カジュアルウェア

SHOWCASE
〝いいかげん〞にこだわり尽くしたセーター。

2023.01.06

ファッションエディターの審美眼にかなった、いま旬アイテムや知られざる名品をお届け。

写真・図版
パパスだけの仕様で別注したジャミーソンズ。中央は編み地だけを輸入し、日本でパッチワークのように組み立てたこだわりの品だ。左から¥74,800、¥90,200、¥69,300/すべてパパス(パパス 03-5469-7860

パリやミラノのモードブランドから、ヨーロッパの名門テーラー、アメトラ、ビンテージ、民族衣装etc.……。自分で言うのもなんだけど、2010年代の僕は、ありとあらゆる洋服を着て新しい情報を追いかけてきた、相当な洋服バカ。その名残で、今でも「山下さんは、最近何に注目しているんですか?」などと聞かれることも多いのだが、最近は返答に困ってしまう。「う〜ん、いいかげんな感じが好きかな」くらいのことしか言えないのだ。やせがまんするのも、計らうのも、高そうな服を着るのも気分じゃなくて、自分の生活にフィットする普通の服がいい。まあ、だからといってなんでもいいわけじゃないってのが、また厄介なところなのだが……。

そんな今の自分の感覚を、具体的に表現するならパパスになる。そう、百貨店でよく見かける、あのパパスである。正直言って数年前まで全くのノーマークだったが、ここの服がなぜだか気になって仕方ない。アーネスト・ヘミングウェイの愛称〝パパ〟から名付けられたこのブランドは、創業から約35年にわたって、徹底的にこだわった服づくりと、アンチファッションという姿勢を同時に貫いてきた。もしかしたら、ここの服は、ちょっと前の僕のような人間には、見つけられない類いのオーラを発しているのかもしれない。だとすると、そんな服の魅力がわかるようになった自分が、なぜだか誇らしく思えてくる。

今季僕が気に入ったフェアアイル柄のニットは、スコットランドのジャミーソンズというファクトリーにつくらせたもの。ぱっと見普通に見えるのだが、そういう雰囲気、シルエットに仕上げるためのたくさんの工夫が施されている。要するに〝いいかげん〟とは〝適当〟ってことじゃなくて、まさに〝いい加減〟。この境地にたどり着くまでに、どれほどこだわれるか? おしゃれだけじゃなくて、自分がこれから目指すべきスタンスを、このブランドから教えられた気がする。

山下英介(やました・えいすけ)
ライター・編集者。1976年生まれ。『LEON』や『MEN'S EX』などの編集や、『MEN’S Precious』のクリエイティブ・ディレクターに従事した後、独立。趣味はカメラと海外旅行。

   メイド・イン・川越の手づくりアイウエア。 はこちら>>>

「アエラスタイルマガジンVOL.53 AUTUMN / WINTER 2022」より転載

Photograph: Ryohei Oizumi
Styling: Hidetoshi Nakato (TABLE ROCK.STUDIO)

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    「てのしま」の寿司詰め合わせ
    すべて実食!自慢の手土産 #103

    週末の過ごし方

    2023.01.20

  2. 写真・図版

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    グレースーツを「睦月」にまとう。

    週末の過ごし方

    2023.01.17

  3. 写真・図版

    コートスタイルをスマートに格上げするうわさのセーター。
    タートルネック、モックネックどちらが正解!?
    ファッショントレンドスナップ 170

    カジュアルウェア

    2023.01.24

  4. 写真・図版

    BEST BAGS FOR DIFFICULT REQUEST
    ラフに肩掛けしても様になるジョルジオ アルマーニ
    【“旅するバッグ”を探せ。】

    バッグ

    2023.01.04

  5. 写真・図版

    北海道ニセコの名宿「坐忘林」。
    美しくも厳しい自然と共存するソーシャルグッドな知恵と工夫。

    週末の過ごし方

    2023.01.20

紳士の雑学