぐ、
    オニツカタイガーのスニーカー。

    2021.06.22

  3. 写真・図版

    より開かれたパブリックな建築へ。
    気鋭建築家ふたりが語る
    新たな価値としての“別荘”とは?【後編】

    週末の過ごし方

    2021.06.22

  4. 写真・図版

    こと足りてないのがこれからのぜいたく。
    気鋭建築家ふたりが語る
    新たな価値としての“別荘”とは?【前編】

    週末の過ごし方

    2021.06.16

  5. 写真・図版

    昨年登場し大ヒット!
    梅雨の季節に使いたい、
    マッキントッシュのおすすめアイテム。

    小物

    2021.06.17

紳士の雑学

調べ・見立て