接待と手土産

すべて実食! 自慢の手土産。#8
「京橋千疋屋」の梅干し ふくふく

2018.11.19

写真・図版

多忙なビジネスパーソンに贈る、「医者いらず」のスーパーフード

ついつい手軽な菓子類を選びがちな手土産。贈り贈られることの多いこの時期こそ、視点を変えて意外性のある品物をセレクトしたい。そこで今週のいち押しの手土産は、日本人にはなじみの深い“梅干し”。じつは通の間ではすでに定番の手土産で、お手頃なものから1粒数百円する高級品までラインナップも豊富。なかでも筆者のお薦めは、「京橋千疋屋」の「梅干し ふくふく」だ。

いかにも福を呼びそうなネーミングも喜ばれそうだが、一粒400円以上というこの梅干は、セレブ感も満載。梅の花が描かれた和紙袋にひと粒ずつ梱包して、桐箱に詰められ、それを千疋屋のロゴ入り風呂敷が包むという重装備だ。詰め合わせは、大きな4Lサイズ3粒と、ひと回り小さい3Lサイズ8粒の計11粒から。

京橋千疋屋といえば、東京・京橋に本店を構える創業130余年の老舗果物専門店。厳選した最高品質の果物だけを提供するという経営理念のもと、「千疋屋」というブランドを守りつづけている。その老舗が選んだ梅干しは、果実が大きくて種は小さめ、果皮は薄く、果肉が厚くて柔らかい、まさに梅の王者とも言える和歌山産南高梅。厳選された指定農園で特別に栽培されたもののなかから、さらに大粒で肉厚、傷の少ない梅だけを選別しているのだ。

梅のうまみを引き出すため、ひとつひとつの梅の状態、気温や湿度を見極めながら最適な干し時間を決め、じっくりと熟成させる。塩分は7%と控えめで、梅干し本来のうまみが感じられる薄塩。体に優しいのもポイントだ。

袋を開けるとほんのりと梅の香りがして、それだけで唾液がたまってくる。ひと口食べると上品な甘みと、ほどよい酸味が口いっぱいに広がる。まるで果物のようなジューシーな味わいだ。ご飯のお供はもちろんだが、お茶請けにもピッタリだ。

クエン酸や鉄分を多く含み、疲労回復や老化防止、動脈硬化予防などの効能があるとされる梅干しは、まさに「医者いらず」のスーパーフード。健康志向の相手にはもちろん、年末年始の超多忙なビジネスパーソンにはうってつけの手土産なのだ。

写真・図版

京橋千疋屋 京橋本店
東京都中央区京橋1-1-9
営業時間/9:00~18:00(土・日曜日、祝日は11:00~)
定休日/第2・4日曜日、年末年始
価格/小(4Lサイズ3粒・3Lサイズ8粒)5,400円~ ※価格は税込み
問/03-3281-0300
※店舗はほかに、東京駅一番街店、大丸東京店、小田急百貨店新宿ハルク店、渋谷ヒカリエシンクス店、表参道原宿店、アトレ恵比寿店など。

◎おすすめの手土産を探しているなら……

Photograph:Hiroyuki Matsuzaki(INTO THE LIGHT)
Styling:Keiko Katanozaka
Edit & Text:Mayo Morino

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  2. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  3. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第5回 下北沢 胃袋にズキュン はなれ

    週末の過ごし方

    2022.11.30

  4. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第4回 下北沢 発酵デパートメント

    週末の過ごし方

    2022.11.22

  5. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館1階 メンズアクセサリー
    スタイリスト 星野聖人さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2022.11.25

紳士の雑学