カジュアルウェア

モダンデザインに日本の職人技術が宿る、
キクスドキュメント.のTシャツ
【セットアップに合う一枚。其の3】

2021.06.07

写真・図版
¥12,100/キクスドキュメント.

いまや一年中袖を通すアイテムとは言え、やはりTシャツが主役になるのは夏である。ただ、素材やデザインなど千差万別あるなかで、何を選べばいいのか決め手を欠く諸兄のために、スタイルや色柄などタイプ別に厳選してお届け。最初のテーマは、“セットアップに合うTシャツ”。リモートワーク時にはそのまま一枚で、オンライン会議では上からジャケットをはおるだけで様になるTシャツは、このご時勢に何かと重宝するだろう。

生地やパターンはもちろん、縫製や加工、付属品に至るまで全て“メイド・イン・ジャパン”にこだわったキクスドキュメント.。こちらのTシャツは、綿生地にシルケット加工を施すことで上品な面持ちに仕上げた一枚。トレンド感を加味したゆとりのある身幅だが、長めの袖丈とほどよくツヤのある生地でだらしなく映ることはない。柔和なナチュラルカラーに象徴されるノーブルな雰囲気にアクセントを添えるのが、首元と袖に配したリブのディテール。精緻な編み柄は、デザイナーがスケッチしたものを専業の職人が編み立てたオリジナルデザイン。見た目の良さに加え、構造設計や混紡に工夫を凝らすことで、伸びにくく長持ちする利点も。コンセプト先行ではなく、あくまで最高峰の技術を追い求めた結果、行き着いたのが日本製というあたりにモノづくりの矜持がうかがえる。

問/HEMT PR 03-6721-0882

掲載した商品は税込み価格です。

Photograph: Ryohei Oizumi
Styling: Hidetoshi Nakato(TABLE ROCK.STUDIO)
Text: Tetsuya Sato

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ106
    イタリア生まれのGジャンが人気急上昇。
    そのブレークの理由とは?

    カジュアルウェア

    2021.06.02

  2. 写真・図版

    1970年代と“いま”をつなぐ、
    オニツカタイガーのスニーカー。

    2021.06.22

  3. 写真・図版

    より開かれたパブリックな建築へ。
    気鋭建築家ふたりが語る
    新たな価値としての“別荘”とは?【後編】

    週末の過ごし方

    2021.06.22

  4. 写真・図版

    こと足りてないのがこれからのぜいたく。
    気鋭建築家ふたりが語る
    新たな価値としての“別荘”とは?【前編】

    週末の過ごし方

    2021.06.16

  5. 写真・図版

    昨年登場し大ヒット!
    梅雨の季節に使いたい、
    マッキントッシュのおすすめアイテム。

    小物

    2021.06.17

紳士の雑学

調べ・見立て