美しい時計

セイコー、 「常に時代の一歩先を行く」を限りなく追求

2017.06.29

写真・図版
「セイコー アストロン エグゼクティブライン 8Xシリーズ デュアルタイム ホンダジェットスペシャル限定モデルSBXB133」。GPSソーラー、ケースはチタン、直径46.1㎜ ¥280,000(※1)

 セイコーが世界初のGPSソーラーウオッチ「アストロン」を発表したのは2012年。その翌年に腕時計製造開始100周年を記念して、ケースバックに創業者の名前と経営理念を英文で刻印した特別限定モデルが発売された。ONE STEP AHEAD OF THE REST。

「常に時代の一歩先を行く」という言葉は「アストロン」の革新性にふさわしいだけでなく、130年にも及ぶ歴史を凝縮したものといえる。

 セイコーが国産初の腕時計「ローレル」を発売したのは1913年。スイスに比べてはるかに遅いスタートというだけでなく、関東大震災により工場が全焼するなどハンデも背負った。それでもスイスをキャッチアップして、1967年には精度を競うヌーシャテルの天文台コンクールで上位を独占。150m防水ダイバーズなど「国産初」も連発してきたが、それが「世界初」に進化する転機となったのが1964年の東京オリンピックだ。高精度のストップウオッチを開発して公式計時を認められたセイコーは、最先端のクオーツを小型化・実用化してデジタル化を推進。スポーツ計時の新時代を開いた。

写真・図版
(※2)

 この技術革新をベースとして1969年に誕生したのが世界初のクオーツ腕時計「アストロン」だ。セイコーではこれを第一の革命として、第二の革命にあたるGPSソーラーに同じ名称を与えている。こうしたハイテクだけでなく「クレドール」では機械式の華ともいえるトゥールビヨンなど超複雑機構で「匠の技」を追求している。

 今年のバーゼルワールドでは、前述した国産初のダイバーズをスポーツシリーズの「プロスペックス」として復刻。その一方で、最先端の「アストロン」に「ビッグデイト」を追加。「ノバク・ジョコビッチ2017限定モデル」もラインアップしている。

 また、デザインと外装スペックをアップグレードした「エクゼクティブライン」が世界の注目を集めた。ホンダジェットとのコラボモデルも登場。「プロスペックス」とともにグローバルブランドとして飛躍することが、次に目指す「一歩先」といえそうだ。

  • 写真・図版
    「セイコー アストロン 8Xシリーズ ビッグデイト ノバク・ジョコビッチ2017限定SBXB143」。分割式大型日付表示。GPSソーラー、ケースはステンレススチール、直径45.5㎜ ¥200,000(9月22日発売予定)
  • 写真・図版
    「セイコー プロスペックス ダイバースキューバ ヒストリカルコレクション SBDC051」。国産初のダイバーズをリファイン。自動巻き、ケースはステンレススチール、直径42.6㎜ ¥100,000(7月21日発売予定)
  • 写真・図版
    「セイコー プロスペックス ダイバースキューバ ヒストリカルコレクション SBDX019」。国産初のダイバーズを復刻。自動巻き、ケースはステンレススチール、直径39.9㎜ ¥350,000(7月8日発売予定)

問/セイコーウオッチ お客様相談室 0120-061-012

掲載した商品はすべて税抜き価格になります。

Photograph:Fumito Shibasaki(DONNA)※1、Mitsuya T-Max Sada※2
Text:Keiji Kasaki(Team Spiral)

SHARE

写真・図版

セイコー、 「常に時代の一歩先を行く」を限りなく追求

シェアする
Hatena Bookmark

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    俳優・岸谷五朗、街を呼吸する。
    第三回 築地

    旅と暮らし

    2017.10.12

  2. 写真・図版

    バーバリーで、これが欲しい。
    より着やすく進化した英国老舗の本格コート

    旬のおすすめ

    2017.10.10

  3. 写真・図版

    結う装い。
    ― タケオキクチが贈る心 ―

    旬のおすすめ

    2017.09.22

  4. 写真・図版

    世界陸上で活躍するアスリートたちの“腕時計”にも注目

    美しい時計

    2017.08.10

  5. 写真・図版

    ニューヨーク発「ベンジャミン ステーキハウス」が日本初上陸!

    旅と暮らし

    2017.07.07

紳士の雑学

調べ・見立て