週末の過ごし方

『FLEABAG/フリーバッグ』
いま観るべき、おしゃれな海外ドラマとは? #15

2022.03.03

写真・図版

数々の賞を受賞し高い評価を得ていても、日本ではあまり話題にならない作品は多い。この英国発のコメディドラマ『FLEABAG』もそのひとつだ。

主演のフィービー・ウォーラー゠ブリッジは、脚本・製作も手がけ、英国中から「天才!」と絶賛の嵐。なんと当時33歳という若さで、エミー賞コメディ部門の最優秀主演女優賞、最優秀脚本賞、作品賞を獲得したかなりの逸材である。イギリスでは放送されるたび、彼女が着た服が飛ぶように売れ、作中に出てくるジントニックの缶ですら売上を伸ばし、社会現象となった。

フィービー演じる主人公には名前がない。一度も出てこないのだ。fleabag(フリーバック)とは、“ノミのたかった、みすぼらしい人、薄汚い恰好をした人”などの意味があるが、恐らく主人公のことを指しているのだろう。視聴者が試されているような演出だ。

ロンドンに住み、小さなカフェを経営している彼女は、異常なほど性欲が強い。衝動的で、皮肉屋、自由奔放、窃盗癖までもある。結婚相手を欲しているわけでもなく、恋人と付き合ったり別れたりを繰り返し、相手がいなくなればすぐ寝る相手を探しはじめる。

友人と始めたカフェは経営不振、銀行に融資を求めるも、とんだハプニングでチャンスを逃す。カフェで飼っているハムスターは、時折ネズミと勘違いされ、客は逃げ帰る。

母は数年前に他界し、ゴッドマザーは自信過剰な芸術家で、いつも嫌味を言ってくる。久々に父に会いに行けば、帰りのタクシーを呼ばれてしまう始末。姉はやり手のキャリアウーマンだが、柔軟性のない真人間。くだらない下ネタばかり言う旦那と、姉のことを変な目で見つめる連れ子もいる。

本作で特徴的なのは、第4の壁を越えて「彼の~最高!」「この人は~だ」と視聴者に向かって友人のように語りかけてくるところだ。時にはツッコミでもあり、眉をひそめこちらに同意を求めてきたり、セックスの具合までも視聴者に向かって話しかけてくるのだ。

しかしすべてが本音というわけではない。物言いたげな表情だけを向けてくるときもあれば、強がっているときもある。それに気付いたとき、すっかり名もなき彼女に夢中だと気付くことだろう。

次ページ問題と向き合うことで見えたものとは?

1 2 Next

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  2. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  3. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第5回 下北沢 胃袋にズキュン はなれ

    週末の過ごし方

    2022.11.30

  4. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第4回 下北沢 発酵デパートメント

    週末の過ごし方

    2022.11.22

  5. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館1階 メンズアクセサリー
    スタイリスト 星野聖人さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2022.11.25

紳士の雑学