旅と暮らし

のり、醤油、バターのケミストリー。
驚きの風味が広がる、元祖のりトースト
[喫茶店ランチを愛す]

2018.09.11

写真・図版 本庄真穂

写真・図版
「コロンビア」¥500、「のりトースト」¥170。ミックスサンド¥330、コンビーフサンド¥250、チーズトースト¥230、ローストビーフサンド(S)¥500。ブレンドコーヒーは、ブレンド¥420、アメリカン¥420、イタリアン¥420など。ストレートコーヒーは、キリマンジャロ¥510、マンデリン¥510、サルバドル¥500など。カフェアレキサンダー¥580、ジャマイカンマジック¥580、メキシカンバターコーヒー¥520などのバリエーションコーヒーも。東欧風の紅茶として、ルーマニア風ミルクティー¥560、キエフ風ジャムティー¥560もそろう。

時代の荒波にもまれ、ニッポンのビジネスマンは今日も行く。だからこそ、ひと息つける安らぎの場所は確保しておきたい。そこで、喫茶店メシである。心と体をほぐし、英気まで養える、そんな都会のオアシスを紹介していく。

毎日食べても食べ飽きない。それでいて口にするたび、「おっ」と驚く。世の中にはそんな食べ物が存在するのだ。珈琲専門店エースの「元祖 のりトースト」。摩訶(まか)不思議だが、至極まっとう。そんな表現が合う。

「パン、のり、醤油、バター。材料はこれだけ。ヒントは母親が作ってくれたのり弁です」。そう語るのは、店主の清水英勝さん。かみしめるとなぜかウニのような、明太子のような、不思議な風味が広がるこのレシピの考案者である。

「だれでもすぐできますからね、作り方を教えて差し上げましょう」
この人はまったく惜しみがない。ひょいひょいと慣れた手つきでつくるさまを見せてくれた。

<のりトーストのつくり方>

1、8枚切り食パン4 枚を横一列に並べ、パンに醤油でS字を描く 

写真・図版

2、パン2枚にのりを載せ、サンドする

写真・図版

3、トースターでこんがりと焼く

写真・図版

4、それぞれの底面にバターを塗り、バターを塗った面同士を貼り合わせる

写真・図版

5、食パンの耳を切り落とす

写真・図版

6、三角にカットしたらできあがり

写真・図版

「以上です。簡単でしょう? でもね、それでも皆さん通ってくださる。『家で作るのとはどこか違う』と首をかしげてね」。そう笑う笑顔が本当に美しい。

「開店して47年、今がいちばん忙しいですよ。宣伝はお客さまが口コミやらSNSとやらでしてくださる。それで日本中、いや世界中から神田を目指して人がやって来るんですから、すごい時代ですよね。オリジナリティーがあれば必ず勝つ。ほら、うちはそれをさらに安く提供しているわけだから。ね!」

元祖 のりトースト、170円。思わずうなる、最強で最安のメニューである。

写真・図版
店主の清水英勝さん。弟の徹夫さんと兄弟でお店を切り盛りする。

<<身も心もほどける最強オムライス

Photograph : Ryo Yonekura

プロフィル
本庄真穂(ほんじょう・まほ)
神奈川県生まれ。編集プロダクションに勤務のち独立、フリーランスエディター・ライターとなる。女性誌、男性誌、機内誌ほかにて、ファッション、フード、アート、人物インタビュー、お悩み相談ほか、ジャンル問わず記事を執筆。記憶に残る喫茶店は、山口県・萩にあるとん平焼きを出す店名のない喫茶店。福岡県・六本松の『珈琲美美』、神奈川県・北鎌倉の『喫茶 吉野』に通う。

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    知っておきたい!靴ひもの結び方

    紳士の雑学

    2018.11.07

  2. 写真・図版

    男の装い。4つのスタイルから選ぶスーツの現在地
    #3 CLASSIC STYLE

    旬のおすすめ

    2018.11.07

  3. 写真・図版

    これぞ老舗、これぞブランド―威風堂々、虎屋。
    [センスの因数分解]

    紳士の雑学

    2018.11.07

  4. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ34
    スニーカーブームがついにビジネススタイルにまで
    日本でも真似できそうなトレンド最前線を厳選解説

    旬のおすすめ

    2018.11.08

  5. 写真・図版

    クラシックギターで紡ぐ『シネマ』の世界
    村治佳織インタビュー

    旅と暮らし

    2018.11.06

紳士の雑学

調べ・見立て