旬のおすすめ

ファッショントレンドスナップ35
チェックコートがピッティで増殖中!
ハードルの高いこのコートの着こなし方を解説

2019.01.31

写真・図版 大西陽一

写真・図版

ちょっと遅くなりましたが、今年のピッティ (正式にはpitti immagine uomo)で個人的に気になったスタイル&トレンドについてアップします。

ピッティスナップをインスタなどですでにチェックしている方々からは「いつもピッティは変わんないね……」「着こなしや色合わせがワンパターン」「コスプレ的な人が目立つ!!」という声もちらほら聞こえてきます。確かにピッティではパリコレの様な劇的なトレンドの打ち出しはありませんからね。

でも、よ〜く観察すると クラシックな着こなしに、ほんのちょっとトレンドのアイティムやカラーを取り入れながら進化をしています。

1月のピッティレポート第一弾は、突然変異!?したコートから。

写真・図版

年齢差のあるジェントルマンがしめし合わせた様にチェック柄のコートを着ています。ピッティ期間中にフィレンツェの老舗テーラー 、リベラーノ&リベラーノで開催されたパーティー(ヴィターレ・バルベリス・カノニコとのコラボ商品の発表)でスナップしたものですが、今年はこれが最旬!!と感じたワンカット。

写真・図版

左のご年配のジェントルマンはかなり大柄のチェックですね。それにしてもこんな大柄コート生地はどこで見つけるのでしょうか? どこかのブランドの別注生地としか考えられないですね。オーダーのときに見る一般的な生地見本帳(バンチと呼ばれ約13cm☓19cm)では柄の全体像が全くわからないという特殊なもの。

こんな大胆な柄も黒のマフラーとシャープな黒縁メガネのおかげでシャープにまとまっています。ちなみに靴は普通なら茶を選びそうですが、黒を選んだことで上半身の黒と上手くバランスが取れています。

右のジェントルマンはかなりクラシックな英国調チェック。デザインは、日本でステンカラーコートと呼ばれるもので、左の方と比べるとエリの形が違います。そでは、首元から大きくカーブを描くラグランスリーブと言われる仕様。日本ではレインコートのデザインでよく見かけますが、これをチェックのウールにしたものは日本では珍種。

余談ですがステンカラーという呼び方は和製英語なので海外では通用しません。バルマカーンコートという呼び方もあるようですがかなり専門的ですし、発音も厄介なので、ロンドンなどでのショッピングならラグランスリーブ オーバー コートくらいが通じやすよとイギリス在住の友人がブログで書いていました。

写真・図版

最初のスナップだけを見ると、「欧米の人ならチェックコートが似合うかもしれないが、日本人には難しいじゃないのかな?」という声が聞こえてきそうですので、ここで救世主を。ビームスの大番頭の中村達也さんの今年の1月のピッティでのスナップを御覧ください。

コートは英国調のチェック、見事に着こなしてますよね。これで日本人でもチェックコートあり!!だとご納得いただけましたでしょうか。

ただし、ジャケットは英国的なヘリンボーン柄で、ネクタイはストライプの間隔が空いている変則レジメンタルタイというかなり難度の高い組み合わせ。よ〜く見るとシャツは、シャンブレー(またはダンガリー?)生地のタブカラーというカジュアル生地✕フォーマルデザインという超変化球。

このスタイルを完全コピーするのは素人には危険なので、ジャケットをネイビーの無地、シャツをブルーのレギュラーシャツかB.D.シャツ、ネクタイを茶系の無地タイか手持ちのレジメンタイという定番服で同じテイストが再現できます。

写真・図版

ちなみに全身はこの様な感じです。中村さんの足元は、王道の茶のタッセルスリッポン。ジャケットをネイビー無地に変えたい方なら、黒のウィングチップかローファーに変えても良いとおもいます。

写真・図版

とりはこのジェントルマン。かなりお年をめしていらっしゃいますが、このコーディネイトなら若い方にも無理なく似合うはず。というか、若い方のほうが違和感なくコーディネイトできます。

コートの生地は大柄のヘリンボーン。伝統的な黒✕白(グレー)の生地で同じデザインに仕立てたら全く違うビンテージな感じになりますね。生地の色選びで雰囲気はガラッと変わるという良い例です。

写真・図版

足元に、黄色のスニーカーを選ぶことで、全体をクラシックに見せず若々しいポップな感じにまとめています。勿論ここを白スニーカーにしてもOK。そのくらいが日本ではちょうど良いかも……。

写真・図版

次回のイタリアレポートは、スーツを予定しています!! アップをサボらないで早めに書きま〜す。

トレンドスナップのまとめはこちら

プロフィル
大西陽一(おおにし・よういち)
数々の雑誌や広告で活躍するスタイリスト。ピッティやミラノコレクションに通い、日本人でもまねできるリアリティーや、さりげなくセンスが光る着こなしを求めたトレンドウオッチを続ける。

Photograph & Text:Yoichi Onishi

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    世界で恥をかく日本ルールの着こなし

    紳士の雑学

    2019.04.11

  2. 写真・図版

    見えないようで見えている。
    スーツスタイルではベルト選びに手を抜かない

    紳士の雑学

    2019.08.13

  3. 写真・図版

    台北イチ優雅なホテルでは、広東料理が絶対に見逃せない!

    旅と暮らし

    2019.08.16

  4. 写真・図版

    風味豊かな蕎麦とシックな店内
    落ち着いた接待におすすめ[部長の名店]
    手打ち蕎麦 成冨

    旅と暮らし

    2019.08.14

  5. 写真・図版

    北欧の“鉄旅”が楽しすぎる!
    第2回:デンマークからノルウェーへ、24時間の海陸移動に興奮!

    旅と暮らし

    2019.08.14

紳士の雑学

調べ・見立て

迷ったら聞く。
ASM webは
チャットを装備!

気になるアイテムがあれば、すぐにチャットで相談。着こなしに迷ったら、すぐにチャットで相談。
ギフトで購入するものに迷ったらチャットで相談。簡単な会員登録で、店舗のお調べや予約もできます!
※14時~20時の間はチャットコンシェルジュがお待ちしております。

特典

着こなしで困らない!
有人のチャットに相談

どう着る?何を買う?
着こなしコンシェルジュが回答します

特典

買い物で困らない!
取り置き&予約が可能

購入を検討したい店舗への
訪店予約が可能!(一部ブランドのみ)
※取り置き&予約サービス利用には
会員登録が必要となります。

特典

ギフト選びで困らない!
チャットで良品をお見立て

あの人に贈るには、何がいい?
そんなときにはチャットで相談

close