旅と暮らし

本格的なNYスタイル。
炭火でグリルした赤身肉の美味に開眼!
[部長の名店]

2017.11.06

写真・図版
『ブラックアンガスビーフ 21日間熟成リブステーキ( 骨付き/650g)』(8,200円)に『アスパラガスのグリル』(1,200円)と『ガーリックマッシュポテト』(950円)を付け合わせて。味付けはシェフこだわりの沖縄・粟国島の塩と黒こしょうのみ。やわらかでジューシーな赤身の旨みをシンプルに味わえる。おすすめの焼き加減はミディアムレア。

さまざまな企業で働く部長たちに聞いた「名店」をご紹介します。

エントランスを入ってすぐ右手の熟成庫には「33日」「34日」と最長35日までカウントダウン表示された肉の塊が並ぶ。4〜5℃の低温で寝かせることでたんぱく質が分解、適度に水分が抜け、凝縮された旨みが感じられるという。

写真・図版

部長のおすすめは21日間熟成のブラックアンガス種だ。炭火で20分ほどかけてグリルしたミディアムレアは、中心まで適度に熱が回り、ジュースがキープされた絶妙な焼き加減。ほかにも赤身にほどよくサシの入ったオーストラリア和牛、熟成させていないUSプライムがあり、いずれも本場NYを彷彿とさせる味わい。欧米人客が多いのもうなずける。

写真・図版

食べ切ることができるか不安という諸氏も案ずることなかれ。「NYスタイルのステーキハウスですが、サービスは〝和風〞を心がけています」と副支配人の古平真理子氏が言うように、何事もスタッフが丁寧に相談に乗ってくれる。

けやき坂に面し、これからの季節は2階のテラス席が人気。東京タワーの夜景も楽しめる。

Photograph:Reiko Masutani
Text:Akane Matsumoto

SHARE

写真・図版

本格的なNYスタイル。
炭火でグリルした赤身肉の美味に開眼!
[部長の名店]

シェアする
Hatena Bookmark

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ダウンベストを着こなすときに気にするべき2つのポイント。

    旬のおすすめ

    2017.11.02

  2. 写真・図版

    名物ぞろい! 昭和のパワーランチを生んだ〝街の中華店〞
    [部長の名店]

    旅と暮らし

    2017.11.14

  3. 写真・図版

    アウトドアウエアを街着としてアップデートする方法

    旬のおすすめ

    2017.11.17

  4. 写真・図版

    なぜBMWには「走りがいい」という形容が使われつづけるのか?

    旅と暮らし

    2017.08.08

  5. 写真・図版

    ラルフ ローレンで、これが欲しい。
    パッチワーク「風」が小粋なカシミヤジャケット

    旬のおすすめ

    2017.11.15

紳士の雑学

調べ・見立て