PROMOTION

美しい時計

グランドセイコーが刻む「時のモノ語り」
第五回

2018.06.08

夢追い人の「パリ時間」
作家 矢島裕紀彦

パリ十四区、モンパルナスのヴァヴァン交差点には、かつて芸術家や文化人たちが集ったカフェが並ぶ。

パリにはね、「パリ時間」というのがあるんですよ。新進のデザイナーはいたずらっぽく頬笑んだ。夜七時に夕食会に招かれたとするでしょ。七時に行ってしまったら、それは野暮。お客はいません。ホストもちょっと戸惑ってしまう。早過ぎるのです。皆がぼちぼち集まりだすのは七時十五分過ぎ。習慣だから適応せざるを得ないし、それがどこかでフランス人の自由で小粋な感覚にもつながっているのかもしれませんが、僕の感性は安易にそこに流されないように注意してきましたよ。自分の中の日本人的なものが揺らぐ恐れを感じてね。

初夏のテラス席には、若葉色の風がほのかに香っていた。デザイナーは、小さなカップでエスプレッソをすする。確かに、お国柄というか、思わぬ習慣の違いはあるものだ。パリのカフェで一杯の珈琲を飲もうとして「アン・キャフェ」と注文すると、出てくるのはエスプレッソであることも、さっき教えられたばかりだった。

僕が勤めていた服飾メーカーを退職してパリに来たのは、二十八歳のときです。日本を離れる前、ちょっと背伸びしてこの腕時計を買ったんです。デザイナーはそう言って、左手首の時計を見せた。この時計にふさわしい人間になろうとしたというか、何か心の拠り所のようなものが欲しかった。精度が良いことはもちろんですが、陰影が生かされている針や文字盤のデザインがいいんですよ。繊細で豊かな感性を持つ日本人は、昔から、季節や時刻とともに移ろいゆく光と影を感じながら、それを屏風や障子などの美しさにとりこんできた。この時計にもね、見つめていると、そんな日本の伝統美が息づいている。それも、わざとらしさはかけらもない。機能の追究の果てに生まれた、いわゆる「用の美」。この時計からはいつも刺激を受けていましたね。

僕は中学生の頃、絵描きになりたくてね。デザイナーは言葉を続ける。藤田嗣治が好きなんです。二十世紀のはじめ、パリに渡る日本人画家のほとんどが帰国後の成功を考えていた時代に、藤田だけは最初からパリで勝負してやろうと決意していた。リンゴの半分をかじり、残り半分をスケッチするようなぎりぎりの暮らしの中、苦闘して、やがて面相筆や墨を用いた日本人ならではの技巧を西洋画に注入して独自の画境を拓(ひら)いていった。そうやって、ピカソやモディリアーニ、スーチンらと肩を並べ、ひとつの時代をつくったのです。

僕も藤田のように、自分の血の中にあるニッポン人の感覚を引き出して、なんとか自分ならではのデザインをつくり出したいと思っていました。そんなとき、この時計はいつも相棒のように寄り添ってくれた。はじめパリの裁縫学校に通いながら、休みの日には道端でデザイン画を売りましたよ。偶然そのデザイン画に目を留めてくれる人がいて、大手ブランドの工房に入って働きながら経験を積んだ。時間管理がきちんとしているのが重宝がられ、まもなくデザイナーのアシスタントを務めるようになった。独立して自分の小さなメゾンを立ち上げたのは、パリに来て八年目のことでした。

結局、僕のつくり出したデザインのコンセプトの源は、雪舟の墨絵に通じるモノトーンの「陰影」や「書」の世界なんですよ。極めて日本的なんです。そこにモダンなアレンジを施した。それがパリで受け入れられたのです。いい仲間や応援してくれる人との出会いもあって、この先、ジャンルや国境の枠を超えて面白いことを仕掛けていきたいと思っているところです。

デザイナーはここで、ちらりと腕時計に目をやった。パルドン、ムッシュー。次の約束があるから、そろそろ失礼しますよ。すぐ近所でちょっとしたパーティがあってね。あっ、そうそう、時間があったら帰国までにぜひランスのシャペル・フジタを訪れることをお勧めします。最晩年の藤田が心血を注いだあの教会のフレスコ画だけは、現地を訪れないと鑑賞できませんからね。

そう言い置いて、カフェを出てバルザック像の向こうに姿を消すデザイナーを見送りながら、私は何気なく自分の時計を見た。昨日、航空機内で現地時間に合わせたばかりの時計の針は、ぴったり七時十五分を指していた。どうやらパーティはパリ時間の七時からはじまるらしい。


※この作品には実在の人物名が登場しますが、この物語はフィクションです

写真・図版

グランドセイコー スポーツコレクション
キャリバー9S 20周年記念限定モデル
SBGJ229 1,550,000 円+税 世界限定350本
グランドセイコーマスターショップ専用モデル

メカニカルムーブメント キャリバー9S86(グランドセイコー スペシャル規格検定合格品)、日常生活用強化防水(10気圧防水)、耐磁時計(JIS耐磁時計1種)、平均日差+4秒~-2秒(静的精度)、ケース・ブレスレットはセラミックス(グランドセイコーブルー)+ブライトチタン、直径46.4㎜、¥1,550,000(税抜き)、世界限定350本。

www.grand-seiko.com

問/グランドセイコー 0120-302-617

<<第四回はこちらからご覧いただけます

Text:Yukihiko Yajima
Photograph:Tetsuya Niikura(SIGNO)
Illustration:Hiroko Takashino

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ザ・ノース・フェイスのリュック
    自転車通勤にうれしいスペックが満載。

    旬のおすすめ

    2018.05.17

  2. 写真・図版

    スーツにハイソックスを履いていないことは恥であると知るべし
    [男の服飾モノ語り]

    紳士の雑学

    2017.12.01

  3. 写真・図版

    シャツやスーツの「シワ問題」。
    衣類スチーマーが解決するか?

    旅と暮らし

    2018.06.12

  4. 写真・図版

    ミーティングを兼ねた会食に最適のホテルダイナー
    [状況別、相手の心をつかむサクセスレストラン Vol.05]

    旅と暮らし

    2018.06.12

  5. 写真・図版

    ニューヨーク発「ベンジャミン ステーキハウス」が日本初上陸!

    旅と暮らし

    2017.07.07

紳士の雑学

調べ・見立て