カジュアルウェア

アメリカントラディショナルウエアが復活!
「シップス」にて再始動した、
「サウスウィック」のファーストコレクション。

2022.04.11

アメリカントラディショナルウエアが復活!<br>「シップス」にて再始動した、<br>「サウスウィック」のファーストコレクション。
ALL MADE IN USA ブレザー(ネイビー)¥99,000、オックスフォード ラウンドカラーシャツ(ホワイト)¥25,300、レジメンタルストライプ ネクタイ(ワイン)¥13,970

1929年に、イタリア系移民のグリエゴ兄弟によってアメリカのマサチューセッツ州、ローレンスにて設立されたテーラリングファクトリー「Southwick(サウスウィック)」。

アメリカントラディショナルの代名詞として君臨しつづけ、2020年までは、Brooks Brothers(ブルックス ブラザーズ)社の傘下にて、同社の最高峰ラインのスーツも製造。メイド・イン・USAを貫く希少なファクトリーとして、数多くのブランドのOEMも手掛けてきた。

「SHIPS(シップス)」は、この“アメリカントラディショナルウエアの歴史”とも言える「Southwick」のレガシーを継承し、USA製を中心としたウエアを展開。2022年4月中旬より、SHIPS公式オンラインショップおよびSHIPS MEN取り扱い全店舗で発売を開始予定。

Southwick 2022年春夏ファーストコレクション

  • 500_1
    GIZAコットン カノコ US ポロシャツ(ホワイト)¥15,950、コットン ウエポン 1タック IVY トラウザーズ(ベージュ系)¥31,900
    US ポロの代名詞とも言えるドロップテールのディテールと左胸のワンポイント刺繍がポイントの鹿の子ポロシャツ。オリジナルから型を起こし、腰まわりに適度なゆとりを持たせた、新型IVYトラウザーズとも好相性。
  • 500_2
    GIZAコットン クルーネック US Tシャツ¥10,450
    GIZAコットンを特殊紡績技術で撚(よ)り合わせたコンパクト精紡交撚糸を使用した日本製の生地を使用。SHIPSが独自に契約したアメリカのファクトリーにて縫製と仕上げを行い、アメリカ製でしか味わえない雰囲気に仕上がっている。
  • 500_3
    オックスフォード ラウンドカラーシャツ(ホワイト)¥25,300、レジメンタルストライプ ボウタイ(グリーン)¥8,800
    スーピマコットンを使用したオックスフォードのラウンドカラーシャツ。好相性のボウタイは、NYにあるハンドメイドのタイ専業ファクトリーにて製作。アメリカ式レジメンタルの右下がりで仕上げ、同ブランドらしく正統派な一本。
  • 500_4
    オックスフォード ストライプ ボタンダウンシャツ(ピンク)¥25,300、コットン ウエポン 1タック IVY トラウザーズ(ホワイト)¥31,900
    打ち込み(生地の織り感)までこだわった、オックスフォードストライプのボタンダウンシャツ。合わせたトラウザーズは、上品な光沢が特徴のコットンウエポン(チノツイル)素材を使用。どちらもSHIPSがアメリカ本土で開拓した工場にて縫製している。
1050_5
左手前:ロゴ マグカップ(オフホワイト)¥3,960
American Mug & Stein(アメリカン マグ&ステイン)社製のロゴ入りマグカップ。アメリカの陶器らしいしっかりとした重厚感のある武骨な雰囲気が特徴。カップの裏側(底面)にはアメリカ製を示す“USA”の刻印入り。

2022年秋冬には、さまざまなブランドやクリエーターとコラボレーションし、新たな Southwickを提案する予定。SHIPSは、伝統を継承するとともに、両者のアイデンティティーがミックスされたこれまで以上にSouthwickの魅力や価値の可能性を広げていく。

掲載した商品はすべて税込み価格です。

問/Southwick 特設サイト

Text:AERA STYLE MAGAZINE

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で<br>マッチが“昭和”にタイムスリップ!? <br>マッチと町中華。【第13回】

    笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で
    マッチが“昭和”にタイムスリップ!?
    マッチと町中華。【第13回】

    週末の過ごし方

    2024.04.26

  2. 俳優・町田啓太と考える、装う美学。<br>心を解き放つ、「皐月」のスーツ。<br>【第二期】

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    心を解き放つ、「皐月」のスーツ。
    【第二期】

    週末の過ごし方

    2024.05.17

  3. 時を駆けて、クラシックを知る。<br>─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    時を駆けて、クラシックを知る。
    ─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    特別インタビュー

    2024.05.10

  4. 水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】<br>─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】
    ─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    特別インタビュー

    2024.05.09

  5. ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、<br>トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは? <br>ファッショントレンドスナップ199

    ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、
    トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは?
    ファッショントレンドスナップ199

    カジュアルウェア

    2024.05.14

紳士の雑学