ジャケット

爽やかな風が体を通り抜ける、
シテラのジャケット

2022.08.18

爽やかな風が体を通り抜ける、<br>シテラのジャケット
¥39,600/シテラ

古い常識や悪しき慣習にとらわれず、常に価値観を更新することの必要性が問われる現代。消費行動やモノ選びひとつとっても“ソーシャルグッド”という観点が求められている。環境への配慮や不平等の是正など、持続可能な未来に向けてなにか社会貢献に寄与しようという動きである。そんな“ソーシャルグッド”をキーワードに、時流をくんだおすすめのファッションアイテムを日替わりで紹介。今回は、多様な働き方に伴い、ビジネスウエアの新定番となった“機能派ジャケット”をピックアップ。

「創造的な移動を続ける都市生活者のための機能服」をコンセプトに掲げるブランド、シテラ。ドイツ語で港を意味する“Hafen(ハーフェン)”を名に冠した写真のジャケットは、胸元と袖に大きな通気口を開けたもの。港に船や人が絶え間なく出入りするように、衣服と体の間を涼しい風が通り抜ける工夫が施されている。ファブリックには、高い撥水性とストレッチ性を兼備する機能素材「パーテックス® アンリミテッド︎」を採用。軽やかなテクスチャーとマットな色みも相まって、肩肘の張らないジャケットスタイルを演出する。ポケットのネームタグやリベット処理など、ワーク風のディテールがあるかと思えばナローラペルで品のよさを添えるなど、折衷的でありながら均整のとれた仕上がりに。自宅で洗濯できるイージーケアに加え、左右両利きに対応する内ポケットや腕の滑りとベンチレーションを両立する裏地のメッシュなど、ユーザー目線に立ったつくりも秀逸。“スーツはサラリーマンの戦闘服”という常套句は現代ではややマチズモ(男性優位主義)的だが、機能性に富んだこんなジャケットであれば、仕事への意欲もぐっと高まりそうだ。

問/ヤマト インターナショナル 03-5493-5651

掲載した商品は税込み価格です。

Photograph: Ryohei Oizumi
Styling: Hidetoshi Nakato(TABLE ROCK.STUDIO)
Text: Tetsuya Sato

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. なじみの街、浜松町「東海飯店」で<br>MCマッチ!?が餃子を頰ばり“生トーク”!<br>マッチと町中華。【第11回】

    なじみの街、浜松町「東海飯店」で
    MCマッチ!?が餃子を頰ばり“生トーク”!
    マッチと町中華。【第11回】

    週末の過ごし方

    2024.03.29

  2. ホテルインディゴ軽井沢で、<br>憧れの“別荘時間”を楽しむ。

    ホテルインディゴ軽井沢で、
    憧れの“別荘時間”を楽しむ。

    週末の過ごし方

    2024.04.15

  3. 半蔵門『三貴苑』で“麺喰い”マッチも驚く<br>絶品つけめんに舌つづみ!<br>マッチと町中華。【第12回】

    半蔵門『三貴苑』で“麺喰い”マッチも驚く
    絶品つけめんに舌つづみ!
    マッチと町中華。【第12回】

    週末の過ごし方

    2024.04.12

  4. 発売を記念したポップアップストアも登場!<br>「ボス」のブランドアンバサダー・大谷翔平選手との<br>新作カプセルコレクションを発表。

    発売を記念したポップアップストアも登場!
    「ボス」のブランドアンバサダー・大谷翔平選手との
    新作カプセルコレクションを発表。

    カジュアルウェア

    2024.04.11

  5. よりカジュアルに楽しめる!<br>本場イタリアを思わせる陽気なトラットリアとして、<br>青山グランドホテル20階に“大人の食堂”が誕生。

    よりカジュアルに楽しめる!
    本場イタリアを思わせる陽気なトラットリアとして、
    青山グランドホテル20階に“大人の食堂”が誕生。

    週末の過ごし方

    2024.04.10

紳士の雑学