週末の過ごし方

地中海の辛口が暑い日本の夏にぴったり!
セリェール・ピニョル ヌエストラ・セニョーラ・ポルタル 2013
[今週の家飲みワイン]

2018.07.20

写真・図版 小松宏子

写真・図版

「カタルーニャの南に広がる、DOテラ・アルタは、これまではワイン産地としては見向きもされないマイナーな土地でした。ところが最近、自分たちのエリアを見直そう、そんな志の高い若い世代の生産者が増えてきたのです。彼らが造るワインの多くは、肩の力が抜けているのに、ちょっとだけ都会的なセンスの入った味わいに仕上がっています。目指しているのは、特別の日のワインではなく、日々の食事を楽しむためのワイン。セリェール・ピニョル ヌエストラ・セニョーラ・ポルタルは、まさにそんな一本です」と梁 世柱さんは言います。

写真・図版

セリェール・ピニョル社は1945年に創立されたワイナリーだが、長年にわたり「トーレス」社など、ペネデスの大手生産者にワインをバルク売りするような、典型的なテラ・アルタのワインメーカーだった。ところが、1995年に4代目のフアンホ・ガルセラ・ピニョル氏に代替わりしてから一念発起、自社瓶詰を開始した。ぶどう栽培においても有機栽培を実践し、収量を抑えるなどして高品質なワインを目指し、めきめきとクオリティーを向上させてきた。地ぶどうを使ったおいしいワインを造りたい、の思いから、この一本も「ガルナッチャ・ブランカ」を85%使用している。

写真・図版

「土地の個性がよく出たワインに仕上がっていると思います。地中海のワインらしい、塩味を感じるミネラル感が強く、すっきりとした辛口ながら、厚みや凝縮感を感じます。イカやタコなどの魚介類、コハダなど酢で締めた魚にも合うので鮨(すし)もいける。暑い日本の夏にもぴったりですね。これが、1700円くらいで買えるのですから、見逃す手はない。アメリカやオーストラリアなどの同じ値段のワインと比べたら、明らかにクオリティが高いですね」とも。

ひと昔前に比べて格段にクオリティーが高くなっても、ワイン市場での国際競争力というとまだ高くはないため、価格が低めに抑えられてきるスペインのワインは、いま、まさに買いのワインだ。造り手の名前を知らずとも、国と価格帯で探してみると、意外な掘り出しものに出合える、そんな楽しみがある。ぜひ、週末の一本に選んでみてほしい。

<<ゴルカ・イサギレ チャコリ・ブランコ

ヒメネス・ランディ バホンディージョ 2016>>

Photograph:Reiko Masutani

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴
    スタイリスト 佐藤 魁さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2022.09.16

  2. 写真・図版

    ローマの旅路動画を公開!
    アンバサダーである山下智久が、
    ブルガリ本店&工房を訪問。

    週末の過ごし方

    2022.09.12

  3. 写真・図版

    黒スーツ(ブラックスーツ)はビジネスでOK?
    着こなしのポイントやコーディネートを解説

    スーツ

    2022.09.16

  4. 写真・図版

    「ポアール・デ・ロワ」のフルーツソルベ
    自慢の手土産 #98

    接待と手土産

    2022.09.21

  5. 写真・図版

    岩井千怜、川崎春花、尾関彩美悠 新ヒロイン続々誕生の一方で、
    ベテランが抱く思い「あと何回ゴルフが……」。

    週末の過ごし方

    2022.09.26

紳士の雑学