紳士の雑学

知っておきたい、アウターウエアのディテール 第1回

2017.12.04

秋から冬にかけて、屋外での装いの主役はアウターウエアとなる。ひとくちにアウターと言っても、そのスタイルは実に多様。それらの歴史をひもとき、ディテールを堀り起こし、それぞれの役割や価値に思いをはせれば、男の装いはもっと楽しくなる。

Style 代表的な意匠

写真・図版

チェスターフィールドコート

19世紀に登場し流行。現在では昼夜兼用の正装用コートの代表格。黒か濃紺もしくはグレーのウール地仕立てで、ノッチドラペルの上襟には黒のビロードをかぶせ、胸に箱ポケット、両脇にフラップ付きポケットがつく。フロントは隠しボタン式比翼仕立て、ウエストはシェイプされ、モーニングのテールが隠れる長めのレングスをもつ。

写真・図版

トレンチコート

第1次大戦中、英国陸軍が塹壕(トレンチ)戦用に採用したコマンドコートを出自として、そのミルスペックに裏打ちされた、いくつもの実用的なディテールを機能美にまで昇華させた、レインコートの極め付き。ベルトをキュっと締めるだけで様になるスマートなフォルムも相まって、老若男女、オンオフを問わず幅広く活躍するスグレモノ。

写真・図版

バルマカーンコート

和製英語のステンカラーコートとして日本人にはなじみ深いラグランスリーブの防寒外套。第1ボタンを開けても閉めても着用でき、襟先のボタンを留めれば襟を立てて着ることもできるバルマカーンカラー(バルカラー)仕立てが最大の特徴。19世紀末スコットランドのインバネス近郊の地バルマカーンで着用されたものが始まり。

写真・図版

ダッフルコート

ひも付き留め木ボタン(トッグル)が個性的なオーバーコート。ダッフルという名の由来は、その原形の素材となったベルギー製梳毛織物の産地名。第2次大戦中に英国海軍が防寒着として採用し認知度は高まり、おしゃれ着として決定づけたのは仏国の詩人ジャン・コクトーだ。彼はタキシードの上に淡褐色のそれをはおり夜会へと赴いた。

出典:永久保存版「スーツ」着こなし事典(朝日新聞出版)

知っておきたいチェック柄の種類はこちら

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ザ・ノース・フェイスのリュック
    自転車通勤にうれしいスペックが満載。

    旬のおすすめ

    2018.05.17

  2. 写真・図版

    スーツにハイソックスを履いていないことは恥であると知るべし
    [男の服飾モノ語り]

    紳士の雑学

    2017.12.01

  3. 写真・図版

    山羊座、次の居場所を吟味する
    財力開運アカデミー2018<下半期>

    旅と暮らし

    2018.06.21

  4. 写真・図版

    自己改革時代がやって来た!
    財力開運アカデミー2018<下半期>

    旅と暮らし

    2018.06.21

  5. 写真・図版

    射手座、パワーチャージして羽ばたく
    財力開運アカデミー2018<下半期>

    旅と暮らし

    2018.06.21

紳士の雑学

調べ・見立て