旬のおすすめ

ファッショントレンドスナップ34
スニーカーブームがついにビジネススタイルにまで
日本でも真似できそうなトレンド最前線を厳選解説

2018.11.08

写真・図版 大西陽一

写真・図版

右端の御仁は、ネイビージャケットに小紋タイ、グレーパンツには黒のローファーというトラッドな組み合わせ。左端の御仁はグレースーツをストライプシャツで引き締め、足元はタッセルスリッポンを合わせ眼鏡は白フレームで遊び心を盛るというイタリアンクールビズ。

写真・図版

この6人衆の中でひときわ異彩を放っているのが左から3人目の御仁。なんとベージュのWスーツに白スニーカー&白Tシャツを持ってくるとは!! 日本ではWスーツを着て仕事に行ける方は限られると思いますが、このスタイルがピッティではドレススタイルの最先端なのです。

実はスーツにTシャツという組み合わせは、80年代のアメリカで流行したスタイルでした。TVドラマ「特捜刑事マイアミ・バイス」の放映で日本でもこのスタイルが流行しましたが、あの時とはスーツのデザインが今とは変わっています。

ここで注意したいのが、白スニーカーを合わせる時のスーツは、仕立てがソフトなものを選ぶこと。この御仁のスーツは、一見クラシックな構築的なスーツに見えますが、実は芯材を極力減らしつつも立体感は失わないイタリアならではのもの。

こうした難度の高いスーツ&スニーカースタイルをサラリとやってのけてしまえるのは、この御仁が日本でも有名なイタリアブランド「ジジ」の創業者だったからでした。恐れ入りました……。ちなみに、履いているスニーカーはアディダスのスタンスミスですね。これは、コンバースに次ぐスニーカー界の永久定番、タイムレスデザインです。

写真・図版

この御仁はジャケパンにスニーカーをコーディネートする時の模範解答。上半身はネイビー、下半身はホワイトでまとめることで、清潔感がありシャープな印章がしますね。

ジャケパンはやってみたいけど出勤前に組み合わせを考えるのがめんどくさい……という話を聞くことがありますが、この御仁のように上下で色に差をつけ、ジャケットとインナーは色をまとめれば簡単にきまります。

写真・図版

スニーカーはランニング系のデザイン。ナイキがこの分野の先駆者でもあり今もファッションとスポーツをブラッシュアップしています。この御仁が履いているのはイタリアのヘンダーソンのもの。

さり気なくトレンドカラーのグリーンとイエローをデザインのスパイスにつかっています。正面から見ると、普通の白スニーカーですが、サイドに技ありという北イタリアのブランドらしい品格と遊びが程よくミックスされています。

写真・図版

この御仁のコーディネートで見逃せないのが、ポケットチーフ。ジャケットは着ているとはいえ、ポロシャツ(台えりつきというのもポイント)にスニーカーという超カジュアルに見えそうなところを、この御仁はこれを使うことでキチッと感をプラスしています。今回は、かなり難度の高いものから、明日からすぐ使えそうなものまで取り上げてみましたがいかがでしたか?! 

次回は秋のトレンドをアップする予定。乞うご期待ください。

プロフィル
大西陽一(おおにし・よういち)
数々の雑誌や広告で活躍するスタイリスト。ピッティやミラノコレクションに通い、日本人でもまねできるリアリティーや、さりげなくセンスが光る着こなしを求めたトレンドウオッチを続ける。

Photograph & Text:Yoichi Onishi

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    知っておきたい!靴ひもの結び方

    紳士の雑学

    2018.11.07

  2. 写真・図版

    男の装い。4つのスタイルから選ぶスーツの現在地
    #3 CLASSIC STYLE

    旬のおすすめ

    2018.11.07

  3. 写真・図版

    これぞ老舗、これぞブランド―威風堂々、虎屋。
    [センスの因数分解]

    紳士の雑学

    2018.11.07

  4. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ34
    スニーカーブームがついにビジネススタイルにまで
    日本でも真似できそうなトレンド最前線を厳選解説

    旬のおすすめ

    2018.11.08

  5. 写真・図版

    クラシックギターで紡ぐ『シネマ』の世界
    村治佳織インタビュー

    旅と暮らし

    2018.11.06

紳士の雑学

調べ・見立て