旬のおすすめ

「モンブラン タトゥー プロジェクト 2017」
異色のコラボが生み出す革新的な表現

2017.12.05

写真・図版

創業以来1 1 0年以上にわたり、クラフツマンシップの伝統を守りつづけるモンブラン。いまなお多くの人から愛されているのも、職人の技術・技量の面において、一切の妥協を許さない姿勢を貫いているからだろう。そんな職人の“技”を守るモンブランが、タトゥーアーティストとコラボレーションした「モンブラン タトゥー プロジェクト 2017」を実施している。

なぜタトゥーなのか──。

日本はもちろん、各国で進化してきたタトゥーは、それぞれ独創的な手法やテクニックを発展させ、独自のカルチャーを築き上げてきた。施術はすべて手作業、ふたつとして同じ作品が存在しないタトゥーこそ、まさにクラフツマンシップそのものであり、その圧倒的な芸術性にモンブランが心酔したのもうなずける。

2017年。モンブランは、東京、ソウル、香港という、3つの都市をテーマに、RAY氏(日本)、Nando氏(韓国)、Kin Liu氏(香港)ら、3人のタトゥーアーティストとのコラボを展開。彼らが手がけたレザーマテリアルを、フィレンツェのモンブランレザー工房「プレテリア」が手作業でレザーアイテムとしてアッセンブリーし、ひとつのバッグを完成させていく。各都市を象徴するモチーフが作品にちりばめられているのも、見どころのひとつである。

写真・図版

日本から参画したRAY氏は、繊細かつ、細部にまでこだわりを感じさせる「鳳凰」と「九尾の狐」を彫り上げた。ホワイトタトゥーや、鮮やかな彩色技術がちりばめられたレザーは、まるでいまにも飛び出してきそうな躍動感に満ちあふれている。それは、かつて仏師であったRAY氏ならではの表現手法であり、こうした技術が注ぎ込まれたバッグは、アートピースの名にふさわしい作品へと昇華されていく。

クラフツマンシップを守り抜く、モンブラン×タトゥーアーティスト。それぞれの“技”が随所に発揮された、珠玉の逸品が生まれる「モンブラン タトゥー プロジェクト 2017」から、今後も目が離せない。

問/モンブラン コンタクトセンター 0120-39-4810

Text:AERA STYLE MAGAZINE

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    東京2020オリンピック
    記念限定モデルの興奮

    美しい時計

    2020.02.17

  2. 写真・図版

    その贅沢さと履き心地に酔う
    オールデンのエプロンフロントダービー
    いま欲しい、憧れの靴6選

    旬のおすすめ

    2020.02.13

  3. 写真・図版

    高品質の素材を革新的な技術で仕上げる
    コーチの新作財布。

    旬のおすすめ

    2020.02.19

  4. 写真・図版

    純粋なるドライビングプレジャー。
    ポルシェ718スパイダー

    旅と暮らし

    2020.02.19

  5. 写真・図版

    モノづくりの伝統を守りつづける。
    革の魅力が最大限に生かされた、
    ヴァレクストラのミニウォレット。

    旬のおすすめ

    2020.02.13

紳士の雑学

調べ・見立て

迷ったら聞く。
ASM webは
チャットを装備!

気になるアイテムがあれば、すぐにチャットで相談。着こなしに迷ったら、すぐにチャットで相談。
ギフトで購入するものに迷ったらチャットで相談。簡単な会員登録で、店舗のお調べや予約もできます!
※14時~20時の間はチャットコンシェルジュがお待ちしております。

特典

着こなしで困らない!
有人のチャットに相談

どう着る?何を買う?
着こなしコンシェルジュが回答します

特典

買い物で困らない!
取り置き&予約が可能

購入を検討したい店舗への
訪店予約が可能!(一部ブランドのみ)
※取り置き&予約サービス利用には
会員登録が必要となります。

特典

ギフト選びで困らない!
チャットで良品をお見立て

あの人に贈るには、何がいい?
そんなときにはチャットで相談

close