週末の過ごし方

今週の家飲みワイン
丸みがありながら、清らかで凛(りん)とした
「ルフレーヴ・マコン・ヴェルゼ」

2018.01.12

写真・図版 小松宏子

写真・図版

“家飲みワインを進化させたい”。そう願っている酒好き、ワイン好きは多いことであろう。そこで、アエラスタイルマガジンでは、ソムリエが家で飲みたいワイン、実際に飲んでいるワインを、テーマに沿って毎週1本ずつ教えてもらおうと考えた。価格は手の届きやすい、3000円台くらいを中心に。イノベーティブな料理で注目を集める「TIRPSE(ティルプス)」のオーナーソムリエであり、レストランプロデューサーとしても活躍する大橋直誉さんに指南をお願いした。

シャルドネを少しばかり勉強したいと思えば、まずは、その発祥の地ともいえる、ブルゴーニュのシャルドネから攻めるべし、という大橋さん。自信を持って選んでくれたのが、「ルフレーヴ・マコン-ヴェルゼ」だ。

写真・図版

ワイン好きであれば聞いたことがある人も多い、ドメーヌ「ルフレーヴ」。「世界一白ワイン造りがうまいと言われている醸造家です。ブルゴーニュのなかでも白ワインの最高峰、ピュリニー地区で、500年も歴史をさかのぼれるほどの名門、世界的に評価が高くなってからも優に100年は経つと言われます。2006年にはイギリスのワイン雑誌「デキャンター」で世界一のワインメーカーに選ばれました。“造り手を飲むもの”と言われるほど、「ルフレーヴ」のワインにはスタイルがあるんですね。最高峰のモンラッシェから、このマコン-ヴェルゼまで、共通の香りというものが感じられます」と、大橋さんは言う。

写真・図版

“ルフレーヴならでのスタイル”とは、テロワール(土地の特質)の個性を最大限に引き出すということ。そのために、時代に先駆けて、20年も前からビオディナミ農法を実践してきたのだという。それはドイツのシュタイナーが提唱したもので、平たく言えば、天体の運行に従って農作業を行い、農薬や化学肥料を控えた自然な栽培をよしとするもの。これによって、土壌そのものが活性化し、ぶどうにも力が宿る。だからワイン造りにおいては、祝福された土地にできる愛しきぶどうたちの持ち味を素直に、余すことなく引き出してやるだけで、一切のストレスがなく、透明感のあるクリーンな、あくまでも品のいいルフレーヴならではのスタイルが実現できるのだとか。

しかしながら、完成度の高さに比例して、価格もウナギのぼり。それを憂えたオーナー、マダム・ルフレーヴは、「自分たちのスタイルを多くの人に楽しんでもらいたい」と、同じ白ワインのなかでも大衆的な、マコン地区にも畑を購入し、リリースしたのがこの「マコン・ヴェルゼ」だ。テロワールは違えども、長年培われたルフレーヴのエッセンスが完璧に表現されている。「すーっと透き通るようなきれいな味わい、ほのかな品のいい甘みと、軽やかな酸味。すごくバランスがいいので、ピュリニーと間違うほどですよ」と大橋さんも絶賛する。2004年に初リリースされて以来、進化を続けているそうで、今回の2014も素晴らしいとお墨付き。最高級のピュリニー・モンラッシェでは、50万円ともいわれるその評価が、マコン・ヴェルゼであればネット上で3000円台から買えるというのだからなんともうれしい。試さずにはいられない一本だ。

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

<<ピエール・ペテルス

シャトー・ド・ ベル シャブリ>>

Photograph:Makiko Doi

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    トム・クルーズが引き金? ボア付きジャケットの人気が再燃!
    着こなし方のポイントを解説。
    ファッショントレンドスナップ166

    カジュアルウェア

    2022.12.02

  2. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  3. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  4. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第2回 コーヒーハウス「ザ・カフェ」

    週末の過ごし方

    2022.12.08

  5. 写真・図版

    ニューヨークパーフェクトチーズの「ニューヨークパーフェクトチーズ」
    自慢の手土産 #99

    接待と手土産

    2022.12.02

紳士の雑学