カジュアルウェア

ファッショントレンドスナップ146
知る人ぞ知る福島発のハンドメイドバッグ「FUKURAFT」。
老若男女を引きつける魅力を探る。

2022.06.23

写真・図版

今回は、赤坂のアークヒルズで毎月第4日曜日に開催されている蚤の市「赤坂蚤の市 in ARK HILLS」に、FUKURAFTが出店していたので、アポなし突撃取材をさせていただきました。

写真のように大きさもデザインもさまざまで個性的なキャンバスバッグが並んでいました。実際に手に取り肩がけすると、シンプルなデザインながら使い勝手をよくする工夫が随所に。

「忘れられようとしている昔ながらの製法と普遍的なデザインをもとに、オリジナルを感じさせるバッグ作りを心がけています。出展するイベントや信頼する卸先のショップさんを通して、2018年にスタートしてから徐々にファンが増えてきている手応えを感じています。今年は、地元や東京のイベントにも積極的に出展する予定です。インスタグラムなどのSNSの出展スケジュールを確認して、ぜひ遊びに来ていただきたいです」と語るのは、オーナーで職人の園田倫也さん。

イタリアにはスローフードという考えが根付いますが、これは地元の固有の食材を守りそれを昔ながらの味で提供したり、いまの時代に合う料理にアレンジして広めながら、地域の食文化を継承して新しい価値を生み出すという運動。(注)個人的な解釈ですが……。

日本でもスローフードの考え方は浸透してきていますが、工芸品にも同じように日本の古来のもモノづくりをリスペクトしつつ、現代の生活にフィットするデザインに仕上げているクラフトマンが増えています。

今回、園田さんのお話をお聞きしていると、日本にもイタリアのような新しい発想が根付いてきているのを実感しました。

写真・図版
バッグ(サイズ W20cm D16cm H25cm ) ¥9,790/FUKURAFT https://fukuraft.com/
※時期により在庫の有無、サイズ、カラーバリエーションが変わります

園田さんが手にされていたのがこちらのバッグ。素材は倉敷の9号パラフィンキャンバスを使っています。マチ幅を広く取っているので、見た目以上に収納力があります。ユニークなのは開口部分についてあるスナップボタンを留めるとトートバッグのようにも見えるという工夫が。画像はホームページ参照https://fukuraft.com/items/623eb3cd047a9d6e9be38f03

写真・図版

こちらは、FUKURAFTのバッグに付けられている金属のブランドタグ。実はこれはわざわざアメリカから取り寄せているとか。小さなパーツですが、デザインを引き締める重要なポイント。ビンテージのワークウエアが好きな人には、刺さる仕様に。

写真・図版
トートバッグ ¥12,100 、ハンドルバンダナ¥2,000/フクラフト https://fukuraft.com/
※時期により在庫の、サイズ、カラーバリエーションが変わります。

こうしたデザインのバッグも作られています。持ち手には別売りのリネン製ハンドルバンダナが巻かれています。こうした使い方をするとすぐさま女性向きのバッグにイメチェンします。こうした提案もこのブランドの腕の見せどころ。

トレンドスナップのまとめはこちら

Photograph & Text:Yoichi Onishi

1 2 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    1億円のコラボ作品も⋯⋯
    多才なアーティスト・三浦大地、
    自身初の個展を伊勢丹新宿店で開催中。

    特別インタビュー

    2022.07.29

  2. 写真・図版

    『TIME』誌で“世界一快適な靴”と称された、
    オールバーズのスニーカー

    2022.08.01

  3. 写真・図版

    日本限定のスペシャルコレクション!
    ジミー チュウが、藍染の作り手
    「BUAISOU」とコラボレーション。

    小物

    2022.08.09

  4. 写真・図版

    井桁弘恵さんと巡る、TOKYO写真探訪。
    第4回 中央区銀座

    週末の過ごし方

    2022.08.10

  5. 写真・図版

    「佐嘉平川屋」の佐嘉おぼろ
    自慢の手土産 #95

    接待と手土産

    2022.08.09

紳士の雑学