小物

マフラー選びで知っておくべき人気ブランド20選

2021.11.18

写真・図版

「Joshua Ellis(ジョシュア エリス)」
トップデザイナーからも信頼を得るイギリスの老舗 

英国北部のヨークシャーで1767年に創業したジョシュア エリスは、英国テキスタイルブランドのなかでも最古のファクトリーのひとつです。本格的な生地作りはもちろん、的確な獣毛生地の起毛技術があることで、トップデザイナーから絶大な信頼を得ています

そんな高級服地ブランドのジョシュア エリスが手けるマフラーは、しっかりと目が詰まった生地でありながら柔らかさと手触りのさを備えています。ひとつひとつの格子柄が遠目からでも鮮明に見えることは、確かな技術力の表れです。英国の伝統的な格子柄をはじめとしたさまざまなチェックや豊富なカラー展開は、マフラーストールのブランドならではといえます。

「Paul Stuart(ポール・スチュアート)」
都会的で洗練されたクラシック・アメリカン・スタイル

ポール・スチュアートは1938年の開業以来、「最大のブランドを目指す」のではなく「最高のブランドを目指す」という一貫した哲学の元で運営されてきました。ポール・スチュアートが示しつづけてきたものは、「クラシック・アメリカン・スタイル」の神髄です。政界、財界、ハリウッドや音楽界を代表する大物が顧客として名を連ねており、時代とともに変化しつつもスタイルの基盤を忠実に守り、アメリカン・スタイルを貫きつづけてきました。

このブランドが手がけるマフラーも同様。落ち着いたデザイン、シックなカラーは、「クラシック・アメリカン・スタイル」にふさわしく、ビジネスパーソンにさらなる貫禄を与えてくれます。

「BROOKS BROTHERS(ブルックス ブラザーズ)」
スーツのコーディネートになじむオーソドックススタイル

ブルックス ブラザーズは1818年に創業したアメリカで最も歴史が古い衣料ブランドです。「最高品質の商品を作り、取り扱うこと。適正な利益を含む商品価格設定を心掛け、商品価値を理解できる顧客のみと取引を行う」ことを創業者のヘンリー・サンズ・ブルックスが基本理念として掲げ、ブランドコンセプトにしています。伝統に重きを置きつつ、ケアがしやすいシャツや機能性に優れたスーツなど革新的な商品を開発してきました

ブルックス ブラザーズでは上質で肌ざわりがいいカシミヤのマフラーを展開。無地やタータンチェックといった柄はもちろん、カラーバリエーションも豊富なので服装に合わせてコーディネートできます。

「Barbour(バブアー)」
ハウスチェック柄がブランドのアイコン 

バブアーは1894年にジョン・バブアーがイングランド北東部にある港町、サウスシールズで創業したブランドです。ファミリービジネスを貫いており、現在は5代目のマーガレット・バブアーが事業を継承しています。英国を始めとしてアメリカやドイツ、日本など世界40以上の国と地域で事業を展開。商品のラインアップはメンズ、ウィメンズ、キッズコレクションから愛犬のためのアイテムまで幅広けており、ジャケットやコートといったアウターを中心に、さまざまなアイテムを発売しています

バブアーのマフラーはラムウールやウールを素材に、ブランドのアイコンともいえるハウスチェック柄で複数のラインアップを取りそろえています。男女問わずに着用でき、手頃な価格で購入できることも魅力です。

「五大陸」
最高品質にこだわったギフトに最適なマフラー

五大陸は、英国の伝統、フランスの華やぎ、イタリアの粋、アメリカの合理性と各国のさを採り入れ、ここに日本の繊細さを加えて仕立てを行うことをコンセプトとしている日本のブランドです。紳士服の基本色ともいえるグレー、ネイビー、ブラウンを基本の三原色とし、素材は各国から取り寄せています。

そんな五大陸が提案するマフラーは、オーソドックスな色合いで使いやすく、自身で使用するのはもちろん、パートナーなどへのギフトにも最適のアイテムです。

「TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)」
複数のカシミヤ製マフラーを取りそろえる実力派

タケオキクチは遊び心と色気を有し、現代に則した着こなしを提案する東京発信のブランドです。日本のモノづくりに対する高度な技術、ブランドの歴史に基づく確かな品質を元に、さまざまなライフスタイルにフィットするスタイリングを提案していますそれだけに、スーツスタイルだけでなく、カジュアルファッションにも合わせたくなるマフラー数多く展開しています。

素材は、ベビーカシミヤ、ピュアカシミヤ、カシミヤアザミ仕上げ、洗えるカシミヤなど、カシミヤだけで複数そろうのもうれしいところです

「FRED PERRY(フレッドペリー)」
イギリスのオーセンティックスタイルの王道

フレッドペリーは1952年にフレッド・ペリーが設立したイギリスのファッションブランドです。創業者のフレッド・ペリーはイギリス出身のテニスプレーヤーで、現役時代はウィンブルドン3連覇をはじめとして全米選手権を3度、全豪、全仏選手権をそれぞれ1度制覇し、史上初のグランドスラムを達成したことでも知られています。テニスプレーヤーを引退した後にフレッドペリースポーツウエア社を設立。体になじむフィット感の高いポロシャツがプレーヤーの間で人気を博し、徐々に一般にも浸透していきました。

フレッドペリーのマフラーは、トラディッショナルなチェック柄と無地、ストライプなど、コーディネートしやすく誰にでも似合うデザインが多く採用されています。ブランドの象徴ともいえる月桂樹がさりげなく刺しゅうされているのもポイントです。

次ページ3ページへ

1 2 3 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ145
    夏の定番スタイルをオシャレに激変させる究極の一撃!
    その必殺技アイテムの使い方を解説。

    カジュアルウェア

    2022.06.20

  2. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ144
    レザースニーカーの新エースは、オン・オフ使える二刀流。
    おまけにイタリア生まれでコスパ最強!?

    カジュアルウェア

    2022.06.14

  3. 写真・図版

    日本焼肉、ここにあり!
    銀座の夜に、新しい大人の選択肢が登場。

    週末の過ごし方

    2022.06.23

  4. 写真・図版

    【目覚めの一発】義務化しないことが習慣への道
    10年後の自分を幸せに! 日々の生活に採り入れる簡単ストレッチ

    週末の過ごし方

    2022.06.24

  5. 写真・図版

    俳優・塩野瑛久が魅了する、ジュエリーの真価。
    #02 フレッド

    小物

    2022.06.22

紳士の雑学