旬のおすすめ

エルメスで、これが欲しい。
エレガントを極めた傑作ストール

2017.10.02

写真・図版

メゾンのオリジンは、ティエリ・エルメスが1837年に興した高級馬具製造のアトリエに求められる。特にエルメスの傑作として知られるのが、エルメス黎明期に生み出されたオータクロアなるバッグ。その初出となったのは実に1892年。かの伊藤博文が第二次内閣を率いて立ち上がった年というから歴史の深さがうかがえる。

そんなエルメスは、馬具から始まりさまざまな鞄作りや物作りを経て培った職人技を、メゾンのバックボーンに据えている。軽快で繊細なアイテム作りにおいても一切の手間を惜しまず熟練の手技を駆使して作り出しており、特にスカーフをはじめとする巻き物は、メゾンのもうひとつのアイコンと呼べるほどの完成度。もちろん写真のストール、“カレモン・ポワ”もグランメゾンの知恵と技を存分に注ぎ込んだ逸品だ。驚くほどの柔軟性と品格漂う光沢を備えたカシミアシルクを素材としており、首に巻いたときの優しい肌触りと温かみは、じわりと心に染みる仕上がりと評されている。

また、エルメスの巻き物における特別性は、デザインからも見て取れる。四角と丸といったシンプルかつクラシカルなモチーフでありながら、どこかモダンで時代を超えるミニマルな美観を感じさせる図案となっているのだ。さらにネイビーベースの一枚を選べば、男性でも派手に見えることなくシックに使いまわすことが可能。ドレススタイルの手軽な防寒具として、またオフスタイルを華やかに魅せるアクセント役として、世界的名品をこの機会にぜひ試してみてほしい。 

<写真>
カシミアシルクを素材とした薄織りのストールは、ニットマフラーとは異なりスカーフ風の軽い仕立てがポイント。カシミア混紡のため、ほどよくマットな質感ゆえに男性でも使いやすい。この一枚はいろいろな巻き方が楽しめる大判サイズ。ストール(70×190cm)¥89,000/エルメス(エルメスジャポン 03-3569-3300)

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

Photograph:Tetsuya Niikura(SIGNO)
Styling:Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Text:Tsuyoshi Hasegawa (04)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    SIHH2019 ジュネーブサロン・リポート
    IWC

    美しい時計

    2019.02.15

  2. 写真・図版

    コーチの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.29

  3. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ36
    スーツの着こなしに異変あり!?
    ピッティもカジュアル化が止まらない!?

    旬のおすすめ

    2019.02.14

  4. 写真・図版

    フルラの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.28

  5. 写真・図版

    コクがあるのに爽やか、アンチョビとオリーブのとろとろマッシュポテト
    [長尾智子 料理の歳時記]

    旅と暮らし

    2019.02.14

紳士の雑学

調べ・見立て