旬のおすすめ

バレンシアガで、これが欲しい。
巧みな穴飾りが目を引くトートバッグ

2017.11.21

写真・図版

1917年にクリストバル・バレンシアガによってスペイン、サンセバスチャンに開かれたオートクチュールハウスからスタートしたバレンシアガ。1937年にはパリにハウスのオープンを果したバレンシアガは、かのディオールからも多大なリスペクトを受け、オートクチュール界の巨匠として世界に知られる存在に。特にバレンシアガが手掛けた「ベビードールドレス」や「チュニックライン」などは、モード界に起きた革命と高く評されている。

16年秋冬コレクションからはメゾンブランドやヴェトモン等で腕を揮ってきた鬼才、デムナ・ヴァザリアがアーティスティック・ディレクターを務めている。そんなバレンシアガの先進性を示すアイテムとして、高い支持を得ているのが「ブラックアウト」コレクションのバッグだ。端正なグレインカーフスキンを素材に用い、緻密に加えたパーフォレーション(穴飾り)がモダンなセンスを感じさせるもの。カラーや装飾を加えて見せるのではなく、引き算による研ぎ澄まされた美が、最大の見どころだ。

大開口のトートバッグは、大きな荷物も出し入れしやすいのが特徴。本体外側には小物も取りだしやすいポケットを搭載しており、機能性も十分。バッグ「ブラックアウト トート」¥241,000/バレンシアガ(バレンシアガ ジャパン 0570-000-601)

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

←ロエベで、これが欲しい。

 エトロで、これが欲しい。→

Photograph:Fumito Shibasaki(DONNA)
Styling:Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Text:Tsuyoshi Hasegawa (04)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ザ・ノース・フェイスのリュック
    自転車通勤にうれしいスペックが満載。

    旬のおすすめ

    2018.05.17

  2. 写真・図版

    スーツにハイソックスを履いていないことは恥であると知るべし
    [男の服飾モノ語り]

    紳士の雑学

    2017.12.01

  3. 写真・図版

    シャツやスーツの「シワ問題」。
    衣類スチーマーが解決するか?

    旅と暮らし

    2018.06.12

  4. 写真・図版

    ミーティングを兼ねた会食に最適のホテルダイナー
    [状況別、相手の心をつかむサクセスレストラン Vol.05]

    旅と暮らし

    2018.06.12

  5. 写真・図版

    ニューヨーク発「ベンジャミン ステーキハウス」が日本初上陸!

    旅と暮らし

    2017.07.07

紳士の雑学

調べ・見立て