PROMOTION

週末の過ごし方

俳優・桜田 通×MINI ジョン・クーパー・ワークス
新しい日常へクラスアップ。

2022.09.08

写真・図版

紳士服の原型を確立したのが英国であることは広く知られている。スーツや靴など、今にいたるベーシックアイテムを完成させた功績は大きい。そうしたオーセンティックさへのこだわりとともに、ストリートから生まれるブリティッシュパンクなど、モダンなスタイルへの希求も抜きんでている。

今年12月で31歳を迎える桜田 通さんの俳優としてのキャリアは、すでに17年におよぶ。「周囲のサポートを受けるばかりの身だった」という20歳の頃、初めてひとりで生活したのがロンドンだった。事前に抱いていたクラシックな印象はいい意味で裏切られたと語る。

「若いクリエイターが集まるエリアによく行きました。みんなすごく自由で楽しかったですね。いつか彼らと仕事をしてみたいと思いました」

孤独な生活のなかで桜田さんが受けた異国での刺激は、俳優・アーティストとして活躍する今へと至る原動力になったに違いない。

伝統と革新、反発するようなふたつの要素が表裏一体。そうした英国にルーツを持つMINI ジョン・クーパー・ワークスに、桜田さんも素敵なサプライズを覚えたようだ。

「赤の使い方がいいですね。昔ながらの良さをうまくアップデートしていると思います」

ジョン・クーパー・ワークス専用色のレベル・グリーンをベースに、サイドミラーやルーフ、サイドスカットル、ブレーキキャリパーは鮮やかなチリ・レッド。さらに縦に走る太い黒のボンネットストライプを挟む細い2本のラインにも配されている(ジョン・クーパー・ワークス・ボンネット・ストライプ)。ハニカム状のフロントグリルを横切る一文字の配色も見事なアクセントだ。

「イギリスらしい押し出しだと思います」

意外性はカラーリングだけでなく、車内空間も同様。

「コンパクトに見えますが、乗り込んでみると広く感じます。快適ですよね」

外見から受けるのはコンパクトなサイズ感だが、運転席は想像以上にゆったり。内装にも選び抜かれた素材が使われている。ステアリングはナッパレザー、シートはエコなダイナミカレザー。上体を支えるスポーツシートは適度な固さがありつつ、体が包みこまれるような心地よさ。往年のMINIにあったセンターメーターを模したディスプレイは見やすく、ドライブの際のストレスを軽減してくれる。

  • 写真・図版
    新しいフロントスポイラーと大型エアインテークを装備したフェイス。ハニカム状のグリルが醸し出すスパルタンな顔つきに、チリ・レッドのラインが印象的な艶を添える。
  • 写真・図版
    強力な制動力をサポートする4ピストンのブレーキキャリパー、サイドスカットルに赤のポイントとエンブレムをあしらい、スポーティーさを演出。
  • 写真・図版
    ダッシュボードの中央に配されたセンター・ディスプレイはスマートフォン・インテグレーション(Apple CarPlay)を搭載。iPhoneをMINIのセンター・ディスプレイで表示し、操作をすることが可能。タッチ・パネルでの直観的操作や音声操作で、道順を調べる、電話をかける、メッセージを送受信する、そしてもちろん大好きな音楽を愉しむことも。ステアリングの奥にはマルチ・ディスプレイ・メーター・パネル。速度やエンジン回転数、燃料残量、走行距離などをブラックパネルで見やすく表示。
  • 写真・図版
    リアのセンターには太めのツインエキゾースト・テールパイプ。心地いい咆哮がドライビングのテンションをアップさせる。
写真・図版

もちろん、MINI ジョン・クーパー・ワークスならではの運転の楽しさも申し分ない。DOHC(ダブルオーバーヘッドカムシャフト)にターボを組み合わせたエンジンにより、パワフルに加速。しっかりとした足回りやハイスペックなトランスミッション、小気味いいエンジン音で、MINIの代名詞ともいえる“ゴーカートフィーリング”を満喫させてくれる。さらに特筆すべきは俊敏さ。切れのいいハンドリングと優れたブレーキ性能を兼ね備えるうえ、小回りの良さは抜群だ。道幅がコンパクトで、ストップ&ゴーの多い街乗りでこそ真価を発揮するだろう。桜田さんもそのキビキビしたパフォーマンスに感嘆。

