美しい時計

バーゼルワールド2018 レポート
タグ・ホイヤー

2018.05.30

写真・図版

年明け1月のSIHH(ジュネーブサロン)に続いて、バーゼルワールドがスイスで3月22日〜27日に開催された。1917年から始まった商品見本市をルーツとして、昨年に100周年を迎えた国際的な時計と宝飾の展示会。多彩な新作が数多く披露された。今年のトレンドは最後にまとめるとして、日本でも人気の高い有力ブランドから注目のモデルをピックアップしていく。

「カレラ」誕生55周年を記念して、GMT搭載のクロノグラフを追加

タグ・ホイヤーはモータースポーツとの関係が深いブランドだが、グーグル、インテルと提携して2015年に発表したスマートウォッチ「タグ・ホイヤー コネクテッド」が世界的に大ヒット。昨年からさまざまなストラップやラグにカスタマイズできる「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45」を展開。今年はケース径を41㎜にサイズダウンしたコレクションを追加するだけでなく、合計23.35カラットのバゲットダイヤモンドをセットした超高価なハイジュエリーモデルも発売された。

写真・図版
「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ GMT」。第2時間帯をケース外周の24時間計で表示する機構を追加。自動巻き、パワーリザーブ約80時間、ケースはステンレススチール、直径45.0㎜、100m防水/¥650,000(税抜き予価)、11月発売予定。
写真・図版
「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー16 クロノグラフ ジャパンエディション」。現行コレクションにないローマ数字を採用した日本限定モデル(400本)。自動巻き、パワーリザーブ約42時間、ケースはステンレススチール、直径41.0㎜、100m防水/¥485,000(税抜き予価)、12月発売予定。

このようにラグジュアリーなスマートウォッチで快進撃を続けるタグ・ホイヤーだが、伝統的な得意分野である機械式クロノグラフでも意欲的な新作が数多い。なかでも代表的なコレクション「タグ・ホイヤー カレラ」が誕生55周年。これを記念して、クロノグラフにGMT機構(第2時間帯表示)を搭載した新バージョンに注目したい。ケース外周のセラミックベゼルが24時間計となっており、赤い針がもうひとつの時間帯(母国時間など)を示す。昼と夜を色分けしたつやのあるブラックとブルーがしゃれたアクセントに。スケルトンのムーブメントも立体感があり、機械式メカの魅力を堪能できる。

また、「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー16 クロノグラフ ジャパンエディション」として、日本限定400本の特別モデルもラインナップ。現行コレクションにはないローマ数字のインデックスに、ローズゴールドの針がブラックダイヤルに映えるドレッシーなモデルに仕上がっている。

写真・図版
「ホイヤー モナコ キャリバー11 クロノグラフ ガルフ エディション」。ガルフ オイル インターナショナルとのグローバルパートナーシップ締結を記念したモデル。自動巻き、パワーリザーブ約40時間、ケースはステンレススチール、ケースサイズ39.0×39.0㎜、100m防水/¥630,000(税抜き)

1969年に発表された「モナコ」は、世界に先駆けた自動巻きクロノグラフを、やはり世界初の角形防水ケースに搭載した革新的なモデルだった。1971年公開の映画『栄光のル・マン』でスティーブ・マックイーンが着用して伝説的な存在となったが、「ホイヤー モナコ キャリバー11 クロノグラフ ガルフ エディション」が登場した。タグ・ホイヤーとガルフ オイル インターナショナルとのパートナーシップ締結を記念したモデルであり、ブルーとオレンジのストライプが目を引く。このカラーリングとガルフのロゴ以外は、ムーブメントのキャリバー11をはじめとして初代のスタイルを継承。ケースの左側にリュウズ、右側にクロノグラフのプッシャーだけを配置していることが際立った特徴だ。サブダイヤルをケースと同じ正方形にして、1時、5時、7時、11時のインデックスを水平の長いバーにするなど、デザイン的にも独創性が高い。

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

問/LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー 03-5635-7054

プロフィル
笠木恵司(かさき けいじ)
時計ジャーナリスト。1990年代半ばからスイスのジュネーブ、バーゼルで開催される国際時計展示会を取材してきた。時計工房や職人、ブランドCEOなどのインタビュー経験も豊富。共著として『腕時計雑学ノート』(ダイヤモンド社)。

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    すべて実食! 自慢の手土産。#3
    「呼(こ)きつね」のいなり寿司

    旅と暮らし

    2018.10.15

  2. 写真・図版

    ザ・ノース・フェイスのリュック
    自転車通勤にうれしいスペックが満載。

    旬のおすすめ

    2018.05.17

  3. 写真・図版

    馬場ふみか、がむしゃらのその先に何が見えた?
    [MUSE]

    旅と暮らし

    2018.10.16

  4. 写真・図版

    ネイビーレザーのモダンな薫り、トゥミの3WAYビジネスバッグ

    旬のおすすめ

    2018.10.18

  5. 写真・図版

    大山鶏と9種類の濃厚スープを味わう
    新感覚ラーメン[部長の名店]
    鶏ポタラーメンTHANK

    旅と暮らし

    2018.10.16

紳士の雑学

調べ・見立て