ラグジュアリーなレザースニーカー。
[リモートワークに最適なビジネスカジュアル]

2021.05.31

写真・図版
写真左から¥69,300/トッズ(トッズ・ジャパン 0120-102-578)、¥132,000/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン 03-6267-6010)、¥75,900/チャーチ(チャーチ クラインアントサービス 0120-80-1873)、¥88,000/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店 03-6805-1691

スポーツ庁が推奨してきた“スニーカー通勤”はこのご時世にあって、ますます需要を高めていくだろう。セットアップからカジュアルまで、どんなスタイルにもマッチしつつ、着こなしから醸し出される品性を高めてくれるのがレザースニーカーだ。ドレスシューズの名手であるブランドもスニーカーに力を注いでおり、レザーのクオリティーはお墨付き。長く愛用することでの経年変化を楽しむこともできる。

TOD’S(トッズ)

アッパーは手作業でエイジングを施したカーフで、フェルトのインソールに縫い付けることにより、屈曲性を高めている。ネイビーのラインが爽やかなイメージをアップ。ヒールカップにはトッズの名作であるドライブングシューズのアイコン「ペブル」のモチーフを採用。

JOHN LOBB(ジョン ロブ)

ビスポークのアーカイブコレクションのテニスシューズにインスパイアされたモデル「レヴァー」。ドレスシューズ同様、最上級のスエードとカーフを用いており、そのコンビネーションが洒脱な印象を生み出している。ソールのイエローステッチがアクセント。

CHURCH’S(チャーチ)

英国の老舗でありながら、モダンなクリエイションにおいても優れているチャーチ。昨今のニーズを捉えたスニーカーもラインアップする。こちらはアッパーがブラウンのカーフで、厚めのホワイトソールをセット。着こなしを確かにアップグレードしてくれる。

J.M. WESTON(ジェイエムウエストン)

モデル名は「オンタイム スニーカー」。まさに現代のワークスタイルにふさわしい一足。クラシカルなテニスシューズがイメージソースのすっきりとした上品なデザイン。素材は上質なカーフで、グレー×ホワイトのカラーリングがコーディネートしやすい。


掲載した商品はすべて税込み価格です。


<<清潔感の高いジーンズ。②サンスペル はこちら


「アエラスタイルマガジンVOL.50 SPRING / SUMMER 2021」より転載

Photograph: Masanori Akao (whiteSTOUT)
Edit & Text: Kenji Washio

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ110
    夏の必需品、短パン選びの新基準!
    女性の視線を釘付けにする花柄短パンの魅力とは

    カジュアルウェア

    2021.07.07

  2. 写真・図版

    雪駄(せった)を現代的にアップデートさせた、
    トウキョウ サンダルのサンダル。

    2021.07.27

  3. 写真・図版

    メンズスーツが際立つ
    ワイシャツのおすすめブランドを紹介

    スーツ

    2021.07.27

  4. 写真・図版

    不朽の名作を夏仕様にモディファイした、
    コンバースのサンダル。

    2021.07.06

  5. 写真・図版

    ボタンダウンシャツの
    着こなしのマナーやおすすめブランドを紹介

    スーツ

    2021.07.29

紳士の雑学

調べ・見立て