バッグ

都市生活に呼応する高い機能性を備えた、
ゼロニューヨークのバックパック
【現代のビジネスパーソンに贈る仕事鞄】

2021.09.13

写真・図版
W29×H42×D11cm ¥23,100/ゼロニューヨーク

オフィスに限定しないワークスペースや多様化するビジネスウエアは、仕事鞄の選択肢をぐっと広げた。求めるのは、収納力か機動性か、それともデザインか? 自身のビジネススタイルを鑑みて何を優先すべきかで、導き出す答えは自ずと見えてくる。そんな新時代の働き方に即した仕事鞄を、バックパック、トートバッグ、サブバッグ、アタッシェケースに分けて日替わりで紹介しよう。

ゼロニューヨークは、アメリカのラゲージブランド「ゼロハリバートン」のカジュアルライン。こちらのバックパックは、ビジネスシーンで使うことを想定した「マディソンシリーズ」のアイテムで、ユーザビリティに富んだ機能が随所にちりばめられている。メイン収納は用途に応じて仕分けができる2気室仕様で、背面側には15インチのノートパソコンを収納するスリーブケースを配備。バッグ自体も一般的なA4サイズではなくひと回り大きいB4サイズ対応で、見た目以上の収納力を誇る。ずり落ちを防ぐチェストベルトをはじめ、背負ったままアクセスしやすいサイドのスラッシュポケットや蒸れを軽減する背面のメッシュ仕様など、自転車通勤を想定した機能的なつくりは、ニューヨークのブランドならでは。

問/エース 03-5843-0606

掲載した商品は税込み価格です。

Photograph:Satoru Tada(Rooster)
Styling:Hidetoshi Nakato(TABLE ROCK.STUDIO)
Text:Tetsuya Sato

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ 118
    97年前のパリオリンピックのころのスーツを着こなす激レアさんに銀座で遭遇。
    いまマニアックなスーツが再注目されるわけとは?

    カジュアルウェア

    2021.09.17

  2. 写真・図版

    リュックとバッグどっちがいい?
    ビジネスバッグの機能性やブランドを紹介

    スーツ

    2021.09.15

  3. 写真・図版

    お昼限定のコース料理が楽しめる!
    京都の人気料亭「京都和久傳」の
    お取り寄せグルメで食卓に華やぎを。

    週末の過ごし方

    2021.09.13

  4. 写真・図版

    バサっとシャツ感覚で採り入れられる、
    バナナ・リパブリックのジャケット
    【ニューノーマル時代に寄り添うビジネスウエア】

    スーツ

    2021.09.03

  5. 写真・図版

    使う人の大切な荷物を守り抜く、
    スーリーのバックパック
    【現代のビジネスパーソンに贈る仕事鞄】

    バッグ

    2021.09.14

紳士の雑学