旬のおすすめ

ほっこりイメージのボーダーニットをキレイめに昇華。

2017.11.10

秋冬は重ね着をするなど、ファッションがいちばん楽しくなる季節だ。しかしながら、服の合わせ方など悩みを抱える人も多いはず。ダウンベスト、ボーダーニット、マウンテンパーカー、フリースジャケット、この4つの定番アイテムの着こなし方法を4回にわたって紹介する。

今週は、一辺倒な着こなしになりがちなボーダーニットのコーディネート方法を紹介。

写真・図版
ニット¥31,000(パニカーレ)、スニーカー¥53,000(ストーンアイランド/ともにトヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567)、シャツ¥14,500(スコッチ アンド ソーダ/スコッチ アンド ソーダ 原宿店 03-6712-6919)、パンツ¥25,000(ソリード/タトラス ジャパン 03-5708-5108)、バックパック¥25,000(トフ&ロードストーン/ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686)

幅の太いボーダーニットを合わせた着こなし。ピッチ(ボーダーの幅)は、太いほうがカジュアルなシーンにマッチする。また、ニットの編み目の細かさもポイント。ハイゲージ(編み目が細かい)だとキレイめなムードが強くなりすぎるし、反対にローゲージだとやわらかな印象が強調されてしまう。アイテムを選ぶに際はミドルゲージの中厚なニットをセレクトするのがおすすめだ。パンツはリラックスした素材のアイテムを合わせると、ボーダーのほっこりとした印象を生かしながら、上手にキレイめなイメージも与えてくれる。

写真・図版

加えて、ポイントになるのがシャツの合わせ。ここが着こなしの要になる。アイテムは柄や刺繍があしらわれたものをセレクトしてコーディネートに遊び心をプラスしたい。また、襟元や袖、ニットの裾からシャツの生地をのぞかせると、こなれた印象になる。このテクニックを駆使するのも忘れないようにしよう。

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

←「ダウンベストを着こなすときに気にするべき2つのポイント。」

 「アウトドアウエアを街着としてアップデートする方法」→

Photograph:Sunao Ohmori
Styling:Masahiro Tochigi
Text:Yuichiro Tsuji

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 背中上部が緩む→首を引き下げる力が弱まり、首が前に出る。

    ハイパフォーマンスを作る、超「姿勢」力講座
    【第9回】首猫背を改善するストレッチ

    旅と暮らし

    2018.05.01

  2. 写真・図版

    ルイ・ヴィトンのスニーカー、前から横から、後ろから

    旬のおすすめ

    2018.03.16

  3. 写真・図版

    スーツにハイソックスを履いていないことは恥であると知るべし
    [男の服飾モノ語り]

    紳士の雑学

    2017.12.01

  4. 写真・図版

    小さい、薄い。これが、いま欲しい時計の条件。[男の服飾モノ語り]

    美しい時計

    2017.07.10

  5. 写真・図版

    タイのセレブ一家がつくった、バンコクで圧倒的におしゃれなホテル

    旅と暮らし

    2017.12.14

紳士の雑学

調べ・見立て