桜田さんは数年前に自動車免許を取得、クルマを購入したことで大きくライフスタイルが変わったと語る。

「クルマの中だとすごくリラックスできます。好きな時に自分の責任で出かけられるのがいい」

外出が多くなり、行動範囲も広がった。家族や親しい友人とのドライブも増えた。また外出時の暑さ、寒さに晒されるストレスが減ったほか、手荷物が身軽になるなどいいことずくめだという。

写真・図版
身長180cmの桜田さんが座ってもリラックスできる。「車体の先端がちゃんと見えて運転しやすいですね」と乗りやすさに太鼓判。

「行けなかった場所にも行けるようになったし、出会うことのなかった人にも会えるようになった。心の自由度が広がりましたね」

桜田さんにとってクルマは、しっかりと生活に根付いたヴィークル。そして知らなかった世界を見せてくれる水先案内人。そんなビジョンを持つ桜田さんに、MINI ジョン・クーパー・ワークスで出かけたい場所について聞いてみた。

「遠出するのもいいですが、MINIだと街中のちょっとした距離でも乗りたくなります。あえてクルマで行かなくてもいい近場でも、ドライブを楽しめそうです」

ユーティリティだけがクルマの存在意義ではない。何百キロ先のディスティネーションとの往復だけでは物足りない。ステアリングを握り、アクセルを踏み込めば、おなじみの街が新しい地平となる。伝統と革新から生まれたMINI ジョン・クーパー・ワークスの走りは、桜田さんに新しい気づきを与えてくれたようだ。

写真・図版
街乗りはもちろん、高速道路やカーブの多い峠道など、あらゆる場面でドライブの楽しさを満喫させてくれる。乗るほどにポテンシャルを感じるはずだ。
写真・図版

<データ>
車名:MINI ジョン・クーパー・ワークス 3ドア
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3880×1725×1430mm
ホイールベース:2495mm
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直列4気筒 DOHC 16バルブ・ツインパワー・ターボ
トランスミッション:8速AT
エンジン最高出力:170kW(231ps)/5200rpm
エンジン最大トルク:320Nm/1450〜4800rpm
タイヤ:205/45R17(標準仕様)
車両本体価格(税込):¥4,830,000~

※掲載の車両は、現在販売中のモデルとは仕様が異なる場合があります。
詳しくはお近くのMINI正規ディーラーまでお問い合わせください。

問/MINIカスタマー・インタラクション・センター 0120-3298-14
https://www.mini.jp/

桜田 通(さくらだ・どおり)
1991年生まれ。2005年に俳優デビュー。ミュージカル『テニスの王子様』で主役に抜擢(ばってき)され、さまざまな作品に出演する。2022年12月にはNetflix『今際の国のアリスSeason2』が公開予定。役者業以外にもファンクラブ「Sakura da Space Society」の設立、音楽活動ではZeppツアーを行うなど、アーティストとしても精力的に活動中。

ジャケット¥429,000、ニット¥81,400、パンツ¥104,500、シューズ¥130,900/すべてダンヒル(ダンヒル 0800-000-0835

掲載した商品はすべて税込み価格です。

写真・図版

Photograph:Masahiro Okamura(CROSSOVER Inc.)
Styling:Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Hair & Make-up:MIZUHO(Vitamins)
Text:Mitsuhide Sako
Edit:Tomoko Higai,Haruhiko Ito (AERA STYLE MAGAZINE)
Direction:Shingo Fujioka(AERA STYLE MAGAZINE)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴
    スタイリスト 佐藤 魁さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2022.09.16

  2. 写真・図版

    ローマの旅路動画を公開!
    アンバサダーである山下智久が、
    ブルガリ本店&工房を訪問。

    週末の過ごし方

    2022.09.12

  3. 写真・図版

    黒スーツ(ブラックスーツ)はビジネスでOK?
    着こなしのポイントやコーディネートを解説

    スーツ

    2022.09.16

  4. 写真・図版

    「ポアール・デ・ロワ」のフルーツソルベ
    自慢の手土産 #98

    接待と手土産

    2022.09.21

  5. 写真・図版

    ユニクロ ユーの新作が登場!
    生活を豊かにする機能性と汎用性に優れた、
    2022年秋冬コレクション。

    カジュアルウェア

    2022.09.22

紳士の雑学