お酒

シャンドンから初めて登場する、
オーガニックスパークリングワイン
「シャンドン シャン デ シガル」。

2022.04.18

シャンドンから初めて登場する、<br>オーガニックスパークリングワイン<br> 「シャンドン シャン デ シガル」。

1959年の創業から、世界6カ国のワイナリーで上質で繊細なスパークリングワインを造り続ける「CHANDON(シャンドン)」から、初のオーガニックスパークリングワイン「シャンドン シャン デ シガル」が発売された。

「シャンドン シャン デ シガル」は、南フランスにあるコート・ド・プロヴァンス(※1)産の有機栽培ブドウのみを使用したオーガニックスパークリングワイン。醸造の技術責任者オードリー・ブルジョアを中心に最高峰のシャンパーニュを手がけてきた、元ドン ペリニヨンの醸造最高責任者リシャール・ジェフロワ、元クリュッグ最高醸造責任者、現クリュッグ副代表兼取締役エリック・ルベル監修のもと、「CHANDON」初のオーガニック スパークリングワインが誕生。
※1 フランス最大のロゼワインの生産地

  • 500_1 Chandon-ChantDesCigales
    オーガニックスパークリングワイン シャンドン シャン デ シガル 750㎖ ¥3,905(2022年4月上旬発売)
    塩味とほのかなリコリスの余韻が感じられる。際立った存在感とバランスを持つ味わいや果実本来の甘さ、そして飲みやすさが特徴。
  • 500_2 CHANDON GLASS
    そのまま、または氷1個を浮かべてロックスタイルでもおいしく楽しめる。氷を浮かべることで、バランスや複雑さを損なうことなく、スッキリとした飲みやすい味わいに。通常、氷を入れるのは甘口ワインの飲み方だが、「シャンドン シャン デ シガル」の場合はより印象的な味わいが引き出される。

フランス語で“蝉の歌”を意味する「シャン デ シガル」は、まるで蝉が歌うように繊細な微発砲の泡立ちが特徴のロゼスパークリングワイン。南フランス産を含む8つのブドウ品種をブレンドし、フルーティーで複雑なアロマを持つ洗練された味わいとその口当たりは、スティルワインの存在感とバランスにスパークリングワインの飲みやすさを兼ね備えている。

環境問題に配慮し、これまでのボトルよりも30%の軽量化に成功。スパークリングワインのボトルのなかでも軽量(560g)を実現。また、ブドウのアロマを残すためシャルマ製法で造られるなど、しきたりや慣習を超え、フロンティア精神にあふれる「CHANDON」の魅力が詰まった新しいスパークリングワイン、「シャンドン シャン デ シガル」をお楽しみいただきたい。

掲載した商品はすべて税込み価格です。

問/MHD モエ ヘネシー ディアジオ 03-5217-9733

Text:AERA STYLE MAGAZINE

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で<br>マッチが“昭和”にタイムスリップ!? <br>マッチと町中華。【第13回】

    笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で
    マッチが“昭和”にタイムスリップ!?
    マッチと町中華。【第13回】

    週末の過ごし方

    2024.04.26

  2. 俳優・町田啓太と考える、装う美学。<br>心を解き放つ、「皐月」のスーツ。<br>【第二期】

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    心を解き放つ、「皐月」のスーツ。
    【第二期】

    週末の過ごし方

    2024.05.17

  3. 時を駆けて、クラシックを知る。<br>─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    時を駆けて、クラシックを知る。
    ─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    特別インタビュー

    2024.05.10

  4. 水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】<br>─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】
    ─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    特別インタビュー

    2024.05.09

  5. ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、<br>トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは? <br>ファッショントレンドスナップ199

    ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、
    トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは?
    ファッショントレンドスナップ199

    カジュアルウェア

    2024.05.14

紳士の雑学