紳士の雑学

自分スタイルのスーツを楽しむ。

2017.09.04

写真・図版 松山 猛

写真・図版

自分好みのスーツのスタイルを身につけるには? まずはどのような生地を選ぶかからそれは始まる。無地のフランネル、ストライプ、グレンチェックのような格子柄、あるいはバーズアイのような個性のある生地を選ぶのか。

仕立て方も、シングルブレステッドなのか、あるいはダブルブレステッドなのか? ボタンの数は? ポケットの形は? 今度はチェンジポケット付きにしてみようか? そうそうサイドベンツか、あるいは深めのセンターベントか?

写真・図版
写真は松山氏も通う横浜の「テーラーグランド」。ちなみに、本文中の「友人のテーラー」とは京都の「hamadas」だとか。

襟の形やその幅の太さ、あるいは細さはいかほどに? また襟の切り替えの位置も、高いか低いか? ひとくくりにスーツと言っても、そのスタイルは実のところ千変万化だ。

男たちが現代風スーツの原型を着だしてから、もう100年以上の時がたった。それ以前のフロックコートのようなスタイルから、より活動的で機能的なデザインが、英国ロンドンのサヴィル・ロウを中心としたテーラーから生まれ、いつの日かそれが男たちの着る物のスタンダードとなったのだった。

やがてその亜流として、さまざまな国でさまざまなスタイルが生まれた。近年のイタリアのクラシコと呼ばれるスタイルまでスーツのバリエーションは多く、そのなかから自分に似合うものを見つけることが肝心だ。

  • 写真・図版
    大型船の汽笛がむせぶ港町・横浜の、昭和の薫り漂う重厚なビル(1930年竣工)にその店はある。
  • 写真・図版
  • 写真・図版
    店内には多種多様な型紙や仮縫い中のスーツ、専門的な工具などが所狭しと並ぶ。
  • 写真・図版

僕もいろいろなスーツスタイルを試してきたが、40歳を過ぎたころから、パリのテーラー「アルニス」のフィッシュマウスと呼ばれる独得の襟型の、スラントしたポケットで、チェンジポケットをもつシングル3つボタンを好むようになった。

この重心を上にもっていくように見えるスタイルは、僕のあまりよろしくない体形を、なんとなくカバーしてくれるように思えるからだった。

もうひとつのお気に入りは、友人のテーラーであつらえる、シングル2つボタンで、ピークドラペルをもつデザインのスーツやジャケットとベストの組み合わせ。

  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
    作業の要は、やはり手仕事。千姿万態の注文主に応じて、ミリ単位の調整を施す。
  • 写真・図版

スーツを語るとき、昔の人は紺に始まり紺に終わると言ったことを思い出す。紺のほかにはやはりグレーのさまざまな濃淡の生地もスタンダードだが、もし似合うならこれもまたさまざまな表情をもつ茶系のスーツも、個性的に装うにはよいものだ。茶系の靴を好む僕も、ピークドラペルで2つボタンの、パリ仕立てのプレタポルテ・スーツに同系色のシャツやブルー系のシャツを合わせて、今年のおしゃれを楽しもうと考えている。

プロフィル
松山 猛(まつやま・たけし)
作詞家、作家、編集者。映画『パッチギ』の原案となった『少年Mのイムジン河』ほか、著書多数。メンズファッション業界の御意見番でもある。

出典:永久保存版「スーツ」着こなし事典(朝日新聞出版)

SHARE

写真・図版

自分スタイルのスーツを楽しむ。

シェアする
Hatena Bookmark

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ダウンベストを着こなすときに気にするべき2つのポイント。

    旬のおすすめ

    2017.11.02

  2. 写真・図版

    名物ぞろい! 昭和のパワーランチを生んだ〝街の中華店〞
    [部長の名店]

    旅と暮らし

    2017.11.14

  3. 写真・図版

    アウトドアウエアを街着としてアップデートする方法

    旬のおすすめ

    2017.11.17

  4. 写真・図版

    なぜBMWには「走りがいい」という形容が使われつづけるのか?

    旅と暮らし

    2017.08.08

  5. 写真・図版

    ラルフ ローレンで、これが欲しい。
    パッチワーク「風」が小粋なカシミヤジャケット

    旬のおすすめ

    2017.11.15

紳士の雑学

調べ・見立て