カジュアルウェア

スタンダードの何たるかを教えてくれる、
ランズエンドのTシャツ
【セットアップに合う一枚。其の4】

2021.06.09

写真・図版
¥3,190/ランズエンド

いまや一年中袖を通すアイテムとは言え、やはりTシャツが主役になるのは夏である。ただ、素材やデザインなど千差万別あるなかで、何を選べばいいのか決め手を欠く諸兄のために、スタイルや色柄などタイプ別に厳選してお届け。最初のテーマは、“セットアップに合うTシャツ”。リモートワーク時にはそのまま一枚で、オンライン会議では上からジャケットをはおるだけで様になるTシャツは、このご時勢に何かと重宝するだろう。

質実剛健を地でいく、アメリカはシカゴ発のカジュアルブランド、ランズエンドのハイネックTシャツ。面持ちこそアノニマスだが、デイリーユースなTシャツに求めるほぼすべてが詰まっている。コットン100%ジャージーの滑らかな着心地と長く着られるタフさを兼ね備え、洗濯を繰り返してもシワや毛玉になりにくく、さらに色あせもしにくい。モックネックに近いほどよい高さはジャケットスタイルとも好相性。ネックのリブはストレッチ入りなので、ヨレたりせず常に自然で美しい襟元をキープしてくれる。写真のホワイト以外にもベーシックな色みを取りそろえた全5色展開で、サイズもSからXXLまで展開しているのでスタイルに合わせて使い分けられる。加えて良心的なプライスとくれば選ばない手はない。

問/日本ランズエンド 0120-554-774

掲載した商品は税込み価格です。

Photograph: Ryohei Oizumi
Styling: Hidetoshi Nakato(TABLE ROCK.STUDIO)
Text: Tetsuya Sato

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ106
    イタリア生まれのGジャンが人気急上昇。
    そのブレークの理由とは?

    カジュアルウェア

    2021.06.02

  2. 写真・図版

    1970年代と“いま”をつなぐ、
    オニツカタイガーのスニーカー。

    2021.06.22

  3. 写真・図版

    より開かれたパブリックな建築へ。
    気鋭建築家ふたりが語る
    新たな価値としての“別荘”とは?【後編】

    週末の過ごし方

    2021.06.22

  4. 写真・図版

    こと足りてないのがこれからのぜいたく。
    気鋭建築家ふたりが語る
    新たな価値としての“別荘”とは?【前編】

    週末の過ごし方

    2021.06.16

  5. 写真・図版

    昨年登場し大ヒット!
    梅雨の季節に使いたい、
    マッキントッシュのおすすめアイテム。

    小物

    2021.06.17

紳士の雑学

調べ・見立て