旬のおすすめ

ファッション トレンド スナップ4

2017.07.27

写真・図版 大西陽一

写真・図版

今回は、ピッティでいちばんよく見かける、ジャケットのコーディネートをピックアップしてみました。
日本ではここ数年クールビズでカジュアルなスタイルが定着したとはいえ、この時期にジャケットを着こなしているビジネスマンの姿は、それほど多いとはいえません。
その理由は、ジャケットのほうがスーツに比べ、コーディネートをそれなりに考えないといけないことにあります。

こうしたネガティブな印象を解決する方法が、王道の白パン合わせ!
ピッティでは、ドレスアップからカジュアルまでさまざまなジャケット&白パンスタイルがあふれています。

まずは、ドレスアップから。

写真・図版

左の太いストライプのジャケットは、今年のトレンドではありますが、日本のビジネスシーンで実践している方は限られますね……。
クセの強いジャケットも、白パンを合わせると全体がほどよく中和されます。
靴の色もポイントです。ここは茶系でないとしっくりまとまりません。
個人的には茶ローファーなどにすると、もっとヌケ感が出ていいかもと思います。

ちなみに……、隣のスリーピース姿の女性も素敵です!

写真・図版

こちらのミスターは、細いストライプで畝(うね)に凹凸のあるシアサッカーと呼ばれる夏用生地を使ったジャケットに白パン。
インナーは白Tシャツで靴も白スニーカー。こうするとジャケットを着ていても涼しく見えますよね。

日本人からすると、このコーディネートはカッコイイけど、ジャケット脱いだら全身が白で締まりのないスタイルになってしまいませんか? という疑問が湧くはず。
それをイタリア人に聞いてみると「私たちはレストランに入ってもジャケットは脱がないんだ! それにインナーからつま先まで白だとエレガントだしね」との回答。
機能性や快適性よりも、まず第一に見た目を優先するイタリア人らしいお答えでした。

写真・図版

こちらは日本のビジネスシーンでも活躍する定番、グレージャケット&白パンスタイル。

ジャケットの腰ポケットが、フラップではなくパッチポケットになっているのが、この方のポイント。
フラップポケットだと、グレースーツの上だけ着てます的な、ちょっとかしこまった感じに見えがちですが、パッチポケットならそうした生真面目さは出てきません。

さて、いつも唐突ですが、今回はここでおしまいに。
次回はミラノのカジュアルスタイルをお送りする予定です。

プロフィル
大西陽一(おおにし・よういち)
数々の雑誌や広告で活躍するスタイリスト。ピッティやミラノコレクションに通い、日本人でもマネできるリアリティーや、さりげなくセンスが光る着こなしを求めたトレンドウォッチを続ける。

Photograph & Text:Yoichi Onishi

SHARE

写真・図版

ファッション トレンド スナップ4

シェアする
Hatena Bookmark

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    スーツにハイソックスを履いていないことは恥であると知るべし
    [男の服飾モノ語り]

    紳士の雑学

    2017.12.01

  2. 写真・図版

    ダウンベストを着こなすときに気にするべき2つのポイント。

    旬のおすすめ

    2017.11.02

  3. 写真・図版

    モンクレールで、これが欲しい。
    一着で二度美味しいダウンセーター

    旬のおすすめ

    2017.11.17

  4. 写真・図版

    メルセデス初のクロスオーバーモデルは、
    都会人のジレンマを払拭するか?

    旅と暮らし

    2017.12.01

  5. 写真・図版

    プロゴルファー・堀 琴音、束の間の素顔 #1
    [美女スナップ]

    旅と暮らし

    2017.12.04

紳士の雑学

調べ・見立て