旬のおすすめ

ファッショントレンドスナップ47{番外編}
デザインは、人を癒やしてくれる大切なパートナー
ミラノデザインウィークレポート3

2019.06.18

写真・図版 大西陽一

写真・図版

ミラノの中心地のあちこちでさまざまなデザインのイベントが行われているのは、フオーリサローネ(Fuori Salone)と呼ばれていて、名前が示すように「サローネの外」を表しています。ミラノサローネ国際家具見本市は出展料が高く色々な出展規制があるのを嫌い、ミラノ市内の家具デザイナー・中小家具メーカーの関係者らが、創作したものを展示して見てもらうという発想で、1980年代に生まれたものでした。

私も15年ほど前にミラノ サローネ取材のときにそれらの展示会に足を運びましたが、スペースは狭くネットで調べてもわからないブランドが多く来場者もまばらでした。しかし出店者やデザイナーの熱意は強く感じられました。きっといつかはミラノサローネ国際家具見本市に出展することが、彼らの夢なんだろうな……と思いながら見ていたのを覚えています。 

写真・図版

それがいまのフオーリサローネは、トレンドな話題性とSNSの進歩であっという間に本家のミラノサローネを上回る人気のイベントに変身。期間中には400以上のイベントがあり、世界の著名な企業(今年はソニー、プジョー、ルイ・ヴィトンなど)も、新商品あるいは企業のブランドイメージを高めるための空間演出&イメージ作品の展示をするという状況に。街を歩いていると思わぬ場所に「これは面白い!!」と思う作品を発表しているイタリアの小さな工房に出くわすことも。

ミラノデザインウィークレポートの最終回は、そうした街で偶然見つけたユニークなデザインをまとめてみました。

写真・図版

こちらは、ミラノの郊外にある工房アグネリが発表していたゴルフクラブを載せられる自転車。ラウンドするためのものというよりは、ゴルフショップなどのディスプレー向きといった感じですね。

写真・図版

こちらは、ここのいちばん推しの自転車。古いバイクのパーツを使った電動アシスト機能付き自転車です。ここまでやるんだったらエンジンつけたほうがいいんじゃないかな?と思うのは私だけでしょうか。本体が重いから、バッテリー切れてから自力でこぐのは超大変だと思います……。

写真・図版

この方がオーナー兼デザイナー。はっきり言って、この方のユニークな発想力と、後先を考えずまずは作って見よう!!というイタリア的な行動力に、ただただ脱帽。デザインは楽しい!!と痛感した瞬間でした。

写真・図版

お次は、路上にこんな巨大な動物の足跡が。この先に進むと体育館くらいはあるスペースにライオンの群れが出現!?

写真・図版

フランスの車メーカーのプジョーの展示会場だったのですが、コンセプトデザインのEV車1台と現行車両を数台展示していましたが、見せたかったのはこちら。写真の右奥に男性が立っているのが見えますが、それとこのライオン像を比べてもらえば、このスケール感とプジョーの遊び心がご理解いただけるかと。

写真・図版

こちらも街をぶらぶら歩いていた時に見つけた古い壁画とハンドメイドと思われる門。奥から人が次々に出てくるので恐る恐る入ってみると、古いアパートメントの一部を使いイタリアのデザイン史の中でも異彩を放つデザイン集団「メンフィス」の作品がまとまって展示されていました。

メンフィスは、1981年に第一回の展示会を行い世界のデザイン関係者に襲撃を与えたグループで、エットレ・ソットサスを中心にミケーレ・デ・ルッキ、マルコ・ザニー二、倉俣史朗、磯崎 新などが参加していました。

写真・図版

こちらは、エットレ・ソットサスの代表作「カールトン」。いわゆる本棚ですね。それまでのインテリアデザインは、ほとんどがクライアントからの制約がありその範疇のなかでしかデザインは許されませんでした。それを彼らは自分たちが作りたいものを自由にデザインするという革命的な試みを始めたのです。

写真・図版

イタリアのデザイン界の中でも異彩を放つメンフィスのデザインは、当時は奇抜と感じる人もいましたが、今となっては全く違和感ありません。逆に今見るとモードな感覚さえする!!

写真・図版

このデザインウィーク期間中は、この写真のように通りや建物の敷地内でさまざまな展示がされているので、観光客もミラノの人たちも思い思いにデザインを楽しむことができました。

ミラノのこの雰囲気に浸っていると、デザインは生活に欠かせない栄養素で、まさにビタミンのような存在なんだな……と感じずにはいられませんでした。

次回からは、通常のファッションスナップに戻ります。

トレンドスナップのまとめはこちら

プロフィル
大西陽一(おおにし・よういち)
数々の雑誌や広告で活躍するスタイリスト。ピッティやミラノコレクションに通い、日本人でもまねできるリアリティーや、さりげなくセンスが光る着こなしを求めたトレンドウオッチを続ける。

Photograph & Text:Yoichi Onishi

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    世界で恥をかく日本ルールの着こなし

    紳士の雑学

    2019.04.11

  2. 写真・図版

    見えないようで見えている。
    スーツスタイルではベルト選びに手を抜かない

    紳士の雑学

    2019.08.13

  3. 写真・図版

    台北イチ優雅なホテルでは、広東料理が絶対に見逃せない!

    旅と暮らし

    2019.08.16

  4. 写真・図版

    風味豊かな蕎麦とシックな店内
    落ち着いた接待におすすめ[部長の名店]
    手打ち蕎麦 成冨

    旅と暮らし

    2019.08.14

  5. 写真・図版

    北欧の“鉄旅”が楽しすぎる!
    第2回:デンマークからノルウェーへ、24時間の海陸移動に興奮!

    旅と暮らし

    2019.08.14

紳士の雑学

調べ・見立て

迷ったら聞く。
ASM webは
チャットを装備!

気になるアイテムがあれば、すぐにチャットで相談。着こなしに迷ったら、すぐにチャットで相談。
ギフトで購入するものに迷ったらチャットで相談。簡単な会員登録で、店舗のお調べや予約もできます!
※14時~20時の間はチャットコンシェルジュがお待ちしております。

特典

着こなしで困らない!
有人のチャットに相談

どう着る?何を買う?
着こなしコンシェルジュが回答します

特典

買い物で困らない!
取り置き&予約が可能

購入を検討したい店舗への
訪店予約が可能!(一部ブランドのみ)
※取り置き&予約サービス利用には
会員登録が必要となります。

特典

ギフト選びで困らない!
チャットで良品をお見立て

あの人に贈るには、何がいい?
そんなときにはチャットで相談

close