旬のおすすめ

夏のタイ選び「5つの視点」 その4 ドット

2018.06.11

写真・図版
タイ¥10,000/ロバート・フレイザー(アイネックス 03-5728-1190)、シャツ¥24,000/ソブリン(ザ ソブリンハウス 03-6212-2150)、パンツ¥16,000、ジャケット¥32,000/ともにユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 銀座店 03-3562-7798)、ブレシーズ¥11,000/ブレテッレ&ブレシーズ(アイネック 03-5728-1190)、メガネ¥40,000/アヤメ(アヤメ 03-6455-1103

クールビズだから、ノータイで。それでもいいけど、タイドアップもやっぱりいい。せっかくニッポンの夏に締めるのなら、おざなりなセレクトではもったいない。トレンドや季節感を、いつも以上に楽しんでいい。

「夏の軽さを、アイコニックなドットで楽しむ」

定番柄のひとつであるドットだが、夏はややサイズの大きなものを選ぶのが面白い。水玉と呼ばれるように、ドットは涼やかな印象を与える柄のひとつ。やわらかさを匂わせる柄でもあることから、初対面の人にも好印象を与えやすい。サイズが大きくなることで、よりそれらの印象は強まるといえる。ただし、配色には注意を。ドットが大きく、加えて派手色だとビジネスには遊びが効きすぎる。ベーシックカラーやトーンを抑えた、引き算的な選択を。

写真・図版

サックスブルーのシャツに好相性な、グレー×ネイビードット。ビジネスにおける定番色の組み合わせとあって、やや大きめサイズのドット柄もポップな印象にならない。¥10,000/ロバート・フレイザー

写真・図版

ジャケットオフでも成立する、表情豊かなインディゴカラー。ビジネスタイとしてはかなり大ぶりなサイズのドットだが、発色を抑えたトーン オン トーンなら遊びが効きすぎない。¥10,000/ロバート・フレイザー

写真・図版

ほかと比べればコンパクトなドット。ベースカラーもベージュとおとなしめだが、よく見ればドットはイエローに。ビジネスタイらしい抑制を利かせながらも、夏をしっかり満喫できる。¥9,000/ロバート・フレイザー

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

問/アイネックス 03-5728-1190

<<その3 太めストライプ

Photograph:Hiroyuki Matsuzaki(INTO THE LIGHT)
Styling:Tomohiro Saitoh(GLOVE)
Hair & Make-up:Ryo(COME HAIR)
Text:Masafumi Yasuoka(BEARD MAN)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ザ・ノース・フェイスのリュック
    自転車通勤にうれしいスペックが満載。

    旬のおすすめ

    2018.05.17

  2. 写真・図版

    すべて実食! 自慢の手土産。
    「プレスバターサンド」のバターサンド

    旅と暮らし

    2018.10.01

  3. 写真・図版

    馬場ふみか、理想の女性とダメ恋と。
    [MUSE]

    旅と暮らし

    2018.10.10

  4. 写真・図版

    すべて実食! 自慢の手土産。#2
    「ガスタ」のチーズケーキ

    旅と暮らし

    2018.10.09

  5. 写真・図版

    『007』危機一髪!? ダニエル・クレイグ重大発表

    美しい時計

    2017.08.31

紳士の雑学

調べ・見立て