旅と暮らし

辛くて痺しびれてうまい!
食べて元気になる〝一杯の薬膳〞
[部長の名店]

2017.10.31

写真・図版
カリッとした歯触りの「ナスのおつまみ山椒揚げ」(980円・税込)も必ず頼む本場の味

さまざまな企業で働く部長たちに聞いた「名店」をご紹介します。

赤いスープにたじろぐも、辛さだけにとどまらない滋味に箸が止まらなくなる。一番人気は「しびれる辛さの麻辣刀削麺」(730円・税込)。漢方薬にも使われる12種の香辛料と大量のごまを油で煮出す独特の調理法で、混然一体となったエキスが複雑な香味を醸す。ちょっとした不調も汗とともに吹き飛びそうだ。

写真・図版
JR錦糸町駅から徒歩3分。カウンター席のほか4人掛けテーブルが4席。12名程度の団体対応も可能。秋葉原、上野、広島に店舗があり、刀削麺ロボットは錦糸町店と広島店で稼働中。

オリジナルは中国の古都、西安の屋台料理だとか。全国に200余りある同業店の先駆けで、厨房には話題の刀削麺ロボットが。麺の厚さを一定に保つことができ、削ったそばからゆでられるため〝究極の生麺〞とも。ランチ時にはこの味がクセになった常連が詰めかける。部長いわく社内にファンも多いという。

Photograph:Reiko Masutani
Text:Akane Matsumoto

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    1億円のコラボ作品も⋯⋯
    多才なアーティスト・三浦大地、
    自身初の個展を伊勢丹新宿店で開催中。

    特別インタビュー

    2022.07.29

  2. 写真・図版

    『TIME』誌で“世界一快適な靴”と称された、
    オールバーズのスニーカー

    2022.08.01

  3. 写真・図版

    井桁弘恵さんと巡る、TOKYO写真探訪。
    第3回 ライカ銀座店

    週末の過ごし方

    2022.08.03

  4. 写真・図版

    天然成分で染め上げた優しい色合いが目を引く、
    コンバース オールスター

    2022.07.28

  5. 写真・図版

    「帝国ホテル」の黒毛和牛のローストビーフ
    自慢の手土産 #93

    週末の過ごし方

    2022.07.26

紳士の雑学