旬のおすすめ

ダウンベストを着こなすときに気にするべき2つのポイント。

2017.11.02

秋冬は重ね着のシーズン。ファッションがいちばん楽しくなる季節だ。しかしながら、服の合わせ方に悩みを抱える人も多いはず。ダウンベスト、ボーダーニット、マウンテンパーカ、フリースジャケットといった4つの定番アイテムの着こなし方法を4週にわたって紹介する。

今週紹介するのはダウンベストの着こなし方法。さまざまなアイテムと組み合わせができる汎用性豊かなアイテムだけに、インナーにどんな服を合わせようか迷ってしまうケースが多い。

写真・図版
ダウンベスト¥68,000(タトラス/タトラス ジャパン 03-5708-5108)、ニット¥27,000(ストーンアイランド/トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567)、パンツ¥39,000(ヤコブ コーエン/ヤコブ コーエン GINZA SIX 03-3572-0017)、サングラス¥40,000(カトラー アンド グロス/ブリンク外苑前 03-5775-7525)、シューズ¥67,000(パラブーツ/パラブーツ青山店 03-5766-6688)

ダークトーンのダウンベストには、あえて明るい色のニットを合わせてコーディネートに彩りを加えるのが良策。その際、ニットのゲージに注意したい。目の細かいハイゲージではキレイになりすぎるし、目が粗いローゲージではボリューム感がですぎてしまう。ほどよい厚みが感じられるミドルゲージがベストバランス。ボトムは落ち着きのある色をチョイスして控えめにすると、コーディネート全体のカラーバランスが取りやすい。

写真・図版

いちばんの要はシューズだ。スニーカーではカジュアルすぎて大人っぽさが損なわれてしまう。かといってドレスシューズでキレイめに振るのもNGだ。理想はボリュームがあって、ほどよくカジュアルさもあるシューズ。ブランドでいえば〈パラブーツ〉のアイテムがそれに近い。ドレッシーになりすぎず、カジュアルでもない。ダウンベスト×ニットという大人のカジュアルスタイルを上品に引き立ててくれる。

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

←「ダークトーンで彩る晩秋のディナースタイル」

 「ほっこりイメージのボーダーニットをキレイめに昇華。」→

Photograph:Sunao Ohmori
Styling:Masahiro Tochigi
Text:Yuichiro Tsuji

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 背中上部が緩む→首を引き下げる力が弱まり、首が前に出る。

    ハイパフォーマンスを作る、超「姿勢」力講座
    【第9回】首猫背を改善するストレッチ

    旅と暮らし

    2018.05.01

  2. 写真・図版

    ルイ・ヴィトンのスニーカー、前から横から、後ろから

    旬のおすすめ

    2018.03.16

  3. 写真・図版

    スーツにハイソックスを履いていないことは恥であると知るべし
    [男の服飾モノ語り]

    紳士の雑学

    2017.12.01

  4. 写真・図版

    小さい、薄い。これが、いま欲しい時計の条件。[男の服飾モノ語り]

    美しい時計

    2017.07.10

  5. 写真・図版

    タイのセレブ一家がつくった、バンコクで圧倒的におしゃれなホテル

    旅と暮らし

    2017.12.14

紳士の雑学

調べ・見立て