週末の過ごし方

2022年の合言葉は、「ソーシャルグッド」。
着こなしにも、社会課題にも目を配っていきます

2022.01.01

写真・図版

明けまして、おめでとうございます!

WEBで、雑誌で、ご愛読いただき、ありがとうございます。アエラスタイルマガジンのチーム一同がいつも心掛けているのは、ビジネスパーソンの皆さまのリアルな視点に応えるコンテンツをつくることです。ビジネスウエアを提案するときには、働き方がどのように変化しているのかを考えます。ライフスタイルやカルチャーのトピックを選ぶときには、社会が、経済がどのような方向に進んでいるのかに目を配ります。この姿勢は、2008年に雑誌版を創刊したころからずっと変わっていません。

一方で、働き方はもちろん、社会も経済も、大きな変化が続いています。あらゆるシーンでのデジタル化、環境問題への配慮、ダイバーシティにおける意識改革などなど。さらには、新型コロナウイルスのパンデミックも起こりました。ビジネスパーソンの皆さまからは、リモートワークやシェアオフィスを活用したときの着こなしを教えてほしいという声も届いています。

「ビジネスウエアの着こなしにはルールがある」。アエラスタイルマガジンは、一貫してそのように申し上げてきました。ただ、常にルールは進化や変化していくものです。リモートワークのWEB会議であれば、上半身の着こなしがポイントになります。シェアオフィスには、会社とはまた違う暗黙のドレスコードがあるでしょう。そのような各論にひとつひとつ回答しながら、引き続き、着こなしルールの最新バージョンをお伝えしていきます。

そして2022年は、アエラスタイルマガジンWEBも、新しいバージョンに進化させていきます。キーワードになるのは、「ソーシャルグッド」という言葉です。グローバルにもローカルにも、いくつもの社会課題があります。現在の状況をどう分析して、将来へのビジョンをどう見立てていくのか。SDGsを語るときに、とかく環境へのアクションばかりが語られがちですが、環境の改善や持続はもちろん、働きがいの獲得も、ジェンダーの問題も、健康の実現も、教育の平等も、貧困の解決も、どれもが大切な問題ばかりです。そういったことにも目を配りながら、コンテンツをお届けしていきたいと思います。

ビジネスパーソンの皆さまが、よりよき未来のビジョンを描けますように。「ソーシャルグッド」な視点を持ちながら、心が動く、社会が動くコンテンツをお届けしてまいります。2022年もまた、多くのご意見をお寄せください。

20221年 元日
アエラスタイルマガジンWEB編集長
山本晃弘

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    1億円のコラボ作品も⋯⋯
    多才なアーティスト・三浦大地、
    自身初の個展を伊勢丹新宿店で開催中。

    特別インタビュー

    2022.07.29

  2. 写真・図版

    『TIME』誌で“世界一快適な靴”と称された、
    オールバーズのスニーカー

    2022.08.01

  3. 写真・図版

    日本限定のスペシャルコレクション!
    ジミー チュウが、藍染の作り手
    「BUAISOU」とコラボレーション。

    小物

    2022.08.09

  4. 写真・図版

    井桁弘恵さんと巡る、TOKYO写真探訪。
    第4回 中央区銀座

    週末の過ごし方

    2022.08.10

  5. 写真・図版

    「佐嘉平川屋」の佐嘉おぼろ
    自慢の手土産 #95

    接待と手土産

    2022.08.09

紳士の雑学